火星で正真正銘の「人工施設」が発見されたと世界が衝撃・・ グーグルマーズにはっきりと写り込む | キーンエリアニュース【Keen-Area】
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト


火星で正真正銘の「人工施設」が発見されたと世界が衝撃・・ グーグルマーズにはっきりと写り込む



元記事:http://quasimoto.exblog.jp/23528843/
掲載元:Kazumoto Iguchi's blog 2 様
http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/9592056.html

引用記事

火星の地表にとんでもないものが設置されていることが判明し、
世界中に衝撃が走っている。
なんと、グーグルマーズ上に正真正銘の「火星基地」が写り込んでいたというのだ!

それでは早速、問題の画像をご覧頂こう。

何度もいうが、これはグーグル社が提供している
火星衛星地図「グーグルマーズ」上の建造物だ。
地球のものでは決してない。




言葉を失うとはこのことではないだろうか。
コンクリート製の建物が6つ。
ソーラーパネルまで設置されている。

どう考えても、地球製の人工物に見える。
もはや不思議でも何でもないが、
いつものようにNASAは沈黙を通している。



編集部は未だ世界中のどのメディアも気付いていない
驚愕の事実に気付いてしまった。
なんと、ストリービュー機能を使って
施設の中を垣間見ることができるのだ!

ご覧頂きたい、研究所らしき広い空間で研究者が集まって
何かを協議している様子がハッキリと写っている。




窓の外にはもちろん火星の風景が広がっている。
ここは間違いなく火星である。



他にも壁には火星をイメージさせるポスターや
写真が壁に張られている。
ソファーでくつろぐ人影も確認できる。



驚いたことに、施設の中から火星の外に出ることも可能だ。
茫漠たる火星の大地が広がっている。
グーグルカーは火星にも送り込まれていたのだ。

さらには、この施設の名称も明らかになった。
ストリートビューの表示に
「Google Mars Datacenter」
とある。つ
まりこれはグーグルの火星データ基地ということだ・・

元記事:tocana
【驚愕】火星に正真正銘の人工施設が建造されていた!!
グーグルマーズに超ガチで写り込む、元自衛官が緊急コメント
http://tocana.jp/2017/06/post_13649_entry.html

■元自衛官も緊急コメント「不可解」

――この建造物は何だと思われますか?

元自衛隊幹部
「エアコンの室外機のようなものがたくさん並んでいるのが見えます。
大気の薄い火星において、
地球上と似たような室外機があるということは、
実は火星には豊かな大気がある可能性があると思います。

また、建物とパネルの間に線が張られていますが、
こちらも、大気が薄い火星ならば光が拡散されにくいので、
ちゃんとした影が映るはずですが、写っていません。
また、軍事施設に詳しい私から言わせれば、
こちらの施設は以下のどの研究所にも該当しないといえるでしょう。

・『火星から太陽系の他惑星への中継基地』→規模が小さすぎる
・『観測基地』→巨大望遠鏡がない
・『地下資源探査』→規模が小さすぎる」

巨大なアンテナもありますが、たった1つしかないので、
地球との交信用にしか使えない比較的ショボイものだと思われます。
イージス艦には「距離」「方位」「高度」の全てを
一度に把握できるアレイアンテナが搭載されていますから、
宇宙探査でそうした最新機器を使用しないのは
不可解と言わざるを得ません。
超高精度パラボラアンテナかもしれませんが……。

まあ、私がみたところ、明らかに合成された
形跡のある質の低い合成写真のように思えますが(笑)。
あえて、本物だとして検証してみた結果はこんなところですかね」

中継基地、観測基地、資源探査基地ではない
可能性が高いとのことだが、依然謎は深まるばかりだ。
だが、編集部は未だ世界中のどのメディアも気付いていない
驚愕の事実に気付いてしまった。
なんと、ストリービュー機能を使って施設の中を
垣間見ることができるのだ!





調査を続けると、「Google Cloud Platform」の
公式ブログに詳細情報が掲載されていることが発覚した。
これによると、グーグル社は顧客のニーズを満たすため、
地域の拡大先として火星を選択。
2018年から本格的に稼動し、
今後予想される火星移住に向けたインフラ整備等を進めるとともに、
地球―火星間のクラウドストレージサービスを提供する予定だという。

日本版の公式ブログでは、
これを米国グーグルのエイプリルフールネタであると伝えているが、
少し様子がおかしい。
というのも、この投稿は3月31日にアップされており、
4月1日のエイプリルフールに先駆けているからだ。

真相は不明だが、おそらく手違いで公表してしまった
火星基地の存在をカバーアップするために
日付の近かったエイプリルフールを使って
火消しを目論んだのだろう。

正直なところ、編集部としても情報が少なく、
また錯綜しており、混乱している状況だ。
今後、詳細が分かり次第追って報じたい。
(編集部)

というわけで、グーグルでは、エイプリールネタだと主張するが、
発見者はエイプリールネタにごまかした
リアル情報の流出だという主張のようである。

さて、そこで実際にその場所があるのかどうか
私も見てみたところ、いまはこんな感じになっている。

Gale mountain






というように、すでにマスクがかかっているから、
問題のクレーターの場所がどこなのか皆目わからなかった。

トカナの人はやはり座標を示さないとだめだろう。
あまりグーグルアースの使い方を知らないのかな?

テスラモータースのイーロン・マスクが
しきりに火星移住を唱えているように、
グーグル・アースもそれにリンクして、
火星移住計画を持ち上げたわけだ。

要するに、先遣隊や斥候としての米軍の駐留が終わり、
火星移住可能だという情報が
米人エリートの世界には入ってきているのだろう。

かつて我が国に先遣隊や斥候として
ポルトガル人のメンデス・ピントやスペイン人の
ザビエルが来た後、本体のスペインの使者が現れた。
http://quasimoto.exblog.jp/17968544/

これと同じことを火星に対して
考え始めているということでしょうナア。

最近では、ローマ法王ですら、
エイリアンが地球に来訪したら、
カソリックに改宗させると言っている按配である。

西洋人は火星に行く気満々なんですナ。

はたしてこのグーグルの火星基地は
フェイクなのか、リアルなのか?

今後を期待したい。いやはや、世も末ですナ。


おまけ:上のグーグルの火星基地の映像で、
基地の周りを取り囲むような線が見える。
一見これがグーグルの基地の画像を貼り付けた際の
区画の線のようにも見えるが、
どうやらそうではないようである。
それを調べるためにネガポジ変換してみると、
以下のようになった。



これを見て分かるように、
こういう線は人が往復したりして
本当に歩いてできた道の跡であるように見える。
だから、これはかなりリアルに近いものであると思う。
2017-06-29 / 506PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)