アメリカインディアンの長老がインディアンに伝わるETの知識を全公開!!【コズミックディスクロージャ:Season 8, Episode 9】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ソーラー・フラッシュは「黙示録」11章11節なのか!?【コズミックディスクロージャ】



原文:Cosmic Disclosure
Viewer Questions 11
Preparing for Ascension
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemも記載なしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします


Season8,Episode8


David Wilcock:
オーライ!
「コズミック・ディスクr-ジャ」へようこそ。
番組ホストデビット・ウィルコックです。

そして今回のエピソードは
皆さんから頂いている質問を
読み上げ、コーリーに答えてもらいます。

コーリー、番組へお帰りなさい。

Corey Goode: 有難う。

David:
ではちょっと走り始めましょう。
まず最初の質問です。

「コーリー、アセンションについて
あなた個人の感想は?」

私たちはこれについて話しました。
あなたが話したことのいくつかは、
私のアイデアや理論とは
かなり異なっています。

Corey: はい。
うん、それは良い質問です。
それは私に説明されている事で、
起こるのは、エネルギーシフトが起こり、
我々はこれらの宇宙エネルギーが
私たちの意識と十分に相互作用
するとに直面していると意識しています。

それは意識の中で
大きな飛躍となることでしょう。
私たちがすべてを認識方法は
変化するでしょう。



さて、その結果として、
私たちは共同創造意識について
もっと学び始めます。

私たちは物質を操作する方法を
学びます。方法を学ぶ…
私たちはお互いの心を読んで、
そういう意味でコミュニケーションする
能力を身につけていきます。

だから、多くの素晴らしい変化が
起こりますが、多くの異なる
宗教的信念の中にいる人の目は
それほど輝いていません。

David:
さて、ソーラーフラッシュについても
話していますが、その話題も行きますか?

Corey: 行きましょう。

David:
それではどのように考えていますか?

Corey:
私の見るところでは…
それはソーラーフラッシュではありません。
それらはソーラフラッシュ「ズ」です。
それは単なる光ではなく、
突然ブームがあり、
沢山のソーラーフラッシュが始まります。

ソーラーイベントでは全周に渡り
大量のコロナが放出されるので、
うんざり、うんざり、うんざりの出来事が
起こるでしょう。

David: はい。

Corey:
さて、もし彼らが正しいとすれば、
そういう事が起こります。
そして、地球上では、このエネルギーで
非常に迅速に打撃を受けるでしょう。

ティア・エールの人々がブルー・スフィア
(の技術)で緩衝している、
この宇宙のエネルギーに
私たちはすでに浸っています。

だからこれらの存在が私に語ったことは、
この活発なフラッシュがより多くのものに
なるということです…
それは他の何よりも
意識に影響を与えるでしょう。

物理的なことが起こるでしょう。
実際にそれは、ミカの人々も同様に
通過したものです。

私たちの地球は第4の密度への
最終的な移行を経ており、
いま起こっている、痛みや事件が
襲ってきています。

そして、それは何が起こっているかを
私たちが知るために、期待して
見なければならないものです。

今や、活発な変化とフラッシュが
意識に影響を及ぼし、
意識の大幅な向上をもたらし、
それがミカの人々のように、
意識のルネサンスを迎えることに
つながります。

彼らすべてがこの惑星の周りを
飛んでいるの虹の人々ではありません。
(訳注:この場合のレインボーはおそらく
理想を求める人々の意味)
そして、彼らがイベント後いる場所に
着くためには、時間がかかりました。

David:はい。
あなたは、地表にいくつか非常に大きな
地震が起こるのを見ています。
何人かの内部地球の人々が示唆した、
すべての電磁気装置の故障も
あるでしょうか?

Corey:
それは間違いなく、ソーラーイベント中に
起こるでしょう。
それは完全に期待されています。

David:
では、それらを天候に耐えられるように
する必要があります。
電気の喪失になります。

Corey:
そう、そう、そう、そう。
やらなければいけないのは…
うん、それは間違いなく起こります。

彼らは、基本的には、
依然として大きな問題である
AIの影響を無くすことを期待しています。
私たちの最大の問題の1つです。

David: はい。

Corey:
エレクトロニクスに泳ぐ魚の「水」を
根絶しようとしています。

だから私たちは多くのテクノロジーを
置き換える必要があります。
これは新しいテクノロジーを導入する
良い時期です。

この意識の変化を経験するときに、
このテクノロジーによってすべてが突然、
やる気満々で成長し始めるでしょう。

David:
あなたは、これらのフラッシュが、
ETが私たちを助け、出現するのを
より自由にすること、(ETを)
認めることが起こると思いますか?

Corey:
そう信じています。
私はこの出来事の後に、
2つの存在が起こると言われています。
スフィアビーイング・アライアンスと
この連合の一部で…

David:
2つが始まる、または2グループですね?

Corey:
2つの異なるタイプが始まります。

David: OK。

Corey:
彼らは立場が変わり、基本的に
この新しいサイクルの
後見人のようになります。

David:
私たちの電磁機器を失っても、
必ずしもすべての人が餓死や、
暴動などで
死んでしまうわけではありません。

Corey:
ないですね。多くの技術があります…
私たちがその移行を乗り切るのを、
助けてくれる多くのETグループが
確かにあります。

すでに今ここに彼らはいます。

カーリーの人々の中には、
アンシャールに関連する
いくつかの他のグループと同様に、
私たちを支援するために
自分は二の次の人もいます。

David:
さて、すでに私たちは手を染めているので、
これについても話しましょう。

彼らがこれ(ソーラーフラッシュ)を
乗り切るのを援助するために、
時々インナーアースに人々を動かすと、
アンシャールは過去にあなたに話しました。

Corey:
過去には、彼らはそうしました、はい。

David:
地球の特定の地域では、
地球外援助の一部が人を代替住宅に
連れて行くほど破壊的なものになると
考えていますか?

地表が一時的に壊滅的だった場合、
母船や地下など 何らかの方法で?

Corey:
私が話した内容では、
それは信じられないほどには
壊滅的なことではありません。

David: フム。

Corey:
そうではなく…
奇妙なことが起こると思っています。

流星が大気に入り太平洋に落下すると、
そこで起こる衝撃波で、
本当に大きな津波となり、その嵐は
信じられないくらいの強さになります。

そして、私は地球が宇宙で回転し、
回転しながら宇宙エネルギーに
浸っているのを見ました。
そして回転でより多くのエネルギーを
蓄積していたダイナモのようでした。

そしてそれは、より強力な嵐や
火山活動を呼び起こします。

David:
多くのチャネラーの人々は、
何とか黙示録から3日間の暗闇を
組み込むことを常に試みています。

あなたはその予言が何であるかについて
何か感覚を持っていますか?
そのままですか?そとも比喩ですか?

Corey:
うん。そのまま。
太陽が全周の大量コロナ放出をすると、
太陽はSOHO(太陽観測衛星)画像
で見る、太陽黒点のように見えます。
それは巨大なダークボールのように
見えるでしょう…



David: 本当に?

Corey:
…それが反転されるまでちょうど数日間…
私はそれが極性であるかどうか
分からないが、バランスが戻って、
それから、再び光り始めます。
それが記述されていた事です。

David:
とても興味深い。とても興味深い。
まあ、私は別の質問もします。
私は一日中これについて語れます。
これは私の中心的なテーマです。

OK。ナンバー2:

「コーリー、アセンドしない人は
どうなるの?」

Corey: ワォ!
それは非常に複雑な答えです。
タイムラインが分岐しているように見えます。
それらの個体は別の惑星、
再び3回目の密度サイクルに戻り、
3番目の密度の惑星に運ばれます。

私たちの惑星は4番目の密度の
惑星に移行しているからです。

さて、私は、何が起こるかについて、
多くの人々が仮定しようとしていると
聞いてきました…2つの異なる地球が
存在するでしょうか?

私は本当にその答えを知らないのです。

David:
閃光が起こり、何人かの人々が
別の惑星に移動する時、
ETが公然と現れ始めるのは
間近だろうと思いますか?

Corey:
彼らが人々を移動しようとすれば、
彼らがそのエネルギーにさらされることを
望んでいない限り、
直前にそれをする必要があるでしょう。

私たちが知らないことがたくさんあります。

David:
「黙示録」の11章11節を見ると、
「多くの人に捨てられた正義の人々は
天に生まれます。そして同じ時間に
地震が地球を揺らしました。」

したがって、黙示録の預言は
その時起こる事を示唆しているようです
…これは、もちろん、「歓喜」が
どこから来るのかによります…

Corey: はい。

David:
…より破壊的な大災害が物理的な
地球表面で起こる前に、善意者や
第4密度のアンシャールの群衆のような
人々に、安全のための何らかの
移動があることを示唆しているようです。

あなたの考えはどうですか?

Corey:
これらすべての地球の変化の前に
「正義の」人々全員が携挙されること
について私は何も聞いていません。

私の話しでは、正義の人々全員が
この太陽光とエネルギー、
完全なエネルギーの流入を経験
するためにここにいる必要があります。

なぜなら、それがこのアセンションや
意識のルネサンスを起こすからです。

David:
オォウ。これはとても個人的です。
あなたはまだ何がおこるかを知らない。

Corey: 知らない。

David:
「デビットは、将来、球体を見るために
あなたと一緒に行くことができますか?
そうでない場合は、なぜですか?」
ワオゥ!

Corey:
ご存知でしょ。私は知らない。

David:
あなたと私でこれについては、
たくさん話しました。

Corey: うん。私たち。

David:
そして、私はこれに関わっているので、
私は質問しているだけではありません。
私が話したことのいくつかをお話します。

Corey: はい。

David:
私は、これらの存在によれば、
私は謙虚さを増す必要があり、
もっと瞑想的な練習を
増やす必要があると。

私は十分に謙虚ではないという、
問題を抱えていると言われました…

Corey:
それが主要なことでした。

David:
そして、ストレスを解消し、
バランスがとれるように、
私の人生をより区分するように。

Corey: うん、そう。
ジェラルド・オドネルの遠隔視聴コースで
教えられました…

David: はい。

Corey:
…彼らはそれがあなたが必要とする
バイブレーションにもっと慣れるのに
役立つと言いました。
あなたが言及したすべての事柄は
あなたをバイブレーション的な
調整に導きます。

David: はい。
だから私は、この質問に当然の
結果であると思うのは、
あなたの最新のアップデートの
1つにあったもので、
カーリーが作った言葉です。

Corey:
さて、そこへハングします。
カリーといえば…
今、多くの人が驚いています。
どうしてETが私を訪ねないのですか?
彼らはいろいろな人を訪ねています。
どうして私じゃない?

そして、彼女は私に、
(ETが)ある人に近づくことは、
あなたには近づいていない、
デイビッド・ウィルコックの自我やあなた
と自分自身を同じように見ていることを
話しました。

David: はい。

Corey:
彼らはまず、ハイヤーセルフレベルで
あなたに近づきます。
あなたのハイヤーセルフは、
どのようなタイプの連絡先を
許可するのですか?



あなたのより高いソースはそれを認可し、
あなたのハイヤーセルフを通して、
ハイヤーセルフ経由でビジョンを
ダウンロードします。

そしてそれはETから直接来ていると
思います。
しかし、彼らはする必要があります…
宇宙の法律上の理由と
自分の宗教上の理由から、
彼らはそのレベルで
あなたに近づく必要があります。

悪意のあるETと人間は、
それほど心配する必要はありません。

だから私は非常に興味深い。
なぜあなたが、
「夢の中でこれらの人々と
連絡を取る」
と言ったのだろうと考えていたので、
私は何も聞いていませんでした。

そして、彼女は私たちのプロセスが
実現するように、プロセスに少し
関与していることを知らせてくれました。

David:
要するに、カーリーは、あなたが
受け取っているものに似ている
他の人との接触があると
あなたに言った。
だから私だけではない。

Corey: はい。

David:
それは観客についてもです。

Corey: うん、そう。
それは私や、あなたのことではありません。

David: うん。

Corey:
はい。多くの人がこの種の接触を
するとは思いますが…

David:
シーケンスとは何ですか?
彼女は何を期待していたのですか?

Corey:
彼女が説明したところでは、
彼らは最初に人々に近づく─
これは私がハイヤーセルフを知る前です─

David: OK。

Corey:
─彼らは夢を通じて人々に近づき、
ダウンロードをも提供します。

そして、日食中、瞑想をしていた人々…
私はこれらの人々がそのアイデアや
ダウンロード、情報をすべて
入手したという非常にに大きな
レポートを持っています。
なのでそれは起こりました。

David: はい。

Corey:
私はまだ、
本当に興味深い夢が始まる、
と聞けることを待っています。

そして、それは、夢の接触、
より現実的な夢の接触から、
小グループでの実際の物理的な
対面の接触に移行するでしょう。

テレビではないでしょう。

あなたは、これらの存在や
何かの始まりを表すiPhoneビデオを
持つ人々を見るかもしれません。

しかし、彼らは一度に1,2あるいは3人
現れます。
スタジアムには登場しません。

David:
そして、私たちはこれをもう一度
繰り返すことができます。

もし誰かが自分自身を救世主、
特別な人、あるいは啓発者と
考える傾向があったなら、
これが起こった後では、
良いことではありませんね?

Corey:
そう。彼らはその様な人々との接触を
試みようともしません。

50年代から、非地上人(ET)グループは
コンタクティーに接触をはじめました。
人々はキリストとの複合体を考えました。

そして、私たちのなかでそのような
プログラム(救世主の再臨)を
発表しないような謙虚な人でさえ、
困難なことでした。
(訳注:コンタクトして来る存在を、
神としてあがめてしまうため)

だから彼らはそれからかなり
撤退しなければなりませんでした。

だからこそそれが、彼らが人々の前に
現れない理由の一つです。

David:
だから、もし私に与えられたアドバイスが
何らかの形でもっと多くの人に
普遍化できるのであれば、
私は謙虚にかなりうまくやっていると
思っていました。

私は巨大な自我を投影している
ような気がしません。

普通の人は、この「謙虚さの質」を
どのように発展させる必要がありますか?
それは何が関係するでしょうか?

Corey:
まあ、平均的な人はあまりにも多くの
プログラミング、彼らがフォーカスしない
多くの人格的な歪みを持っています。

私たちみんなはブルーエイビアンズの
メッセージに戻るべきです。
私たちが外向きではなく
内向きに集中するべきだと…
我々は(天を)見上げている。
「見せて。見せてください」
しかし、私たちは内側を見るべきです。

内側はすべての答えが出てくるところです
─あなたとハイヤーセルフのつながりを
発展させ、静かな心を発達させ、
これらの瞑想的なプラクティス。
これらはすべて、あなたのアライメントを
整えてくれます。

あなたが外側、自我にフォーカスすると、
あなたのバイブレーションはまったく異なり、
あなたの見通しは全く変わります。

David:
謙虚さについては、
「謙虚さに欠けている」と言われています。
「自分自身を他の人とは別のもの
として見いて、創造主とも
離れています」と。

Corey:
うん。それは自我です。
それは自我が入り込んで、あなたが
他の人とどのように区別されるかです。

David:
はい。それで、あなたが大いなるワンと
一緒にいることを実感することは、
はるかに大きな謙虚さです。

Corey: はい。

David:
そして、彼らはあなたが意識的に
自分をすべての人のしもべとして
認識することを意味します。



Corey:
そうです…ほとんどの人…
私はあなたにエゴを言いましたが、
─あなたはLAに住んでいます。─
あなたはこう見られています
「ああ、頭でっかちの、
主張が歩き回って歩いています。」

しかし、あなたは自我が
何であるかを説明しました。
それは私たちが自分自身を
見る方法です。

それは私たちが他の人たちと
どのように差別化するかです。

私たちは誰なのか、
人生はその自我と肉体に包まれて、
実際に彼らは話します。

David:
魂よりもあなたの体を識別する様に
並べ替えていると言えます。

Corey: そうです、そうです。

David: OK。
次の質問です:

何人いるの?…
─あなたがこれに答えることが
できるかどうかはわかりません。
私たちはそれを試してみます─

「ブルーエイビアンズの認定の連絡を
受けている人は何人いますか?」

Corey: フム。
たくさん。その数は成長し、
増え続けています。

なんらかの理由で、
ブルー・エイビアンズと接触し、
ブルー・エイビアンの連絡先を持つ
人々の多くは、メールで私にそれを
書いてきました。

彼らは非常に正当な連絡先です。
しかし、彼らはそれについては
話したくありません。彼らはしない…
あるいは、彼らは今のところ
それを黙っているように言われました。

だから私はブルー・エイビアンと会う
唯一の人ではありません。

彼らは主に人々との夢の中で会い、
少し異なって見えることがあります。
彼らは自分を人々に
少し違って見せます。

David: はい。

Corey:
そして時には人々の精神は
それを別々に解釈するでしょう。

彼らは夢から戻って
「まあ、私は白い鳥がいるのを見ました。
そして、この人は、青い鳥類がする事を
全てします。」

だから、彼らが正しく
与えられているものを解釈することが
できないかどうか、
またはブルーアビアンが異なった人々に
異なって現れるかもしれないかどうか
私は知らないのです。

David:
だから定量化するには、
どれくらいの人が、
あなたはなんと言うでしょうか?

Corey: わかりません。

David:
おそらく数百?多分何千も?

Corey:
コンタクトは何千もあると確信しています。

David: うん。OK。
次の質問です:

「カーリーは彼女がここで
よく知られていることを知っていますか?
もしそうなら、あなたは私たちとの
出会いを分かち合うのが楽しいですか?」

Corey: うん。
彼女は非常に認識しています。
アンシャールは非常に解っています。

発生している事の一つは、
彼女の存在とアンシャールの存在を
報告して以来、
地球の表面から多くの多くの人々が
アンシャールに精神的に手を差し
伸べているということです。
そして、彼らはあまり慣れていなのです。

彼ら(アンシャール)は表面の人々に
到達することに慣れています。

David: はい。

Corey:
そして、私が説明したように、
過去には何度も彼らは欺瞞を使って、
本当に彼らが地下から来たときに、
「星から来ています」と言いました。

それは単に運用上の
セキュリティ問題でした。

彼らはどれくらい私たちが
焦点を当てているかを
よく知っています。

彼らは、ブルー・アビアンズのように、
私たちが内向きに集中することを
願っています。
しかし、彼女は私にはシェアされて
いないことを教えてくれる。

David:
だからあなたは、
「私に話すことは、私が彼女(カーリー)
のメッセンジャーになっていることを
彼女は知っている」と言うでしょう。

そして、彼女は彼女の言っていることを
知っている人々を知りたい。

Corey: はい。
アンシャールは今非常に懸念しています。
それらとのマンデラ効果に非常に似た
一時的な異常が発生しています。

再度言います、彼らは正しくない
ことを示してきました…
彼らは今、正しいタイムラインから
降りてきており、
彼らはそれについて心配しています。

そして、彼らは最近私の更新情報で
報告した様な、かなり強力な
対策を取ってきました。

David: OK。
次の質問です:

「あなたの説明の中で、カーリーが
『アンシャールは私たちの歴史の中で
神として偽装している』と言いました。
彼女は、神としての現れたのが、
どの地域や時間枠で起こったのか、
これを暗示したことはありますか?」

Corey:
私は彼女と精神融合したとき、
私は…
彼女は唯一融合した人ですが、ハァ
─彼女は130歳です。
だから、その期間に、彼女は
古代には現れてはいないでしょう。

それは、私と共有していませんが、
その「神」は彼女らの内のグループか
あるは別の地上人以外のグループ
なのか判りません。

そして私は、彼女と一緒に
(精神癒合で)暮らしていたように、
彼女の訪問を見ました、
それは、40年代、50年代の人物、
イングランドのように見えました。
それはヨーロッパ人に見えました。
イギリスと米国だと思います。

そこで、彼らは軍の当局者と
会っていたときに、
ある種の星系から来たものとして
自分自身を提示していました。

David: OK。
では次の質問です…
私はあなたがこれをクリアすることが
できると思いますが、
それは興味深いものであり、
あなたの発言によって、
クリアされるのを助けるでしょう。

「2000万年前にアンシャール人が
この惑星に上陸したとき、
彼らは3次元または4次元の存在と
考えられますか?」

Corey:
ええ、それは約1,700万年前でした。
はい、彼らは私たちの未来から来た
第4の密度の存在でした。

彼らが過去に旅をしたとき、
彼らは密度のスケールでは
降格されませんでした。

約1,700万年間、私たちは
第四密度の人間を抱えていました。
私たちは新しく反復している人間を
地下の「人間」と呼んでいます。

David:
その時点で、ミカの人々は現代より
進んでいたと言えますか?

Corey: オォウ!絶対に!

David: OK。

Corey: うん。
時間的な異常に気づき始めた後、
タイムラインを保存しようと、
第四密度になった後で時間を遡って、
未来にまで影響は及んでいました。

David:
このタイムトラベルは技術的なプロセス
であったかどうか知っていますか?
それとも意識とポータルの知識で
実際に達成できるものなのでしょうか?

Corey:
彼らの技術とは…
彼らがしているのは意識を拡大する
ことだけです。彼らのクラフトや、すべて…
彼らは意識にデバイスを接続して
電源を供給しています。

David: フム。

Corey:
もし私たちに、彼らの船を一隻
与えられたなら、それはまるで
貝のようなものになるでしょう…
私たちはそれを完全に理解できません。
なぜなら、パイロットの重要な要素が
欠けているからです。

パイロットは電源システムであり、
フライトコントロールです。
そのすべては意識によって行われます。
だから彼らは結晶をたくさん使うのです。

彼らは私たちをはるかに超えており、
理解しようとしています…
我々は、ナットで物事を理解し、
技術的な方法をボルトします。
(訳注:ナットとボルトとは平凡な
という意味)
彼らはそれをはるかに超えており、
私たちはそれを本当に理解することすら
できません。

我々はそれをちょっとだけ
理解することができます。

David:
私はカーリーのような人々が
テレキネシスをすることが
できると思います。
心を使って物事を動かす人は
誰か見たことがありますか?

Corey: ノーノー。
テレキネシスはありませんが、
彼らは間違いなく非常に強力な方法で
人と話すことができます。

しかし、私は彼らがテレキネシスを
使用しているのを見た事がありません。

さて、私は、地面の上に浮かぶ箱、
狭い箱などを使って船に乗っている
他の存在を見てきました。
しかし、彼らはテレキネシスを
使用していません。

彼らは私たちには
魔法のテレキネシスのように見える、
意識の技術を使用しています。

David:
あなたは知っていますか?…
私たちとテレパシーでつながる
ポッドのような椅子に座っている
アンシャールは、
椅子が自動で浮いているのですか、
あるいは人々が椅子を浮かせて
いるのですか?



Corey:
そう、椅子…空の椅子も浮上します。

David: オォウ!

Corey:
さて、アンシャールが街にいた場合、
その場所の多くは、
そこにいる一人一人と同じように、
この技術すべてに一定の電圧と意識を
無線で寄与していたようでした。

私は完全に理解する能力がありません。
そして、今ここでこの惑星一番の
輝かしい人々(スキルの事)をここに
連れて来ても、
彼らはそれをフォローできません。

私たちの心ではこれらの概念を
包み込むことはできません。

David:
「あなたがスマートパッドから
聞いたり学んだことに基づいて、
古代の神の識別や意図について
何かを知っていますか?」

Corey:
私たちが見ている神々の物語の中で
意図を伝えることができると思います。
それらの多くは真実に基づいています。

それらの神々は、多くの時間、
それは本当に私たち自身の個人的な
信念システムに降ろされています。

多くの人々、アヌンナキやレプタリアン
- そして唯一の!

そして、ええ、彼らは存在しましたが、
人間と交流していた他のグループも
みな、人々はその名前を受けました。

David:
カバルの人々は、ある程度、
あたかも彼らが一種の
卑劣な神であるかのように感じており、
惑星の神権を回復したいと
言っていますか?

Corey: はい。
それはまさに彼らが信じていることです。
彼らは自分たちの系統がこの惑星から
来ていると信じています。
彼らの系統は、彼らが管理するために
ここの遺伝資源や家畜を作りました。
そして彼らは権利があると感じています。

David: オーライ。
では、質問にお答えいただき
ありがとうございました。

私たちはもっとこの問題を
掘り下げていきます。

ご視聴ありがとうございました。
「コズミック・ディスクロージャ」
番組ホストはデビット・ウィルコック、
質問にお答えしましたのは
コーリー・グッドでお送りしました。

この記事はページ上部に記載のサイトに掲載されている「コズミックディスクロージャ」を転載したものです。
翻訳:AK system



2017-10-27 / 1381PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト