錬金術と一なるものの法則そしてアセンション!?【コズミックディスクロージャSeason 8, Episode 11】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


錬金術と一なるものの法則そしてアセンション!?【コズミックディスクロージャSeason 8, Episode 11】



原文:Cosmic Disclosure
Cosmic Disclosure: Alchemy and The Law of One
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemnの記載もなしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします。

一なるものの法則の研究から
リアルな錬金術が実現可能?
そしてそれはアセンションにも関係する!!


Season8,Episode11

David Wilcock:オーライ。
また見てくれて有難う。
「コズミック・ディスクロージャ」へようこそ。
番組ホストのデビット・ウィルコックです。

コーリー・グッドとお送りします。
今回のエピソードでは、錬金術と
一なるものの法則のミステリー
をお届けします。

そしてコーリー番組へお帰りなさい。

Corey Goode: どうも。

David:
錬金術の伝統は非常に
興味深いものです。
「錬金術」という言葉は、明らかに
「アル・ケメット」、すなわち
「エジプトの科学」に由来しています。

そして、多くの人々は、
鉛を金に変質する科学と
とらえる習慣があるかもしれませんが、
それは魂の変容に類似している
ということです。

アセンションの考え方、としては
物理的なボディは鉛のようであり、
ライトボディは金のようなものです。

錬金術変換のアイデアに関して
秘密宇宙計画にいたときに
何か情報を得ましたか?



Corey:
私は錬金術について直接の情報は
見ませんでした。あるいは、
私は注意を払っていませんでした。
しかし、私が錬金術について
もっと学ぶと、アセンションのプロセスと
どう関係するかが見えてきます。

David:
では、錬金術師が達成したと
主張しているように、金属が変質する
可能性があるという情報に
あなたは遭遇しましたか?

Corey:
はい、実際に。
彼らが与えられたクラフトを複製
している時に、与えられたそのクラフトに
基づいてモデルを構築しました。

私がナチが作ったと信じているものでは、
フライングソーサー中央の柱に、
水銀が入っていて、また何らかの種類の
ガリウムが異なる方向から
チューブ内で回転していて、
高い電場が掛けられていました。





これは、電気重力のプロセスの一部です。

私たちがそのプロセスを再現しようと
していたとき、私たちは
通常の水銀だけを使用していました。

高電場が水銀に適用されると、
実際には金に変わりました。
それはサンゴのように見えました。
金はサンゴのようになった。

David:
そして、これは化学的なテストでは
普通の金と変わらない金であると
確認されましたか?

Corey: はい。
そして彼らは大学でもこれを
再現しましたが、少量の水銀を使い、
超強力な電磁場を加えると
金に変わりました。



David: 本当に?
ここでもう一つ興味深い科学的な
観点から、地球上のボルテックスに
入る事です。
─私は地球上の自然な場所で
錬金術変換を正しく動作させる方法を
教えてくれた、
複数の内部関係者を知っています。

これらの特別なノードポイントの
1つにいなければなりません。
これが起こるのをより容易にする
物理学的な何かがあります。

Corey:
まあ、これらのノードポイントは、
基本的にポータルへの入口と出口です。
これらのノードはそれを指しています…
私たちは、地球がどのように周囲に
グリッドを持っているかについて話しました。

そして、これらのノードポイントの
それぞれは、おそらく石、結晶石と
関係している特定の側面を持っています…

David: はい。

Corey:
…宇宙のウェブとノードとの間の
電気的接続を引き起こします。
そして、地球が回転している点と、
太陽がどこにあるかによって、
電気接続は最も抵抗の少ない
経路をとるのです。

そして、どちらのノードも、
最も抵抗の少ない経路、すなわち
ポータルが開く場所に存在します。

David: フムム。
それで、古代の人々は、
グリッドの知識と特定の惑星の
アライメントがこれらのポータルを
活性化するという知識によって、
ある時にこれを働かせることができると
判断できたと考えられます。

Corey:
そのように聞こえますね。
明らかに、ポータルには高い電磁気が
たくさんあるので、それらの場所には
複数の目的があるかもしれません。

David: はい。
誰かが錬金術のプロセスを説明するのと、
体は消費される必要のある
鉛のようなものというアイディアは、
聞いたことがありますか?

あなたの秘密宇宙計画に秘密結社で
本当に高い地位の誰かがいましたか?
そして、変換できたのでしょうか?

Corey: はい。
私と一緒に働いていたエンジニアや
科学者の多くは、
それに大きく関わっていました。

David: 本当に?

Corey:
彼らはこれらのさまざまなことについて
話し合っていましたが、それは私の
関心事ではありませんでした。

私は他のものにもっと集中しました。
そして、明らかに、私が覚えていることは、
私が最もよく見ていることです。

これらの秘密結社は
謎の教えを知っています。
そして私は、これらの神秘的な教えには、
前の2つのサイクルに渡ってこの惑星で
実際に起こったことのより詳細な
年代学があると信じています。

David:
エジプトのアレクサンドリア図書館から
持ち出され、バチカン図書館に
封じ込められたテキストの一部に、
これに関する情報があると思いますか?

Corey: はい、絶対に。
アレクサンドリア図書館のリストは、
基本的にはファルセ・フラッグ
(存在しないまたは、ウソ情報)として
ガラス・パッドに記載されていました。

すべての情報が持ち出され、
バチカンに持ち込まれました。

世界各地のさまざまな原稿の中には、
ソーラーフラッシュやソーラーイベント
などの情報があります。

David:
それで、私が知恵の教授法、
ソーラーフラッシュやたくさんの宗教や
古代の霊的な教えについて話したことが
どれほど残っていたとしても、
バチカンの図書館に隠れているものが、
もっとずっとあるかもしれません。

Corey:
その1つの場所だけでなく、その過程で
何が起こるのかについてより詳細な
情報があると確信しています。

David: オーライ。
さて、私がやりたいことは、
「収穫」と呼ばれるものについて、
ある法則を引用することです。

そして、「収穫」という言葉は、
その法則がどのようにこのプロセスを
記述しているかということです。

私が言ったように、「知恵の教え」などの
他のエピソードでは、「収穫」とは
言いません。なぜなら聖書マタイ伝を
参照しているように見えるので、
「邪悪な人たちは、時代の終わりに
1人ずつ摘発されるでしょう」と
彼らは使います…

Corey:
そして火に投げ込まれた。

David: うん。
この収穫の隠喩。
私がやりたいことは一なるものの法則が
言っているこのようなことのいくつかを、
多くの人々が説明を求めているからです。
一なるものの法則はまるで
パズルになっています。

そしてまず第一に、コーリー、
人々が他のエピソードを見たことがない
場合に備えて、あなたが話している事は
一なるものの法則とどう関係していますか?

Corey:
彼らはその情報を提供する
責任があると言いました。

David:
そして、それはブルー・エイビアンズですか?

Corey:
ブルー・エイビアンズです、はい。
私は彼らにそれについて尋ねたとき…
はい、彼らは意識の拡大のための
ガイドとして私たちにそれを
持って来たと言いました。

David:
そしてあなたはこの様にも言いました、
一度それを読んだら、
彼らの言い回しが変わる。

Corey: はい。
彼らはいつも謎めいています。
しかし、彼らは基本的にあなたが
持っている言語、あなたが定期的に
使っている言葉、あなたのレキシコン
(用語辞典)からの言葉を使用します。

David: はい。

Corey:
彼らは、あなたが使っている
コミュニケーションを使うつもりです。
そして、私が最後に一なるものの法則を
読むことができたとき、それは私に
全く新しい語彙を与えました。

コミュニケーションがかなり広がり、
彼らが何を言っているのかを
もっと理解することができました。

David:
だから確実に明確にするために、
彼らはあなたが一なるものの法則を
読んだ後に、一なるものの法則を
言い始めた?

Corey:
彼らは、同じように話し始めました。

David:
面白い。
それは今でも起こり続けていますか?

Corey: はい。
そして彼らは前と同じように言いました
─情報が配信された時と同じに─
しかし、彼らは私の現在の視点から
すべての言語を使用していました。

David:
さて、オリジナルの一なるものの法則で
何が行われたのかについて、
彼らの意見は何がありましたか?
彼らはそれが正確だと言いますか?
彼らはそれに間違いがあったと
言ったのですか?

Corey:
いいえ、彼らはそれが
正確であると言いました、
それはそれを記録する人々の歪みから
来ています。

6つの高密度の情報が低密度の
フィルターを通して提供されました。
そのようなタイプのものがいつもあります。

彼らは、聖書のように、新しい宗教を
発展させたくないので、
代わりに内向きに集中させる。
これらすべての宗教を発展させます。

David:
私があなたが今(サイトに)書き込んで
いるすべての人のことをよく知っていると
確信している事の一つは、
あなたはただ一なるものの法則を読んで、
何が起こるかを理解するだけではなく、
解読される必要のある
秘密の言葉がたくさんあります。

聴衆へのサービスとして、
私は彼らが実際に言うことを通して、
あなたが現在持っている知識と
一なるものの法則について話し合って
もらいたいと思っています。

では今見てみましょう。
今、ドン・エルキンズとつながっています。
彼は惑星の変化について知りたい。
彼は災害について知りたい
彼はある種の出来事があることを期待している。
何が起こるかを見てください。

THE EARTH CHANGES

*1.9 質問者:
来るべき惑星の変化について何か言えますか?


David: 彼らの答えを見てください。

*Ra:
変更は非常に簡単です。


彼らはその質問に答えたくない。
次に起こることを見てください。

*私たちは、収穫をもたらす条件については心配していません。


David:
面白いとおもいませんか?
彼らはその質問に答えたくありません。
彼らはそれが簡単だと思う。

ではなぜ、あなた自身の経験にから、
彼らがこの特定の主題について
話すことに無関心だろうと思いますか?

Corey:
彼らは情報をどのように提供するのか、
それに対してどのように反応するのか、
歪んだ情報をどのように報告するのか
について非常に注意しています。

だから彼らはおそらく、その情報を
提供するプロセスを3,4,5ステップ
で降ろしてくる可能性が高いです。
彼らは時間を別々に見るからです。
だから彼らは別のレベルのものを見ている。

私たちはあなたと私のような
ものの見方をしています。
何が起こっているのか、
現在どのようなことが起こっているのか
を見ています。

私は、何が起こっているのかを見て、
彼らは何が起こるのかを推測します。
彼らはそのすべてを一度に見るのです。

そして、彼らはそれでコミュニケーションします
…彼らが私たちとコミュニケーション
しようとする時は本当に奇妙です。

David:
なぜ彼らは「人」という言葉の代わりに、
常に「心/身体/霊の複合体」と
呼んでいると思いますか?

Corey:
まあ、彼らは私たちが自我に
集中することを望んでいません。
彼らは私たちがワンネスに集中することを
望んでいます…
他のすべての自我と戦っているか、
競合している単一の自我の代わりに、
より多くの集団が存在します。

David:
したがって、「身体」という言葉が、
私たちを説明するために使用する
これらの4つの言葉のうちの
1つだけである場合、
私たち自身を身体として、
別個の人物と見なす私たちの見解は、
彼らとは違う見方ですか?

Corey: はい。
彼らの見方は…彼らは私たちを見ると、
それらの3つすべてを見ます。
彼らは私たちと一緒に起こっている
時間を見ているように、
すべてのレベルで私たちを見ます。

彼らはまた、私が最近報じたように、
何よりもハイヤーセルフで私たちと
コミュニケーションしています。

David: はい。

Corey:
そのほとんどはハイヤーセルフで
起こっています。
ハイヤーセルフは、自我が処理する
準備ができているものを決定します。
どのように情報を自我に
届けなければならないか。

そして、ポジティブな存在と
高密度の存在は、あなたとそのレベルで
コミュニケーションします。

David:
だから、私たちは通常、
ほとんどアクセスしていないレベルの
全レベルが存在する可能性があります。

彼らは何らかの形で、
私たちの部分にもっとアクセス
できるように努力していますか?

Corey:
彼らは私たちがこれらの
さまざまな部分を再統合するのを
手伝っています。

David: OK。

Corey: はい。

David: オーライ
あなたがおそらく知っているように、
コーレイ、私は2年間、
一なるものの法則を行った人々と
一緒に住んでいたので、次の引用は
非常に重要です。
そして、私はそれをやろうとしている
唯一の人のひとりです。

そして、私が彼女と一緒に住んでいる間に、
私が彼らに言われたことのいくつかを
検閲したことをカーラが知りました。
最初の4冊の本の中には一度も
入っていませんでしたが、
最初の4冊でカットしたすべてが入った
5冊目の本にも入っていませんでした。

トービー・ウィーロックが
リ-リスニングプロジェクトと呼ばれる
ものをした後に、彼は元のテープに、
すべて耳を傾け、それをまさに
正確に転記して、
この引用が出てきたのでしょうか?

何らかの理由で、
カーラは非常に不機嫌で、
それを望んでいませんでした。

しかし、この質問は多く来ています。
それが何を言っているのか見てみましょう、
なぜ彼女はこれを望んでいないのでしょう。

THE SINKING OF LEMURIA

*10.15 質問者:
[1]アトランティスとレムリアと呼ばれる
文明の出現について不思議に思っています

*Ra:…
アトランティスとレムリアの文明は
1つではなく2つであった。

*最初にムーのエンティティを見てみましょう。


David:
私たちはもう一歩欲しい。
アトランティスとレムリアが違うという
この声明についてどう思いますか?

Corey: 絶対に。
はい、それはプログラムの間でも
かなり知られています。

David:
そして、レムリアは太平洋をベースにした
文化ですか?

Corey: はい。
アジアと重なっていると信じています…

David: はい。

Corey:
私が見た情報でした。そして、
しばらく経って一般情報となっています。

David: OK。
彼らは一度にたくさんのセッションを
していたので、これはまだ最初の方です。
これは起こった内の最初です。

*彼らはやや原始的な性質の
存在でしたが、非常に高度な
霊的歪みを持っていました。


David:
さて、あなたは、あなたの旅で、
やや原始的であるが、何らかの形で
非常に高度なスピリチュアル能力を
持っている存在にこれまで
遭遇したことがありますか?

Corey: まあ、そうでしょう。
今起こっているように見えるのは、
これらの異なる存在の多くが
霊的に進歩するとき、彼らは
多くのものから離れていると思います。
世俗的なものです…
私たちは、チベットのように
世界の精神世界の人々が、
次のフェラーリを作ろうとするより
意識を高めることにもっと集中している
のではないかと推測します。

David:
あなたが非常に高度な
スピリチュアル能力を持っているなら、
テクノロジーが必要ないかもしれません。

Corey:
さて、彼らはそれを使用していません。
彼らは他のものに集中しています。

David: はい。
だから、私たちには精神的に非常に
進歩した存在で、幾分原始的な
存在がいます。
そしてそれは言う:

*この文明はこのサイクルの一部であり、
あなたの約53,000年のサイクルの
早期に習熟されました。


David:
今、私にとってこの日は
いくつかの理由で面白いです。
あなたが話したことで、
53,000年前から2〜3千年の時代は
どうでしたでしょう?

Corey: まあ、
プレアダマイトはその時代に来ました。

David: その通り。

Corey:
また、私が届けた情報の中には、
彼らが到着した後に、カタクリズムの
サイクルがあり、それ以降から掘り起こす
必要があると述べられています。

David: はい。

Corey:
そして12,000年前に発生した
追加のものがありました。

David:
それで、レムリアは、このプレアダマイトが
ここに着陸した時と同時に、非常に
高度なスピリチュアルな機能を備えた、
地球上にまだ残っていた別の文化で
あった可能性があると思いますか?

Corey:
はい。プレアダマイトは…
いくつかのグループの人間がいました。
それらを地球上の人々と呼ぶでしょう。
地球はしばらくの間、難民ゾーンとして
使われていました…

David: はい。

Corey:
…いろいろな期間にわたって人々は
短期間または永久的にここに
連れて来られていました。

David:
この日付が、あなたの宇宙プログラムの
人々がプレアダマイトが現れた時と、
解明した日付にとても近いことは、
かなり驚くべきことだと思いませんか?

Corey: はい、うん。
間違いなく興味深い相関関係です。
私はレムリア人とプレアダマイトが
どのように交流したのかは分かりません。

David:
さて、彼らは、一なるものの法則に
いくつかの主要な陳述を行い、
この頃にはこの大災害が必要である
という問題があったということです。
彼らは問題が何であったかは言わないが、
そこに問題がある。

Corey: OK。

David:
それは53,000年の時間枠であり、
すごいことです。

*それは有益かつ無害な場所レムリアで、
彼らの行動によって球体のプレート構造の
再調整中に海によって洗われました。


David:
さて、これは私にはショッキング
なものでした。

なぜなら、カーラは彼らが有益で
無害だと言っているが、
実際には地球の大規模な変化を経て
沈んでしまった。
自分自身の過失ではありませんでした。

Corey: はい。

David:
その大惨事が起こる
必要があった理由はなんでしょう、
あなたはどう思いますか?

Corey:
まあ、私に説明されていることは、
地球がこのアセンションの過程を経て、
これらのさまざまな変化をすべて
経ていることです。
私たちは基本的に犬のノミに似ていて、
犬はアセンションを通過しています。

そして、レムリアは、その種のイベントを
起こすようなことは何もしていないときに、
水が浸水してきました。
私は、それぞれのサイクルで、
これらのタイプの大惨事のイベントが
あると言われました。

それは、地球が進んでいる成長の
痛みのようなものです。
私たち自身を浄化しようとするのは
地球ではありません。

David: はい。

Corey:
今ちょうどプロセスを通過しています。
そしてこの時間枠の終わりに
地球が再びこのプロセスを経るにつれて、
地震、津波、そのようなものが
起こるでしょう。

しかし、それは人間に向けられたもの
ではないのだが、人間を
破壊しようとしているのです。

地球が独自のプロセスを経ており、
私たちはその上にいるのです。

David:
私たちは必ずしも、津波が来たときに
アヒルのように座っているだけで
死ぬのを待っているはありません。
何らかの宇宙救助計画が
あるかもしれません。

Corey: はい。
必ずしも
世界的な津波になるとは限りません。
それは地域になるだろう…
さまざまな地域でさまざまなことが
起きています。

David: はい。
そうです。 したがって、レムリアの
平和な人々は必ずしもこの洪水で
死ぬわけではありませんでした。
彼らはそれを経験しなかったので、
慈悲深い存在によって
移動されたかもしれません。

Corey:
彼らが霊的に遥かに進んでいたので、
おそらく遠隔視聴型の能力を
持っていただろうし、
彼らは宗教的従事者によって
警告されたかもしれないです。

David: はい。
だから彼らは実際に最初にその地域を
避難させることができました。

Corey: はい。

David: OK.
次にこれはその後についてです:

*彼らは生き残って、あなたがロシア、
北アメリカ、そして南アメリカと呼んでいる
ところで多くの人たちが立ち上がりました。

*社会的に複雑なゆがみに
同情を感じるようになったインディアンは、
これらのエンティティの子孫です。


David:
これは面白いのではないですか?

Corey:
それは、特にホピ族の伝説に繋がります。

David: OK。

Corey:
彼らはグランドキャニオンの水没した
ポイントについて語っています。
それは、蟻の人々によって地球の
下に移動された、
世代の長さを知らないためです…

David: はい。

Corey:
…地球上の大きな災害から
生き残るために。
それは彼らの現在の預言と伝承に
非常によく結びついています。

David:
さて、ネイティブアメリカンを見ているのか、
アジア人を見ているのかにかかわらず、
その特徴にはいくつかの
類似点があります…

Corey: うん。

David:
…これが示唆している事は…
ご存知の様に、元々はアラスカと
ロシアの間には橋があったこと、
そしてアメリカに入った皆がそこを
渡らなければならないという考えです。

Corey: はい。
そして、私は最近、ズニの長老と
会話していました。
そして、ホピの預言について
話していました。
その橋が話題に上がってきました。

David: 本当に?

Corey:
そして、彼は言いました、
「いいえ、私たちは陸橋で来てはいません。
我々は洞窟の複合施設を通って、
ここに来ました。」

David: オォウ、ワオ!

Corey:
「海の下を通ってどうやって
ここに来たのでしょうか。
それは移動ではありません。」
彼らの話は移動の話に満ちています。

David:
だから、本当に驚くべきことは、
これがブックワン(物語の最初)に
現れなければならないということです。
ここ数年で非常に静かに
浮かび上がってきました。

しかし、いったんその全体を見ると、
次はそのサイクルの終わりに起こる
いくつかの激変があると言っていることが
分かります。

しかし、本を読むだけでは
この情報は手に入りません。

あなたは「lawofone.info」の
ウェブサイトに行く必要があります。
それはあなたがこれを読める
唯一の場所です。

これがなければ、あなたは
本当に一なるものの法則がそれを
言っているのか分からないでしょう。

さて、引用ではありません。
これはセッション21、質問25にあります。
そして、これはプレアダマイトについての
いくつかのすばらしい材料(情報)が
あるでしょう。
あなたはこれを愛するだろう、コーリー。

*21.25 質問者: どうか素早く
私の心を軽くしてください。
その大災害で何年くらい
レムリアは苦しみましたか?

*Ra: 私はラーです。
これはあなたの年のおよそ5万年でした。


David:
素晴らしい。
2つの25,000年サイクルです。

*あなたの年の53,000年前です。

*最初のマスターサイクルの最後の
小さなサイクルでダメージが完了しました。


David:
この災害のが約53,000年前で
あったことと、
彼らが大惨事でなければならないと
言っていることは興味深いこと
ではありませんか?

これは、あなたとスタッフが
プレアダマイトがここに墜落した時を
算出した時代に非常に近いです。

Corey: はい。
そしてプレアダマイトは崩壊してしまい、
少し生き残った後に、掘り起こすべき
大災害があったと報告していました。

David:
ホーグランドはトップ・インサイダーですが、
プレアダマイトがここに来た後、
彼らは私たちが現在サハラ砂漠と呼ぶ
地域で非常に技術的に進んだ
文明を発達させた、
もしあなたが砂漠の表面から
40〜400フィート(12~120m)
下のどこかを探せば、
文字通りそこに文明の残骸が
たくさんある。非常に、非常に大きな像
があると報告しています。

Corey: はい。
それは間違いなくスマートガラスパッドに
ありました。
彼らはトンネルを掘りそこへ行くための
工作員を送り出しました。

小さなトンネルではそれほどの調査は
出来ず、彼らが開発した衛星画像で
見た、広大な地域を掘り起こしました。

そして、これは、深深度遠隔イメージング
衛星と非常に似ていました。
彼らは、米国西部の山間部に
設置する場所を探していました。

そう、はい、彼らは地面の下を
非常に深く見ることができます。
そのようなものが見つかりました。

そしてそのサハラ地方については、
私はこの情報を聞いていました。
私は「コズミックディスクロージャ」でも
報告したと思いますが、
一部の彫像はアフリカの物に
少し似ていると描写されています。

David: はい。

Corey: うん。

David:
私がこの大惨事を物理的なものとして
描こうとする私の研究で、
本当に面白いと思ったもう一つのことは、
アメリカにはバリンジャークレーターと
呼ばれる主要なクレーターが
あるということです。



そして、このクレーターは、通常、
流星の影響の結果であると
考えられています。
しかし、それについての
本当にクレイジーな部分が2つあります:

1番、クレーターが正方形です。
上から見ると、角は丸くなっています。
これは幾何学的なエネルギーフィールドを
示唆しています
─流星が作ったのではありません、
流星なら丸くなるのです。

そしてバリンジャークレーターについての
もう一つの奇妙なことは、
それが砂の下にフルグライトがあることです。
(訳注:フルグライトは雷電の作用で
できた筒状のガラス質物質で、通常の
衝突ではできない)
そしてフルグライトは稲妻による化石です。

Corey: フム!

David:
それで、
これは多くの学者が結論したように、
実際には、電気宇宙モデルの
超巨大化の結果であり、
大きな超火山噴火が起こり、
そして稲妻がおこり、
砂を化石化したのです。

Corey: はい。

David:
この地質学的タイミングは
まさに5万年前です。

Corey: はい。
そして、それらの大きな火山爆発では、
プラズマと電気を生成します。

David: オォウ!

Corey:
特に(火山)灰のほこりだけでも、
電荷が存在する可能性があります。

David:
あなたはそれが可能だと思いますか?

神聖な幾何学のアイデアや、
私が様々な惑星のグリッドで話していた、
幾何学的な方法で
爆発を起こすことはできます。

その爆発で丸ではなく、実際に私たちが
見るような正方形のクレーターを
作ることが出来ると思いますか?

Corey: はい。
そして、それはおそらく起こったときに
彼らが日付を記録したのでは?

David: 5万年たちました。

Corey:
ティアエールが私に示したことから、
地球がこの移行を過ぎると、
超巨大化が起こると言うことから
私はを始めました。
火山活動は増加する。
地震は増加する。
嵐ははるかに活発になります。

それは、私が話した、サイクルの間に
起こるものとまったく同じです。

Corey: 正確に。

David:
これらの2つのことはどのように
相互に関係しているのでしょうか?

Corey:
まあ、それぞれが終わったとには、
より大きなものが起こるという
症状かもしれません。

地殻がすべり始めると、
火山が爆発することになります。

David: はい。
ソーラーフラッシュでそうなりますか?
それが時間通りであれば
─5万年前ですが、太陽サイクルが
そこで終了するはずです─
同時に太平洋の超巨大惑星と
津波が同時に起こりますか?

Corey: おぉ、うん。
発生する地殻変動の一部…
ご存知のように、太陽からプラズマが
放出されるだけではありません。
巨大な電磁波が放出されています。

これらの電磁波は、ここへ到達すると、
地球の電磁気学と相互作用し、
何かを与えることになります。

David: はい。

Corey:
そして、これらの地殻変動の摩擦から、
地震、火山の爆発が起こる、
宇宙エネルギーをダイナモのように
旋回する地球が全てのエネルギーを
地球に入れて、
嵐がますます活力を増します。

David:
私はまた、本当にクールな
サイエンスデータをの最後の部分で
あなたにお伝えして、私たちの
エピソードを終了したいと思っています。

考古学者の間では、50,000年前の
人類の遺跡を見ると、
儀式的な宗教的な種類の物を
作っていないことが知られています。
私たちは本当に高度なツールを
作っているわけではありません。

5万年前に何かが起こり、
彼らはそれを認めています
─それは5万年前に世界的に自発的に
起こっています。
人々は宗教的行動を始める。
彼らは芸術を始める。
彼らはより複雑なツールを作り始めます。
彼らはより複雑な衣服、
より複雑な武器を作り始めます。

約5万年前、地球上の誰もが
大きな何かを起こしました。

Corey:
意識の分野が拡大しました。
私たちは突然、意識の全く新しい
スペクトルにアクセスしました。

あなたが上の密度に上がると、
意識も基本的に上がります。

David: はい。

Corey:
彼らはまた、ソーラーフラッシュによって
大規模な意識向上をもたらしました。

David:
まあ、それは、これが起こる前に、
プレアダマイトが最初にここに着いたとき、
ある意味では、それが本当に
猿の惑星のようなものに
なっていたことを意味しています。

Corey: 結構。

David:
先住民には基本的なものさえ
ありませんでした。どんな種類の言語、
どんな種類の宗教的行動、
どんな高度なツールメイキングでも
ありませんでした。

彼らは本当に非常に原始的だった。

Corey:
まあ、サイクルの間にあったかも
しれません。
それはレムリアとアトランティスのように
聞こえました。
アトランティスはおそらくプレアダマイト
である可能性があります。
レムリア人は、精神的に遥かに
発展したように見えました。

David: はい。
そしてそれらの記録はすべて失われました。

Corey: はい。

David:
私たちがまだ持っているものは、
地球上の他の人々が非常に、
非常に原始的であったことを
示唆しています。

Corey: はい。

David:
これは大変魅力的な議論でした。
番組ホストはデビット・ウィルコックです
「コズミック・ディスクロージャ」を
コーリー・グッドと共に、
錬金術と一なるものの法則のミステリー
でお届けいたしました。

ご視聴ありがとうございました。

この記事は
https://spherebeingalliance.com/blog
に掲載されている「コズミック・ディスクロージャ」を転載/翻訳したものです。
翻訳:AK system




2017-11-03 / 1160PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト