アルファ ロメオ「ジュリエッタ」と新進気鋭のアーティストとのコラボレーションプロジェクト | キーンエリアニュース【Keen-Area】


アルファ ロメオ「ジュリエッタ」と新進気鋭のアーティストとのコラボレーションプロジェクト




フィアット クライスラー ジャパンとイタリアファッションブランドのコスチューム ナショナルは、8月31日から9月17日まで、東京・青山にあるCoSTUME NATIONALの店舗に併設された展示スペースにて、同社所有の日本に1台のみ存在する「Alfa Romeo TZ3 Stradale」の展示イベント、「CoSTUME NATIONAL × Alfa Romeo Welcomes TZ3 Stradale to JAPAN」を開催している。

「Alfa Romeo TZ3 Stradale」は、アルファ ロメオの創業100周年と、
名門カロッツェリア「ザガート」の創業90周年を記念して、
ザガートのチーフデザイナーである原田則彦氏のデザインによって、
世界で9台のみ生産される特別なモデルだ。

9台のうち現存するのは3台で、今回展示するのは、その2番目に生産され、
インテリアをCoSTUME NATIONALの創業者およびデザイナーである、
エンニョ カパサ氏が手がけた車両だ。

アルファ ロメオとザガートのコラボレーションから誕生した
歴史的なレーシングスポーツカーである、TZ1とTZ2の伝統を継承して
開発されたAlfa Romeo TZ3 Stradaleは、長いノーズや、
切り落とされたコーダ・トロンカのテールエンドといった
TZシリーズのイメージを踏襲しつつ、
徹底的に軽量化したアートのようなフォルムに608ps/77.5kgmの
8.4リッターV10エンジンを搭載し、
世界トップクラスのパフォーマンスを有している。

エンニョ カパサ氏が手がけたインテリアには、
CoSTUME NATIONALのミニマリズムが存分に表現されている。
アルミ削り出しのワンオフパーツや本革の使用で、極めてシンプルでありながら、
高級感を演出することに成功し、ベース車両とは全く異なる印象となっている。

Alfa Romeo TZ3 Stradaleの公開期間中、同会場では、
現代のアルファ ロメオを代表する「ジュリエッタ」の最新バージョンを展示している。

この車両は、ジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデに新たに導入した新色(ホディカラー:ブラック/レッドレザーシート)で、
8月30日に販売を開始したものだ。
また、今年1月より展開している、ジュリエッタの魅力を新進気鋭のアーティストとの
コラボレーションによって表現するアートプロジェクト「I AM GIULIETTA.| THE DRIVE ART」において、
8月までに公開された作品も映像で紹介しているという。




2012/09/01 / 3983PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト