既に人類のコロニーは100万人規模!!【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 4】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


既に人類のコロニーは100万人規模!!【コズミック・ディスクロージャSeason 1, Episode 4】



原文:Cosmic Disclosure:
LIFE ON THE RESEARCH VESSEL
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemnの記載もなしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします。


Season1,Episode4


DW :
オーライ、番組へようこそ。
当番組ホストはデイヴィッド・ウィルコックです。
私たちはここに、内部情報提供者として
お話してくれる本当に素晴らしい人物
コーリー・グッドとともに居ます。

秘密宇宙計画と呼ばれる
目覚しく新しい世界について教えてください。

コーリー、このプログラムの内容は、
一部の人々が受け入れるのは
難しいかもしれません。

我々は1969年に月に行きました。
何人かの人は、月に行ったと言います。

確かに私たちは、少なくとも月では
本当に行っているように見えます。
彼らはその旗をそこに置いた。

彼らはいくつかのミッションを実行し、
ああ、それで完了です。
私たちは見たいものを見ました。

だから、まったく地球外に住む人々を
考えようとしても、ほとんどの人は
想像してもそれほど大して居ない
と思うでしょう。

私たちが扱っている本当の範囲は
何でしょうか?
真実に触れたら、私たちは何を学ぶでしょう?

CG:
まあ、圧倒されるでしょう。

小惑星帯の鉱山活動から、
衛星や惑星の原材料を調達して、
工業団地で働く人間の技術と
植民地で生産する産業団地に至るまで、
太陽系全体に広大な
インフラストラクチャーがあることを学びます。

太陽系全体に広がるこの大規模な
産業プラントを支えています。

DW:
私たちはガス惑星の中にベース基地を
構築できますか?
それはあまりにも暑いし、
気圧があまりにも高いのでは?

CG:
ええ、あまりにも大きな圧力です。

DW:
だから、もし私たちがこれらのコロニーを
探すのなら、どこを探してますか?

CG:
植民地とは、基本的に私たちが
家族や人と住む地域です。

DW: OK。

CG:
また、すべての施設があります。
彼らが採掘した中空の小惑星の中には、
内部型式の施設があります。
火星表面の下、そして巨大ガス惑星の月、
さらには私たち自身の月にもです。
火星を越えて広がる施設があります。

DW:
我々の太陽系の中で
何種類の施設やその他の場所が
建設されているか
解るでしょうか?

CG:
私たちの太陽系には、
わずか18〜40人だけの火星の
小さなセキュリティ前哨基地から、
太陽系全体のさまざまな
ラグランジュポイントに浮かぶ
(重力的な安定点)
施設まですべあります。

DW:
ラグランジュポイントとは何ですか?

CG:
それらは重力の影響が釣り合う
惑星や惑星間の領域であり、
すべての領域から一種の
静止同期点や静止点をとることが
できる場所です。

私は固有番号をもっていませんが、
そこに何百もの施設があります。

DW:
スタッフが任期する
規模が大きな施設では、
乗組員の人数はどの位ですか?

CG:
さて、私たちは
コロニーについて話します。
100万人以上の人々がいる
より大きなものがあります。

DW: 本当に?

CG: うん。

DW:
そんな人口の規模の物は
いくつあると思いますか?

CG:
私にはその人口ものが、
たくさんあるとは思えませんが、
数十万規模のものはかなりあります。

DW:
太陽から遠く離れていくにつれて、
寒くて難しくなります。

CG:
そこには高度な技術があります。

DW: OK。

CG:
どこにいても快適な生活条件を
作り出すことができます。
そして、地球上で起こる
シューマン共鳴さえも。

地球は植物や人間を健康に保つ
特定の振動的な共鳴を消し、
シューマン共鳴は人々を
健康に保つために宇宙船や施設、
植民地に送られます。

そして、気圧、重力が制御されます。

DW:
私はちょうど重力について
尋ねるつもりでした。
明らかに、地球は一定の質量を持ち、
重力加速度は1秒あたり10メートルで、
地球質量に比例します。

NASAが言うことは─
月ではあなたは弾みます。
それはNASAの活動によって
信じられています

だから、もしそれが小さければ、
どのように重力を補うのでしょうか?

CG:
まあ、床に重なった金属があります。
そこに電気をかけて重力場を作り、
人工的な重力を作り出すのは、
船にある重力プレートと同じです。

DW:
プレートのサイズは?異なりますか?

CG:
異なるサイズの廊下があるので
プレートのサイズは異なります。
しかし、一緒に組み合わされ、
子供たちのビルディングブロックの
おもちゃのように、
厚さ(2-3インチ)のプレートが
組み合わされます。

DW:
では、主なテーマについて
もう少し詳しく聞かせでください。

あなたは、建てられる施設のうち
カテゴリーの1つは、人が住む
場所であると言いました。

二段ベッドのあるような実利的な
厳格に即物的な部屋ですか?
それともそれらは素晴らしく大きな
アトリウムに滝がありますか?
講堂のような大きな会議場を
持っていますか?

CG:
私が研究船に乗っていたときは
いつも、私たちは通常、
そこを訪れることはありませんでした。

これらはICC(惑星間企業集団)が
所有していました。
それらは企業所有の
植民地でした。

彼らが損傷を受けた機械や
技術の重要な部分を修理するために
自国の人の誰かにアクセスしない場合、
その専門知識を持つ研究船には
通常専門家がいました。

そして、その特別な時に、
私たちは施設や植民地の人々と
話をしたり交流したりしないよう
厳しい命令を受けて
植民地に行くことができました。

我々は武装していました。
我々はツアーではありません。
食事を提供されたりしません。

私たちは保守を行う場所まで
まっすぐ護衛された後、
私たちの船に直っ直ぐ帰り、
出発しました。

DW:
この仕事をしている間にいつでも
地球に来ることができますか?

CG: No.
あなたが「20 and away」しているとき、
あなたは地球と、地球のニュース、
地球関連のものから
完全に切り離されました。

テレビで何のニュースも得られず、
地球上で起こっていたことに関する
情報は得られませんでした。

DW:
読むための本や雑誌を
持ってきてもらえましたか?

CG: No.
私たちは家族の写真や
そのようなものは
持っていませんでした。

持っていたのは、報告したときに
与えられたものだけです。

DW:
あなたはスマートガラスパッドについて
前に話しました。
この研究船に乗っていたときに
アクセスできましたか?

CG:
勤務していた時は、はい。

DW: OK。
彼らはあなたがしたことを
知っていましたか?
あなたが何かを見ようとしたものの
監視記録はありましたか?

私は確信していました。
研究船は、軍事船よりも
はるかに遅れていました。

彼らは常に科学者を
「インテリ」と呼びます。
彼らは完璧だった。

私はスマートガラスパッドを見て
多くの時間を費やす必要があります。
私には多くの休憩時間がありました。
誰もが冗長訓練を受けました。

ただ一つの仕事ではありません。
私はコミュニケーションやその他
いくつかのことを訓練しました。

それでも、多くの時間、私は
ラボの一つにいて、他の仕事が
終わったときには、ガラスパッドを見て、
時間を過ごすだけでした。

DW:
では、短いレクリエーションについて
話しましょう。

人々は、彼らがハングアウトし、
お互いに話しをするか、
ガラスパッドで盛り上がったり、
一人でいても、もっと面白いものを
読もうとします。

CG:
仕事をしているときは、主に
ガラスパッドにアクセスするだけです。

DW: オォウ。勤務していた時。

CG: はい。
あなたが時間を過ごしていたとき、
またはあなたが厨房にいたとき、
あるいは何か他の人と
コミュニケーションをとり、
何が起こっているのかを聞くとき。

DW:
親しい友人など特定の人が
いましたか?

CG:
私は彼らと一緒に
多くの時間を過ごしたので、
私は主に「インテリ」や科学者と
密接に関係していました。

そして、私は通常、18〜24人が
割り当てられた1つの寝室に
入っていました。

そして私はいくつかの人々を
知るようになりますが、人々は
たくさんの人でローテーションします。

DW:
彼らはいろいろ転身しましたか?

CG: ウーフム(yes)

DW:
あなたはこれらの人々と
話し合うべきものは何でしたか?
私は、ショーを見ている
私たちのほとんどが、その世界に
住んでいることを想像するのは
難しいです。

しばらくすると普通になりますか?
しばらくして退屈になるの?

CG: うん。
とてもつまらなかった。
私たちは仕事について話します。

私たちは時には地球上で
何が起こっているのかを話し、
ある種のことを学ぶために
他の人が勉強していたことを
憶測しています。

DW:
この研究船では、どのくらい
頻繁にさまざまな施設を
訪れましたか?

あなたは6年そこにいたと
言いましたね。

CG:
そういいました。
(行くのは)まれな機会でした。
私たちが実際の植民地を
訪れた回数は3回あり、
修復のために工業団地を
数回訪れました。

DW:
それは工場型施設ですね。

CG:
工場のようです。
そして、私たちは一度実際に、
小惑星帯にあった採掘作業に
行きました。

DW:
どのような感じですか?

CG:
それは実際には小惑星の中での
3人の操作でした。

彼らは、主にロボット式および
遠隔操作型装置を
使っていました。

DW:
それを実行するために
必要なスタッフは3人だけですか?

CG:
3人が交代でです。

DW:
実際の建物自体の規模は?
このエリアはどれくらい
大きかったのですか?

CG:
まあ、これは非常に大きな
小惑星だったし、採掘するにつれて
エリアは大きくなったのです。

DW:
どの位大きくなりますか?
わかりません。

CG:
内部空間です。

DW:
その穴のサイズは。

CG:
穴の内部空間のサイズは
どんどん大きくなりました。

彼らが掘り出し始めるのを
見ることができました。
そして、彼らはさらに進みます。
これは大きな小惑星です。

DW:
あなたが3つの植民地を
訪れただけであれば、
そして他にも工業施設がありましたが、
あなたは6年間そこにいました。

それはあなたの主な
仕事のようには聞こえません。

CG: No。
それはスーパーエキサイティング
ではありませんでした。

私たちがやったことの多くは、
勉強することです。
あなたはそれらを「極限の更に外側」
と呼ぶでしょう。

私は、現代の生物学と科学は
何が人生であるかを再定義
しなければならないと考えています。

私が見た生命は、プラズマ生命体と
他のタイプのエネルギータイプの
生命体あり、基本的には
木星の電磁場から出てきた
巨大なアメーバのようでした。

彼らはそれらの標本を
入手しようとしました。
彼らは非常に大きかった、
彼らは基本的に死ぬか、
やや腐ってしまう小さな標本を
手に入れました。

彼らはできなかった…

DW:
宇宙計画で彼らが実際に
生きていると、
どうやって判断しましたか?

CG:
まあ。彼らは生きているだけでなく、
感覚的な徴候を示しました。

DW: 本当に?

CG: うん。
彼らは自己認識していた。
彼らには生活の保存特性が
ありました。

彼らがテストしたことが
たくさんありました。
私はそれを理解することは非常に
倫理的ではないと思っています。

DW:
まあ、私はそれが
食べなければならないような
生物学的生活の典型的な
慣習的なビューを、
排泄もしなければならない、
それは移動をする必要があり、
それは呼吸をする必要があります...

CG: 神経学

DW: はい。
あなたは細胞を持っています。
あなたは生物学的物質を
持っています。

CG: うん。
それは炭素ベースの生命体です。

DW:
だから、この生命体は細胞構造を
持っていません。
血漿が細胞によって相互に
連結されているのとは異なります。

CG: No。
しかし彼らは彼ら方法に従い、
単一細胞生物のように
振る舞いました。

DW:
彼らは実際に再生しますか?

CG: うん。
彼らは分裂しました。
分裂とは何ですか?

DW: はい。

CG:
また、氷の下で木星の1つ月の
下でいくつかの
海洋生物が研究された…

DW: エウロパのように?

CG: うん。
それらはクジラかイルカの様です。

DW: 本当に?

CG: うん。
科学者たちは勉強することが
かなりあります。

DW:
私たちの太陽系に生物学的な
生命体はがどのくらい共通で
存在するのでしょうか?

あなたはそれをどこで
見つけるのですか?

CG:
あなたが微視的なレベルで見れたなら、
ほとんどどこにでもあります。
それはほとんどどこにでもある。
あなたは凍結乾燥した宇宙に
自由に浮かんでいます。

DW: はい。
私たちが微生物の生活を越えると、
実際に木星の月の周りなど、
これらの衛星を歩き回ることができる
「小さい奴」を見つけるのですか?

私はあなたが水の月であるエウロパを
言ったことは知っていますが、
乾いた月はどうですか?

乾いた月の表面に住むことができる
生命体があるだろうか?

CG:
火星にはいくつかの生命体があります。
主に穴を掘って住んでいる、
小さな動物がいます。

火星には植物の生命体があり、
それは非常に砂漠で成長するものを
何と呼ぶでしょうか…非常に堅牢です。

紫と赤の茂みがあり、
非常に低く広く茂っていますが、
先端に紫と赤の縞模様のような
尖った葉がありました。

DW:
あなたはどうやってその茂みを
見ることができますか?
あなたは何かのスーツを着用しますか?

CG: うん。
軽いスーツで、重装備のスーツではありません。

DW:
ガラスヘルメットのようなものがありましたか?

CG: そう。
そして呼吸器。

DW:
ではちょっと、船に戻ってみましょう。
その船上には
どれくらいの人のベッドがありますか?

CG:
それは流動的です。
私が割り当てられたエリアには
24人まで滞在できました。

それは18~24のどこかの数字になります。
変わります。

DW:
では、あなたは閉じ込められていたので、
あなたは1つの部屋で
皆と一緒に寝なければならなかった。
軍事様式のように?

CG: そう。
そして、私たちは壁に埋め込まれた
ベッドだったので、そこに座ります。
仕切りを閉じる事も出来ました。

小物を置くことが出来る小さな、
「オーガナイザーセクション」もついています。

DW:
彼らは地球上のように24時間サイクルに
あなた達を保ちましたか?
時間の測定は同じ種類ですか?

CG: はい。

DW:
彼らは船内に誰かがいるときには、
あなたの体に付けるとか、周囲を照らすとか、
何らかの方法で船内を照明しますか?

CG:
彼らは概日サイクルを保つためと、
健康を保つために、シューマン共鳴も
取り入れました。

DW:
夜勤をしている人もいましたか?

CG: おーイエス。
常に、人々は勤務していました。

DW:
どうやって水を得ているの?
明らかに地球上の水は、雲と雨のある
水循環を必要とします。
カリフォルニアの干ばつに伴い、
今では地球が水不足に陥っています。

あなたは宇宙の中で
どのようにそれを持っていますか?

CG:
太陽系で水が乏しいわけではなのですが、
あなたが船に乗っているとしましょう。
こうします。すべてがリサイクルされています。

DW:
したがって、船全体はすべてのものを
リサイクルするように設計されていると。

CG:
それは非常に閉じたシステムで、
自己完結型の閉鎖システムです。
ええ、すべてがリサイクルされています。

DW:
あなたは菜食主義者にならなくても、
肉を食べたい人はまだ肉などを
食べることができますか?

あなたの食事は何ですか?

CG:
それらの質は変わったが、それらの範囲の
食事を作り出すリプリケーターを持っています。

しかし、新鮮な食糧を育てる
水耕区も持っていました。

DW:
では、リプリケーターで「チーズバーガー」の
ボタンを押して、
チーズバーガーを入手できますか?

CG: いいえ。
そうではありませんでした。
No。あなたはボタンを押して
ポットローストなどを手に入れます。
(訳注:つまりチーズバーガーよりは
良いものが作れた)

DW:
リプリケーターであなたの好きなものは
何でしたか?
あなたのリストを教えてください…

CG:
私はポットローストとマッシュポテトを
たくさん食べました。

DW:
それは上出来なポットローストでしたか?
実際にポットローストのような味でしたか?

CG: 美味しいですよ、うん。

DW:
それは正しい温度で出てきますか?
それが作られたものの、再加熱でしたか?

CG: いいえ。
それは熱々で出てきました。

DW:
食べ物がガラスの中で形作られているのを
見ることができますか、
それとも中は暗いのですか?

CG:
これは、基本的には、電子レンジに見えます。
そして、設計された領域のすぐ上に、
プレートが置いてあり、ドアを閉じて、
あなたが望むもののボタンを押して、
それが騒音を出す。

そしてあなたはそれを開いて、
それを引き出だせば、蒸し料理があります。

DW: どんな騒音ですか?

CG:
電子レンジに似ています。
彼らは何かを複製するとき、
それを「印刷する」と呼ぶでしょう。

DW: 本当に?

CG: うん。

DW:
デバイスの名前はありましたか?
それを何かと呼んだのですか?

CG: プリンター

DW: 本当に?

CG: うん。

DW:
あなたは何かを得る時にどのようにしますか?
スクロールするメニューから選択できる
デジタルディスプレイのようでしたか?

CG:
電子レンジを見てみたら、
あなたが押すことができる一定数の
ボタンが付いています…

DW:
ポットローストボタンがありましたか?

CG: うん。
それらは食事用のボタンです。

DW:
飲み物はどうですか?
レモネードやフルーツパンチなどは?

CG: うん。
でも、それをリプリケータで作る
必要はありません。
飲み物用のディスペンサーが別にあります。

DW:
リプリケーターとは別に野菜を栽培しましたか?
サラダを印刷することはできない?

CG:
まあ、ジャガイモなどのような野菜が
いくつか(リプリケータに)ありましたが、
他の野菜は彼ら自身が成長するでしょう。

DW: OK。
あなたがサラダを食べたいならば、
サラダの提供はプリンタの近くにありますか?
緑が入っている冷蔵庫はありますか?

CG:
それはギャレーエリアを通過し、
準備されていれば食べられます。

物事がうまく機能しない時があり、
卵などの食糧を食べる必要があります。

そこには、食べ物の盛り付けをする
人々がいたギャレーエリアがありました。

DW:
あなたはこの船で働いていたときに
何を着ていましたか?

CG: ジャンプスーツ

DW: 一枚仕立て?

CG: うん。

DW: 色は?

CG:
まあ、異なった指定、色違い。
時には青、時には白。
時には働いていたエリアに依存しました。

DW:
白は何の指定を意味しますか?

CG:
白-それは仕事の指定ではありませんでした。
私がラボエリアで「インテリ」と
作業していた場合、私は白を着用します。

私がコミュニケーションエリアで働いていたら、
私は白いラボの服を着ないでしょう。

DW:
あなたが船の前から後ろまで、
通常のペースで歩いていたら、
全体を一周するのにどれくらい
時間がかかりますか?

CG:
まっすぐ歩くことはできませんでした。
それは迷路のようです。
たぶん、あなたが1つの階層だけでも、
30~45分歩き回ることになるでしょう。

DW:
あなたが内部にいるときに
主な壁の色がありますか?
あなたが目にしている主な色は何ですか?

CG:
まあ、それらの多くは金属です。
私は、これらの最初のクラフトの多くが
潜水艦を建造した人々によって作られた
と言われました。

だから、同じ種類の感触と造りが
たくさんありました。

また、ゼロGの環境があった場合は、
壁に沿って、あなた自身を導くために
使用するハンドルがありました。

DW:
典型的な天井高はどのくらいでしたか?

CG:
一般的に8フィート(2.4m)ですね。

DW:
あるフロアから別のフロアに行くような、
複数のデッキを持っていましたか?

CG: うん。
それらは階層構造です。

DW:
あなたはデッキの数を覚えていますか?

CG:
私は主に4つのデッキに留まっていましたが、
少なくとも9つのデッキがあると思います。

DW:
それぞれのデッキに名前のような
特定の分類がありましたか?

CG:うん。
それぞれの地域の指定がありました。
「レベル1」があります。
次にダッシュ(-)は、「1タックA」(1-A)、
「1タックB」(1-B)のように
タックと呼ばれます。

DW:
これらの領域のいずれかが
色分けされていましたか?
壁は、あなたが特定の場所にいることを
知らせるための特定の方法を見ましたか?

CG:
まあ、普及していたものは、
あなたを導く床の色付きの線です。
しかし、ほとんどの場合、ドアの番号の
指定によってどこに行くのかを
知ることができます。

DW:
あなたは、アライアンスが情報開示をしたら、
この技術を人類に引き渡すつもりだと
言っていました。

CG: うん。それがプランです。
完全な情報開示がなされた後、
完全な情報を扱うプロセスを経て、
必要な試行を経てプロセスを心理的に
処理すると、これらの技術はすべて
人類にもたらされて基本的に変化します。

私たちの生活は毎日働いて、
借金の奴隷であり、家賃を払って、
数時間テレビを見たり、寝たりするためだけに
一日に8時間から9時間働いています。

全く違った生活になります。

DW:
誰が宇宙に出て行くのかを
決定するのは誰ですか?
誰が許可されているかについて
いくつかの制限がありますか?

CG:
私はそれがどのようにうまくいくのか
分かりません。
おそらく、それはスタートレック型の
文明になるだろうと私は知っています。

私は最終的に太陽系の多くの場所への
観光になるだろうことを知っています。
そして、人々のための新しい
職業がたくさんあるでしょう。

DW:
望むのであれば、多くの人々が
かなり早く行くことができる
十分な船があると思いますか?

CG:
そう信じています。うん。
私は、軍事目的以外の目的で
それらを使用することができるように、
すでに作られた技術が十分にあると
信じています。

DW:
これは本当に信じられないほどです。
もう一度、ここに来てくれてありがとう、
あなたに見てくれてありがとうと言います。

あなたが多くの具体的な詳細を説明するとき…
人々が嘘をついているときは、
はっきりわかります。
彼らは躊躇し始め、
ボディーランゲージは変化します。

そして、私はあなたとこのことについて
ずっと話していました。
私があなたにこれらの質問をするたびに、
私は新しいことを学びます。

あなたが話していることが、
あなたに起こった事だと私は確信しています。

私はそれが他のすべてとどのように
相関するかに基づいて、それを証明する
広範な証拠があると思う。

だからこそ私は、あなたが来たるべき
ヒーローだと考えています。
私は本当にこれを行うことで人類への、
あなたの奉仕に感謝したいと思います。

CG: ありがとう。

DW: ありがとう。

この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK system


2017-12-30 / 522PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト