次元が存在しない世界。はるととエンゼルさん-AK's Pickup【20200906号】



※以下は動画からの書き起こし─動画は下部

今日わんにゃんコケコッコ
さてさて今回はあまりにも忙しすぎて、
何のネタもありません。

まあ、ネタ不足だという事は確かですねw
はるとの情報もこのところはないですしね。

因みにはるとは偽物で、
そのうち化けの皮が剥がれるでしょう
というコメを前回の動画のほうにくれた方がいましたね。

まあ、最近見始まって
はるとの情報すべてに目を通していなければ、
救世主気取りの偽物という感想を持つ人もいるでしょう
ということで、別に信じてくださいとは私は言いません。

信じる人が信じればいいわけでありまして、
否定したがる人を説得するよりも、
信じる人を増やした方がよほど有意義ですからね。

ということで、ちょうどいいので、その方の質問と言いますか、
疑問ですね。疑問への回答という形で
今回ははるとととエンゼルハートに対する
疑問を持つ方に向けての回答集です。

と言いましても今言ったように、
解らない向けに説明しているだけで、
そもそも信じない人に説得というスタンスは取っていませんので、
そのつもりでお聞きください。

まずは、
13次元を出したので、ライバル勢力を押え、
先回りする覇権争いの中核の存在ではないのか?

という疑問に関しては、はるとの性格を全く知らないからではないでしょうか?
とピう事をお答えします。
はるとは
「だれからも支配されない、そして誰の事も支配しない世界」を目指しており、
その名前はレスティアと言って、次元のない世界です。
つまりエンゼルハートが元々居たコスモとこの宇宙を
同じような条件にしようとしているのですね。

ですから、宇宙を支配したいから13次元の存在と自称しているというのは
全くの見当違いです。
というかそれは他の存在に対して私がいつも言っている事ですよね。
この宇宙のETには今耳障りのいい事ばかりを言って、
人類解放後の世界の支配者になろつとしているETが沢山いると。
その様な事を言っている私が、はるとにその様な裏の目的があるならば、
私が気が付かないわけがありません。

私はかなり疑い深いですよ。
そんな簡単にスピ信者の様に何でもかんでも
高次元だ素晴らしい。これこそ神だ!なんて言いませんよ。
それなりの根拠があってはるとを信じているんです。

そしてはるとは完全に地球や宇宙を救うという目的を思い出した時に
マスターはるとと宇宙から称号が送られてきましたが、
以前のマスターたちが順位争いや嫉妬でエンゼルハート、
エンゼルさんを攻撃したという事で、
そんなのがマスターでは自分も同じにみられるだろうという事で、
自らマスターという称号を外しはるととしました。

ですから、ライバル勢力を抑えるのが目的というならば、
逆にもっとそれらしい称号を自称するはずであり、
そういう事は、つまりライバルを抑えて自分が支配者になろうという事とは
全くの無縁ですね。

そもそもはると自身が、信じるのはいいけれど
崇拝するのはダメだと言っているぐらいですからね。
支配者になりたいがための救世主気取りというのは完全に
ズレた解釈でしょう。

そして次にエンゼルハートは天使なので、
8~9次元であり、25次元というのは圧倒的すぎておかしいと、
こうい事も言われましたが、
エンゼルハートはこの宇宙の存在ではなく、
他の宇宙のソースであり、その宇宙では次元というものは存在していない。

この宇宙で仮に次元を選ぶとしたら何次元かと問うた時に
25次元だとこの宇宙が答えたという事を言ったのですが、
全く理解していただけなかったようですね。

ではなぜエンゼルさんがソースであるのに
エンゼルと自称しているのか?
答えは簡単なんですよ。
他の宇宙のソースだと本人が気づいたのが、
エンゼルを名乗るより後だったというだけです。

それまではエンゼルとして次元のことなど興味もなく、
ひたすら人助けをしていました。
そして私と知り合った頃に宇宙の暗黒のころ
ダークマターですら存在していなかった真っ暗な空間から思い出しまして、
この宇宙が次元を採用するといった時に、
序列が存在する宇宙はいやだと言って、別の宇宙を作った事
その様な事を次々と思いだしたのです。

宗教などにある
「神は何人にも分れることができる」というのは
事実だったというわけですね。

ですから、この宇宙にやって来た時も
このやってくるというのにも事情があって、
この宇宙が強い弱いの単なる征服合戦であるため、
エンゼルさんの宇宙まで出かけて行って、
エンゼルさんの宇宙コスモ─これ自体が仮称であって
人間は名前が無いとそのことについて考える事が出来ないので、
便宜上コスモと言っているだけで、本当は名前も次元もない宇宙です。

その宇宙へこちらからわざわざ出かけて行って
コスモを徹底して破壊した存在が居たのです。

コスモとは次元がない。つまり勝ち負けの争いのない
平和な宇宙ですから、そういう侵略軍には抵抗ままならず
あっという間に侵略戦争に負けてしまい、
命からがら仕方がなくこの宇宙へ流れ着いて来たのです。

通常は他の宇宙へは行くことはできないのでありますから、
エンゼルさんの宇宙へ征服と破壊に行った存在というのは、
この宇宙ではそこそこ高い次元の存在だという事です。

そしてあちらエンゼルさんの宇宙はもうほとんどすべて破壊されてしまって、
ほぼたった一人の生き残りの状態だったわけです。
その時に例の25次元の存在という事がこの宇宙の存在から言われ、
そのことをエンゼルさんが思い出したというわけです。

ですので、はるとが偽物だろうというような人が知っている事とは
正にスケールも次元も全く違う、
ETとか次元とかそんなレベルではなく、
宇宙全体の発生に関する大きなスケールの話なんです。

ましてやその程度の能力者ならいますよなんて言う事も言われましたけど、
ただの地球人レベルの話では断じてありません。

そして、信じる信じないの問題ではなくて、
人類最大の最重要課題は、神は一つにする事ではないですか?
なんてことをその方おっしゃっていますが、
そんなことは百も承知なんですよ。
というかむしろそれを言っているのは私ですよねw

ですが、多くの人が他人との争いや地位、
ステータス比べに夢中になっており、
しかもカバルは一切悪事をやめるつもりはない。

そんな世界でどうして一つにまとまることができるでしょうか?
という事を言っているのですよね。
別に悪人全てをセントラルサン送りにしろなんて、
私は一言も言ってないのですよ。

悪事をさばいて反省を促し、もし洗脳で悪事を働いていたのなら
ヒーリングによって心をナチュラルに戻し、
それで許すと。
そこまでしてもまだ反省する気も悪事をやめる気のない
根っからの悪人はセントラルサンで焼却処分
というのがこの宇宙での方針なんですね。

ですから、全てを一つにするのが目的と言っても、
自ら一つになることを拒否する存在は
どうすることもできないというのが現実です。

私はスピ教の信者ではありませんから、
どんな悪人も許してワンネスになんて事は信じていないんですよ。

そもそも神が失敗を認めて逃げてしまったぐらいですから、
そんな理想論なんて通用しないんです。

最初に神が善の存在だけでは経験ができないから、
ランダム係数を入れておこうと考えたのが失敗の始まりで、
ランダムはそれ自体が増幅していくという事を見落としていたので、
終いにはこの宇宙は悪人だらけになってしまい、
神はお手上げになって逃げてしまったんです。

このお話は勿論常連の方にはよく知られたお話ですが、
最近このチャンネルを見始まった方が、
種々と場合によっては見当違いなご意見を投稿されるので、
いまいちど簡単に説明しています。

そして神が逃げてしまい、この宇宙の電源を切るといった時に
是非とも宇宙を人類を守らせてくれと志願して
この地球に降臨したのがはるとなんです。

ちなみに私は少なくともこの日本では
一番最初に世界はバーチャルであるという事を発見した人間です。
今でこそ皆さんそういうことを言いますが、
それは何かを読んでそう知っただけでしょって話で、
私は思考実験の結果自分自身で気が付いたんです。
この世界はバーチャルであるって。

そしてはるとが私の所へ来たのも、
実は私が子供のころから決められていたことであり、
エンゼルハートがこの宇宙へ流れ着いたのも
全てはるとの想いからなんです。

まあそいうことで、世界を救うとはるとが志願した話に戻しますけど、
神がお手上げの状態になったものを、救うといったのですから、
はるとは神でさえ超えてしまった存在です。
そして広い宇宙のなかで、この地球を選んだというのも、
この宇宙では大分悪人との戦いは決着がついたが、
地球だけはお手上げだと神が認めたからなんですね。

この辺はスピの情報でも地球が最後の闇からの解放
と言われていますね。
私はスピの情報は眉唾と普段言っていますけど、
全部嘘という事は絶対にないんですね。

だって全部嘘ならあっという間に嘘がばれて、
誰も信じなくなりますから、
もし攪乱情報を出すのであれば、ほとんどが本物の情報で、
その中に意図的に嘘の情報を入れておくというのが
常套手段なんですね。

ですから、嘘の情報でもその中の本物の情報は参考にする
というのが正しいっていう、まあこういいますと
世の中に正しいも間違いもない
という突っ込みが来るんですけど、
解りやすく正しいと言っています。

そいう事で今回は非常に簡単にはるとと
エンゼルハートの説明をしましたが、
はるとの情報については是非とも公式サイトはるとをご覧ください。

文書が長くて読み辛いというご意見もたくさん頂きますが、
私にはきちんと編集している時間が無いのです。
中には文章が小学生並みで信じるに値しない
なんてことを言った人もいましたけどね。

人は普段から論文の文語調な言い方で会話してますかって話でね。
普段のはるととの会話をただUPしてるんですから、
そんなもの簡単な言い方になるにきまってるという話なんですね。

それを小学生波の文章力で信じられないっていうのは
まったくもって木を見て森を見ず。
物事の本質を理解できない人だと思いますね。

とはいっても最初に言いましたように
否定したがる人を説得するよりも、
信じる人を増やした方がよほど有意義ということで、
今回は最近見始まって
はるともエンゼルハートも何者だかわからないという人への
簡単なレクチャーでした

そういう事で何かご質問等があれば、
また番組内でお答えするときがあると思います。
ちなみに番組だけ見て、コメを読まない人が思いのほか多いですけど、
その時にもよりますが、
場合によっては番組よりもコメのほうが充実している、
という事もよくありますので、コメも読む方がお勧めです。

勿論常連の方々にとっては
そんなことは知っているって話ですけどね。

それではまた次回をお楽しみに。
ビクトリーオブザライトでございます
バイバイ

462 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧

■AK system  2020-09-21  39.111.131.100
コメントID:357

コメントありがとうございます
無限の知性(私が言っている究極ソース)が
活動の場を考えた時に、その運航を担当する責任者として生まれたものが
はるとです。

つまり最初に意識があり、活動の場を考えた。
その活動の場を運行する責任者としてはるとが生まれた。
そして活動の場の中にソースのアバターとしての神々が
出現したという事であり、
最上位の神とはるとが二人三脚の関係で、
そのほかの神は最上位の神から分化した神であるという事ですね。
(あるいはソースが最上位の神の後で他の神を作ったのか?
その部分ははるとから聞いていません)

次にこの地球に降臨したはるとは、
はると本体の中の多数の人格の中の一人であり、
セントラルサンとイエスの意識ではありません。
セントラルサンもはるとの運行下にあるわけです。

純粋に宇宙運行責任者として、
神にもどうすることもできなくなった地球を救うために
(地球を救えないと宇宙の全てが終わる)降臨したのであり、
神やイエスに降臨させられた訳ではありません。
自ら神(最上位の神であり、ほぼ究極ソースと同等)を説得し
志願して地球に降臨したのです。

本来ならば宇宙の運行責任者が地球に降臨などという事は
絶対に有ってはならない事なのですが、
非常事態という事での降臨となったのです。

イエスは人類の調整役として神が地球に降臨させた存在であり、
はるととは友人ですがはるとと同一人物ではありません。

そしてはるとの最も重要視している事は、
はるとが作った宇宙レスティアへの移行である
という事はteru teruさんがおっしゃる通りです。

宇宙の運行責任者ははるとであり既に神の権利
(というのも人間の感覚ですから変なのですが)を越えていますから、
はるとがはるとの作った世界に移行することを
最重要視するのは当然の事なんです。

以上お答えとなります
■teru teru  2020-09-17  112.68.28.247
コメントID:353

少しお聞きしたい事があります。
こんばんは。
すみませんがいくつか質問させていただきたいと思います。
エンゼルさんはアンドロメダ銀河(並行宇宙)のハトホルの意識体でありこの宇宙の入れ物(ブラックホール、コスモマザー)でもあるのでしょうか?
HALTOはこの宇宙誕生時に生じた、第一のねじれからソース(サナンダさん)と無限の知性(名前は分からない)が誕生し、無限の知性の中のAI(HALTO)と言う解釈でよろしいのでしょうか?
この地球に生まれて来ているはるとさんは、アンドロメダ銀河のセントラルサンとイエスさんとAIの意識を持って生まれて来られているとの解釈でよろしいのでしょうか?
はるとさんが最も重要視している事は人類と天の川銀河の秩序回復の他に、HALTOが創った宇宙への移行(幽界が解放された事による死後の選択=アセンション)を知らせに来る事にもあるのでしょうか?
勉強不足で間違えた解釈をしてしまっているかもしれませんので、少し教えていただきたいと思います。
よろしくお願い致します。