スタートレックの未来計画は1950年代の米海軍で始まった



exopolitics.orgより

2021年8月23日にマイケル・サラ博士により執筆。
カテゴリー: Exopolitics Podcasts, 特集, 銀河外交, 宇宙計画

Exopolitics Today Podcastでは、密かに1950年代にさかのぼり、最近では2019年のSpace Futures Workshopの勧告で明らかになったスタートレックの未来の歴史、計画、創造を特定しています。多国籍宇宙同盟「アルテミス協定」の創設、銀河連邦による介入、地球・月・火星を巻き込んだ未知の時間戦争など、人類のために展開されるスタートレックの未来に関連する最近の宇宙情勢を紹介しています。

ポッドキャストはYouTubeとRumbleでご覧いただけます。

https://youtu.be/kSghaoF6S8M

2021年9月11日ウェビナー

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_obm4hxnDRkWSKuUU0AnKhQ

ポッドキャストのトランスクリプト

2019年3月、米空軍宇宙司令部は「Space Futures Workshop」を開催し、今後40年間に宇宙で何が起こるのか、8つのシナリオを検討しました。各シナリオは、地球上および宇宙での民間、商業、軍事的な影響の観点から評価されました。

このワークショップには、世界中の複数の国の宇宙プログラム、航空宇宙企業、軍事組織から60人の専門家が参加しました。8つのシナリオのうち、専門家たちは2060年までに人類が達成すべき最適な結果として「スタートレックの未来」を選びました。

米軍とその主要な同盟国が、将来の宇宙活動のために「スタートレックの未来」を積極的に追求しているのは偶然ではありません。ジーン・ローデンベリーが1966年にフィクションとしてスタートレックのテレビシリーズを制作したと思われがちだが、真実はもっと驚くべきものだ。しかし、真実はもっと驚くべきものだった。

ローデンベリーは、未来のアメリカ海軍の宇宙計画について密かに説明を受けていました。それは、彼の架空の惑星連邦と同様に、人類を惑星間の組織に参加させるものでした。今日、私たちはその架空の惑星間組織が実在の銀河連邦をベースにしていることを知っています。

また、1950年から1963年までダグラス・エアクラフト社で働いていたウィリアム・トンプキンスのような内部の人間のおかげで、銀河連邦は海軍が将来恒星間航行が可能な宇宙母艦、駆逐艦、支援艦の艦隊を設計・建造するのを密かに手伝っていたこともわかっている。

現在、海軍の8つの艦隊の宇宙戦隊は、「ソーラーウォーデン」として広く知られており、葉巻型の宇宙母艦が率いている。2002年にはイギリスのコンピューターハッカー、ゲイリー・マッキノンが宇宙母艦の1つを目撃している。

トンプキンス氏によれば、米海軍と銀河連邦の関係は非常に緊密になっており、2030年代にリリース予定の次世代宇宙空母は、地球上のどこでもなく、別の太陽系の惑星の宇宙ドックで建造されているという。

舞台裏では、アメリカ海軍の提督たちが、人類に最適な未来を用意するための長期的な心理作戦の一環として、ハリウッドに「スタートレック・フューチャー」のアイデアを植え付けるという重要な役割を果たしていた。

海軍の心理作戦部門を率いていたレスリー・スティーブンス3世副提督の息子が、ローデンベリーを、ハリウッドを使って未来に対する人々の期待を形成するという海軍の計画に採用したのである。

レスリー・スティーブンス4世は、地球外の宇宙船をリバース・エンジニアリングすることで得られる画期的な技術を数多く公開したテレビシリーズ「アウター・リミッツ」の生みの親であり、ローデンベリーに将来の海軍の宇宙計画と銀河連邦との協力関係について説明した。


https://www.youtube.com/watch?v=L7Cg35uH8fM

2019年3月の「Space Futures Workshop」の発行により、「スタートレックの未来」を作る計画が本格化することになりました。

そのためには、ローデンベリーの「スターフリート」によく似た、宇宙における統一的な政治的軍事司令部の創設が必要となる。未来のスターフリートは、商業および民間の宇宙活動を軍事的に保護することになります。

2019年8月に米国宇宙司令部を再起動し、その4カ月後に新兵科として宇宙軍を創設したことは、この「スタートレックの未来」の創造に向けた重要なステップだった。

また、2020年10月にはアルテミス協定が締結され、米国を中心とした多国籍宇宙同盟の構築が可能になった。アメリカと他の8カ国との間でアルテミス協定が発足して以来、さらに4つの宇宙先進国が署名しました。

これにより、アルテミス協定は、太陽系内の宇宙進出国の行動を規制する国際協定として、最も注目を集めている。

2021年には、イギリス、ドイツ、イタリア、オーストラリアが、それぞれの軍に宇宙司令部を設置することを承認し、いずれもアメリカの宇宙司令部と緊密に連携することを計画していた。

一方、ロシアと中国は、月面の共同研究ステーションを通じて独自の多国籍宇宙同盟を構築しようとしていますが、国際的な支持を得ることはできませんでした。

イスラエルの宇宙開発の父であるハイム・エシェド教授によると、これらの動きはすべて、そのほとんどがドナルド・トランプ大統領政権下で起きたものであり、銀河連邦の指導を受けて起きたものだという。

最後に、2021年7月、銀河連邦(オブ・ワールド)は、地球の主要な宇宙進出国14カ国の代表者と木星付近で一連の会合を開き、太陽系の未来について議論しました。

この会議は、地球、月、火星などの太陽系を支配している負の地球外種族、ダークフリート、ディープステートの軍事的敗北が迫っていたことが背景にあった。そのため、木星会合は、ナチスドイツ崩壊の3カ月前に行われた1945年のヤルタ会談と機能的に似ている。

この木星会合は、宇宙先進国の間でアルテミス合意が広まっていることや、中国とロシアの月面基地構想が国際的な支持を得られずに失敗したことなどと一致している。

ジュピター・ミーティングの結果、スタートレックの未来を作るための包括的な国際的枠組みが存在することになった。

ジュピター・ミーティングについてもっと知りたい方は、exopolitics.orgで無料の記事やインタビューをご覧ください。

もっと詳しく知りたい方は
  1. スタートレックが現実の銀河系問題や複数の地球外種族をベースにした理由とは?
  2. 宇宙での軍事協力の拡大が、現代の宇宙艦隊にどのようにつながるのか?
  3. 銀河連邦と米海軍の秘密宇宙計画との協力関係の歴史は、1950年代にまで遡ることができるのか?
  4. アルテミス協定により、地球が惑星間連合である銀河連邦に加盟する道が開かれたこと。
  5. 地球、月、火星を起点とした銀河専制君主制を作る試みが失敗し、時間戦争でダークフリート、ディープステートとその地球外の同盟国を崩壊させるに至った経緯とは?


これらやその他のエキサイティングな新展開について詳しく知りたい方は、2021年9月11日に開催される全く新しいウェビナー「Our Star Trek Future」にご参加ください。

https://exopolitics.org/plans-for-a-star-trek-future-began-with-us-navy-in-the-1950s/
447 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧