宇宙旅行が宇宙飛行士の免疫力を低下させるメカニズムを解明



Natural Newsより

宇宙旅行は、免疫反応を抑制する細胞の異常な活性化を引き起こし、免疫システムを弱めるという研究結果が、6月7日付の学術誌「Scientific Reports」に掲載されました。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校とスタンフォード大学医学部の研究者らは、ヒトの血液サンプルを擬似的に弱い重力(微小重力)にさらした後、化学物質を用いて血液サンプルの免疫反応をシミュレートし、その結果を発表しました。

その後、化学物質を用いて血液サンプルの免疫反応をシミュレートしたところ、制御性T細胞(トレッグ)があらゆる免疫活動を抑制することがわかりました。
トレッグは、他の免疫細胞を抑制する白血球の一種です。
トレッグは、感染の脅威がなくなったときに活性化し、自己免疫疾患の予防に役立ちます。

今回の研究では、宇宙空間では、感染症にかかっていない健康な状態でもTregsが活性化していることが明らかになりました。
研究者らは、宇宙飛行士の免疫系が弱っている理由の1つは、Tregsの異常な活性化にあると考えています。
NASAのアポロ計画に参加した宇宙飛行士の半数以上が、このような免疫力の低下を経験しています。
彼らは地球に戻ってきて最初の1週間で風邪やその他の感染症にかかりました。
また、一部の宇宙飛行士では、水疱瘡ウイルスなどの休眠状態にあったウイルスが再び活動を開始しました。
関連記事 宇宙のコチコチ。宇宙飛行士は宇宙ステーションでの真菌を心配すべきか?)

研究代表者の一人であるBrice Gaudilliere博士は、微小重力が宇宙飛行士の健康に与える影響は、他の免疫細胞にも悪影響を及ぼすことから、「二重の打撃」と呼んでいます。
Tregsの活性化に加えて、微小重力環境では、感染した細胞を見つけて破壊する役割を担うキラーT細胞の反応も鈍くなることがわかったのです。

これらの結果は、微小重力の影響を軽減する方法を研究者が考え出すのに役立つでしょう。
本研究の共同研究者であるジョーダン・スパッツによると、現在の宇宙飛行士の多くは高齢であるため、効果的な緩和策は今まで以上に重要であるという。

また、宇宙旅行者の健康への関心は、宇宙旅行の増加に伴って高まっていくだろうとも述べています。
"宇宙飛行の商業化に伴い、微小重力を体験する高齢者や健康状態の良くない人が多くなるでしょう」と声明を発表しました。

アマゾンのCEOを退任したジェフ・ベゾスが所有する宇宙企業「ブルーオリジン」は、現在、ニューシェパード宇宙船に乗って宇宙に行くことを競売にかけています。
最高額で落札された方は、ベゾス氏と弟のマーク氏、そして他の3人の乗客とともに、今年の7月20日に宇宙への旅に出ることになります。オークションに参加すると、7月20日にベゾス氏と弟のマーク氏、そして他の3人の乗客と一緒に宇宙へ行き、数分間の微小重力体験をした後、同日中に地球に帰還します。

NASAの「双子の研究」について

NASAは、双子の宇宙飛行士であるスコット・ケリーとマーク・ケリーを対象に、長期間の宇宙飛行が宇宙飛行士の健康に与える影響を調べる研究を行いました。
スコットは2015年3月から2016年3月まで国際宇宙ステーションに滞在し、マークは地球に残りました。

その後、複数の研究チームがマークを対照被験者として、宇宙滞在中のスコットの体の変化を調べました。
その結果、スコットのテロメア(染色体の末端にあるキャップ)が長くなっていることがわかりました。
テロメアはDNAの損傷を防ぐのに重要な役割を果たしており、年齢とともに短くなる傾向があります。

しかし、地球に戻ってきたスコットは、テロメアが短くなり、宇宙に行く前とほぼ同じ長さになっていました。
このようなテロメアの変化の原因は不明ですが、テロメアを伸ばす酵素であり、大人になるとスイッチが切れるテロメラーゼが関与しているのではないかと考えられています。

また、スコットの1年間の宇宙滞在中に、2つのグループの腸内細菌の比率が変化したことも分かりました。
これは食生活の変化によるものだと考えられます。
スコットが地球に戻ってきたとき、彼の腸内細菌の構成も飛行前の状態に戻っていた。

さらに研究者たちは、スコットの遺伝子の発現方法にも変化を見出した。
これらの変化は、ミッションの後半6カ月間で増加し、ミッション開始時に比べて後半では6倍以上の違いが現れた。
関連記事 研究結果 長期間の宇宙旅行は宇宙飛行士のがんのリスクを高める?)

大半の変化は、スコット宇宙飛行士が地球に帰還した直後に元に戻りました。
しかし、免疫反応やDNA修復に関連するものを含むいくつかの変化は、帰還後6カ月経っても残っていました。
これは、スコットの細胞の一部が事件の記憶を保持しており、地球に戻ったことを再調整していることを意味すると考えられています。

宇宙開発の最新情報はSpace.newsをご覧ください。

https://www.naturalnews.com/2021-06-25-how-space-travel-weakens-astronauts-immune-systems.html#
961 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧