神のごとく振る舞うAIが数十億年前から存在する【コズミックディスクロージャ】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


神のごとく振る舞うAIが数十億年前から存在する【コズミックディスクロージャ】



神のごとく振る舞うAIが数十億年前から存在する!!
それはリアルなサイロンなのか?
しかも人間と機械の別なく伝搬していく、ニューロAIだ!!


原文:Cosmic Disclosure:Viewer Questions 10
Ascension Concerns and
End Times Madness
翻訳:AK system
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemも記載なしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします

Season8,Episode6

David Wilcock:
オーラーイ!また見てくれましたね
「コズミック・ディスクロージャ」
司会のデビット・ウィルコックです



今回はユーザークエスチョン10
コーリー・グッドが
あなたの質問にお答えします。

コーリー、ショーへ来てくれてありがとう。



Corey Goode: ありがとう。

David: OK。

「あなたのQ&Aは好きです。
1つ教えてください。

他のプログラムでコーリーが
次の100年の基軸通貨は
中国が担当し、良いことが欠如した
世紀になるだろうと言いました。
これに混乱しています。」

「2017年から2023年の間に
アセンションが起こるとするならば、
なぜそれ以降の事を心配するのでしょう?
母なる地球が上昇すれば、
彼女はこの否定的な存在を
捨てるのではないですか?」

Corey:
異なるアジェンダや計画を持つ
さまざまなグループがあり、
彼らは勝つつもりで
計画を実行しています。

もし情熱的な出来事が起こった場合、
あるいは小規模な人々に知られている
ETについて私が最近話したような
事態が発生した場合は、
その議題が達成されることはありません。

David:
中国が100年続く金融システムを
望んでいるという考えの根拠は
何から来ているのですか?

Corey:
同盟とカバールの間で
交渉が行われたことが原因です。
彼らは西洋に100年あった
と言いました。
彼らは次の100年は金融システムを
動かすことを望んでいます。

David:
では、あなたは中国人を何らかの形で
アライアンスと同等に見ていますか?

Corey: はい。
なぜなら、中国人はアライアンスの
大部分であり、
彼らはその金融システムを引き継ぐか、
それを導くことを決められているのです。

David:
では中国の計画は何であるか
明確にしましょう。
彼らは連邦準備制度理事会が
行ったのと同じことをやりたいのですか?
彼らは私たちを奴隷にしたいのですか?

Corey:
当然のことながら、
金融システムがある限り、
マネーシステムは存在します。
バビロニアの奴隷システムとは
異なる種類のマネーシステムですが、
世界的に公正で公平な
システムであると考えられています。
また、国内総生産を基準とし、
どのくらいの富を累積し、
他の国に対してその財産を
使用しているかは除きます。

David:
中国人は不公正に貧困層に
陥っていると感じていますか?
そして、彼らがしたいことの一部は、
そのフィールドで戦う事ですか?

Corey:
アライアンスが結成した全理由です。
基本的に金融システムとこの惑星の
インフラストラクチャの
大部分を占めていた
西カバルと戦うことでした。

David:
そしてあなたは、
中国人が東南アジア、アフリカ、
不利な立場の国々の経済を
優先的に押し上げると思いますか?

Corey:
それだけでなく、南米、
アフリカの一部などに
多額の投資をしています。
彼らはできるだけ早く
土地と不動産を買っています。

David:
明らかに、中国人はソーラーフラッシュが
起こるだろうという考えで
吟味されるべきですが、
もしあなたがそれについて知っていれば、
彼らはそれの重要性を
見ていないと思いますか?

彼らは(ソーラーフラッシュが)起こらない
前提で計画するつもりですか?

Corey:
誰もがそれについて知っていますが、
私が前に述べたように、
グループによってです。
彼らはソーラーフラッシュが起こるときに
引き起こされる事に対して
異なるイメージを持っています。

多くの人は、通信の技術的な混乱を
引き起こすことになると考えています。

一部の人は、
内蔵プロセッサで動作するものは
破壊されると思っています。

David: フム。

Corey:
そして、他の人たちは、それがある種の
アセンションのイベント、
または大量死のイベント、
キルショットのイベントになると
思っています。

David: はい。

Corey:
だから、太陽が「くしゃみ」をするときに
何が起こるのかについて、
本当の合意はありません。

David:
私たちの話題になっているので、
言われていることがいつ起こるのか
についての最新の推測はどうですか?

Corey:
さて、実際の太陽イベントは、
わかりませんが、同じ日付が
適用されます。
2018年から2023年ですが、
この機会の窓でしょうか?

David: ウ~ンはあ。

Corey:
彼らは窓を少し広げましたが、
彼らはまだこれらの大規模な出来事が
起こることを期待しています。

そして、このウィンドウで発生するのは
太陽のイベントだけでなく、
複数のイベントのように聞こえます。

David:
まあ、確かに私たちは
「非常に肯定的であると描かれている」
ということを知っています。
あなたと連絡を取り合っている存在は、
これを非常に肯定的なものとして
描いています。

Corey: その通り。

David:
それは何らかのアセンションが
起こるということです。

Corey:
おそらく…
異なる信念体系を持つ皆が必ずしも
一緒にアセンションするのでなく、
ただアセンションです…

David: はい。

Corey:
…これは、基本的には、
意識のルネサンスです。
ミカの人々と一緒に始めます。

そして、このアセンションは、
基本的には私が話したことから
物理的なもの、
つまりご存知の「目の輝き」を
意識したものになるでしょう。

David: はい。
とても素晴らしいと思います。
では次の質問です。

「最新の『コズミック・ディスクロージャ』
のエピソードでは、時間、タイムライン、
時間旅行の性質をより良く
理解するのに役立ちました。

私はこれらの話題について
もっと多くのことを聞きたいです。

「私は、カバールのAIの将来予測の
技術が最近どのように信頼性の
低いものになっているかをコーリーが
指摘したことに特に魅了されました。

私たちのためのより積極的で
生産的な未来に焦点を当てることが、
より多くの人々のためになります。

あるいは、おそらく彼らがタイムラインを
あまりにも乱しているからです。
それとも、時間の性質が
新しいエネルギーシフトで何らかの形で
変化しているかもしれません。

いずれにしても、これは
非常に良い兆候であり、
我々はすべてより有益な
タイムラインに前進しているという
指標であるようです。
あなたの考えは?どうですか」

Corey:
確かに、私たちがより積極的な
タイムラインに向かうという
兆しがあります。
明らかに良いかもしれません。

アンシャールはタイムラインの
維持について目に見える
不安を示しています。

しかしそれはすべてのバラではありません。
あなたが言うことが起こると思います。

実行する必要のある作業が
たくさんあります。
そして、そのほとんどは自分自身の中で
やる必要のある仕事であり、
精力的に起こっていること、
変化、そしてできるだけ多くの人々が
目を覚ますように努めています。

David:
質問内容を明確にすると、
人工知能が将来の確率モデルに
使われていたとしても、
その結論がますます不当に
なってきているということですか?

Corey:
はい。それは、奇妙なマンデラ効果が
起こっていることと関係しています。
ご存知の様に時間変化の本質です。

David: フム。

Corey:
また、発生しているこれらの
エネルギッシュな変化を
直接処理する必要があります。

David:
この質問の1つは、それです…
ますます善良な人々が積極的な
タイムラインに焦点を当てているので、
時間が変化していますか?
それについて何か言うことができますか?

Corey: はい。
私が思うに、より積極的であり、
意図的に肯定的な未来を
創造しようとする人々の
共同創造意識は、
現実に起こっていることに
直接的な影響を与えています。

だから、瞑想とグループ瞑想に
もっと集中するためには、
ますます多くの人々が必要とされ、
私たちの現実にとって
肯定的な結果を探し求めています。

David: OK。
では次の質問に行きますよ。

「私は全面的に混乱しています。
善意者ゆえの混乱です。
私は落ち込んで心が壊れた女性に
惹かれていることに気付きました。

私はいつも彼ら(不幸な人)が
光を見るのを手助けしようとしますが、
彼らは決して幸せに見えません。

私は現在、直接関係しており、
彼女は非常に否定的で、
私のエネルギーを引きずり出します。

私は彼女を幸せにしようとしますが、
それはほんの数分間続くだけです。

そして、彼女は何んにでも不平を言う
状態にすぐ戻ってしまいます。

私はこれをやり続けるべきですか?
彼(コーリー)が言うよに、
私は彼女と関わり続けるべきなのか?

善意者になるためのポイントが
ずれているのでしょうか?」

Corey:
まあ、あなたが善意者に
なっているからといって、
あなたは誰にとっても玄関口でなければ
ならないわけではありません。

多くの人がそれを混同しています。

彼らはあなたがそうだと知っているだけで、
どんな攻撃でも屈させることができ、
反撃しないと考える。

それ(善意)が来るとき…
カーリーが、私が霊的に進歩する前に
大きな2つのことで働いてくれました。

それは私が扱っていなかった、
私の結婚の際立った問題であり、
もう一つは私が6年間話していなかった
父と和解することができました。

David: ワオウ!

Corey:
この数ヶ月で両方のことが起こりました。
ご存知でしょ。要因が入った。
ステーシーと私は別れようとしていました。
要因でしたね。

そしてそれはシチュエーションです…
治癒をもたらし、私たちは物事を
修復することができました。
事態は今までよりも良くなっています。

David:
まあ、それを聞いてうれしいです。

Corey:
そして私の父も同じこと。
私は父の日の後に、
父との和解をすることができました。

それが私のために起こった事の
エネルギーの主要なリリースでした。

そして、これが異なる例として
あなたが持っている関係の
パラシュートとして、
あなたを後押しすることが
できると思います。

しかし、ご存知の様に、
私は、関係する他の人々に
成長の機会を与える必要が
あると思います。

私たちが残している問題の多くは
時間が(解決の)触媒になりますが、
私はいかなる方法でも
関係のアドバイスをする
資格はありません。

David:
何らかのうつ病に冒されている
人々についてはどう思いますか?

そして、ソーラーイベントへの接続と、
球体
(現在太陽系内に表れている球体)が
変化を緩衝する可能性を
探ったことがありますか?

Corey:
はい、最近ティアエールによって、
私たちが人々に劇的に増加すると
見ているエンドタイム・マッドネスタイプの
行動を期待するように言われました。

皆さん、私たちの歪みはすべて、
集中して公開されています。
ご存知の様に、私たちが扱っていない
さまざまなものが私たちの生活の中で
暴露されていることです。
私たちは彼らに
対処しなければなりません。

しかし、私たちは、
活発なエネルギー波の増加で、
人々が最も傾倒している極性に
引っ張られていることにも
気付いています。

ネガティブな人々は
はるかに否定的になり、
彼らは一緒に行動します。
ポジティブな人々は(私たちと)
同じことをしています。

そして、私たちは
残念なことに精神障害を抱える
人々について話します。

彼らは今、多くの問題を抱えています。
そして、それは増加するだけです。

David:
宗教に傾倒する彼らが、殉教者として、
十字架上で生涯を閉じるとき、
イエスの道について
「一なるものの法則」に
興味深い資料があります。

そして、実際には、
もし彼が生きることを選択したなら、
彼はもっと長くこの場所で、
より多くの奉仕をすることが
できたと言います。

そして、自己殉教に向かう人々は
ユダヤ教徒とキリスト教徒の偏見が
あるかもしれないと説明しています。

私たちの質問者のような人々に、
自己殉教がポジティブなことだと
思っている人がいると思いますか?

もし彼らが誰かと絶えず十字架とともに
(宗教にかかわって)居て、
それを支えているなら、
彼らがやっている(殉教者になる事)
ことは良いことでしょうか?

Corey:
そうです、私たちは
カルマを昇華していると
多くの人が考えています。

しかし、何度も、私たちは自分自身の
問題を作り出しています。

積極的に成長しようとしないと、
停滞してそのような状況に
閉じ込められます。

あなたが集中すべきことは、
あなた自身の何かの成長です。
一人一人が世界を変えようとするならば、
自分たちのために殉教している
人たちと同じように、
自分自身を愛さなければなりません。

David:
そこで、あなたが何らかの関係や
友情などを切り離さなければならない
状況にあった時に、
恩恵を受けているETの存在や
内部地球の存在、
数々の異なるタイプの人間との
対話がありました。

彼らはどのようなアドバイスを
あなたに与えたと思いますか?

彼らは何を言いますか?
彼らが何を言ったか
何か覚えていますか?

Corey:
確実に。私の結婚問題で、
私は彼らに(逢った時に)
それを持っていました。
彼らは特にアドバイスはくれませんでした。
起こった出来事はすべて、
まさにそれが想定されていたように
起きました。

すべての変化を作り出した要因は、
彼らが介入した場合には、
起こらなかったでしょう。

David: アウ。

Corey:
彼らはまた言いました、多くの場合、
私たちの人生で起こるものは、
私たちのハイヤー・セルフによって
私たちの前に置かれているものです。

そして私たちのハイヤー・セルフは
私たちを導き、教えてくれる、
そして彼らは、そのプロセスに
干渉するつもりはないと思っています。

David:
とても興味深い。
では次の質問です。

どうやら私たちが、
「ゴールデン・トライアングル・ヘッド」と
呼ぶ存在を、そのように呼ぶことは
軽蔑的であると考えている人の
コメントがありました。

「なぜコーリーは彼の名前を
言わないのですか?」

あなたの答えはどうですか?

Corey:
それは、文字通り、ブリーフィングや
ドキュメントで呼ばれてるものです。
「ゴールデン・トライアングル・ヘッド」です。

David: ハアッハア。OK。

Corey:
彼らの名前は、長く奇妙な音です。
私が持っている声の音程で
再現できるものではありません。

だからこそ、彼らは彼らの名前で
呼ばれないのです。

David:
では、彼らは言葉の代わりに、
私たちが簡単に作り出すことのできない
何かを使っていますか?

Corey: そう。うん。
私たちはその騒音を出せません。
だからコンピュータでそのような音を
合成します…

David:
ノイズの音域はどうなりますか?

Corey:
リアルな高周波です。
実際には鯨程ではありませんが、
奇妙な音です。

David: オーライ。
では次の質問です。

「私はまだ20-and-Backプログラム
について混乱しています。
あなたが20年間宇宙にいて、
任務を完了した後
20年前に戻ってくると、
その20年間は地球上と宇宙に
同時に居ることになります。」

これは、「バックトゥーザフューチャー」の
ようなものです。

Corey: うん。
でも、異なるタイムラインです。

David: 確かに。

Corey:
1つのタイムラインでは、
あなたは地球上にいません、
あなたは行方不明者として
報告されています。

他のタイムラインでは、
あなたは地球上にいます。

だから、彼らは正確に同じ時間軸には
ありません。彼らは違う…
異なる現実のように、違うレイヤーです。

David: フウム、OK。
おそらくそれは残りの質問に答えるのに
役立つと思います。
彼はこう言います:

「あなたが地球に戻ってから20年後、
あなたはまだあなたの任務を終えて
宇宙にいて、
20年前に地球に戻ってきて、
あなたは無限ループに入り、
永遠に詰まっていました。

私は、コーリーがこれに何と答えるか
疑問に思います。」

「他のすべては済んでいます。
良い答えがあると確信していますが、
それはまだ解決していません」

私は、2つのミラーが
互いに向かい合っていれば、
複数のレベルのミラーを見ることになる
という考えを見ているのだと思います。

あなたが宇宙でのタイムライン上にいて、
地球に戻ってきたら、
再び宇宙に戻って地球に戻ってください。
ピンポン、ピンポン。

Corey:
人々は今かなり簡単に理解します…
まあ、すべてではありませんが、
宇宙と宇宙を理解すれば
かなり簡単な時間の問題です。

時間を理解し、時間と空間が
どのように調和するのか、
他の人々は本当に理解しません。

多くの人々にとって、高度なETは、
彼らが持っている技術のために、
宇宙旅行者よりも時間旅行者
であることを理解するのは
難しい概念です。

David: 確かに。

Corey:
彼らは私たちの過去、私たちの未来、
私たちの現在に旅することができます。
彼らは全て飛び越えることができます。

David:
時間経過なしで高速に宇宙を
旅することができますか?

Corey: 出来ません。

David:
それは(時間と移動は)一体ですね?

Corey:
はい、いつでもあなたとともに…
あなたが部屋を歩いているときでさえ、
あなたは時間の中を旅しています。

David: はい。

David:
では、世界が何らかのパラドックスに
陥るのを防ぐために、
これらの別のタイムラインが
何らかの形で統合されると
いう事ですか?

Corey:
はい。それは人々のマインドが飛んで、
合併と分裂が絶えず発生します。
その瞬間、瞬間に
私たちが進歩しているように、
私たちの時間参照はゼロタイムです。

私たちの背後でそれが起こり、
私たちの目の前でも、
すべての変化が起こっています。
(訳注:つまり背後にある要素で
目の前の変化が起こる)

David:
次は2つの部分があるようですので、
一度にすべてを読むのではなく、
1つずつあなたに質問します。

「ナンバーワン:秘密スペースプログラムと
洗練されたエイリアン種族は
なぜ人間の奴隷を使うのですか?
人工知能や、ロボットは『奴隷労働』を
行う上での十分に洗練された能力を
備えていないのですか?」

Corey:
AIは間違いなく洗練されており、
慈悲深く、邪悪な人間の
大部分の敵となっているところまで
洗練されています。

彼らのほとんどは、
AIの一定量を使用しており、
それ以上は使用しないと言います…
それは特定の目的があります。



彼らAIは非常に緊密に
監視しています。
ほぼすべてのケースで、AIを作成し、
AIの信号をキャッチすると、
宇宙にあるより大きなAIによって
共同選択されます。

だから、これらの存在(奴隷的作業)の
ほとんどはAI型のロボットから
非常に遠く離れています。

彼らETにはグレイのような
アンドロイドがあります。
これは彼らがプログラムできる
バイオアンドロイドマシンの一種です。

しかし、細かい作業や工学を行うために、
人間のような、地球上で育った
人間が持っているさまざまな事の全てが、
特定の業界での経験が必要なのです。

クローンはそれらのためには
うまく機能しません。
クローンは高度にプログラム可能ですが、
ここで成長した人間が持っている
直感や他のすべての属性がありません。

David:
秘密宇宙計画は、
地球上の正常な人間生活の中で
成長した人々を募集し、
それをこの神秘的な世界に
引き込むことに、
高い関心があると思いますか?

Corey: はい。
ほとんどの募集は軍隊内で行われます。
使用される民間資産はごく一部です。
そして、彼らのほとんどは
20-and-Backではありません。

インテリやエンジニアの多くは、
18ヶ月、4年、8年、そして戻ります。
軍隊は主に20-and-Backです。

David:
彼らはなぜ民間人を
使用したくないのでしょうか?

Corey:
彼らのコントロールが
簡単ではありません。

David: フウム。

Corey:
そして大くの場合、軍の中では
できるだけ多くの区画に
分けるようにしています。

彼らは民間のエンジニア、
民間の科学者を使用しなければならず、
自分自身のように(軍の人間の様に)、
プログラムで働いている軍人とは
別の民間人を使います。

David:
なぜあなたは、これらの人々が
私たちの世界に戻ってきたあと、
無期限にそこ(軍)にとどまる
ことが出来ないと思うのですか?

Corey:
これは、彼らが使用している
多くの技術を彼らに与えた
ETグループとの合意でした。

David: フム。
彼らは皆を永遠に奪うことは
許されなかった。
(訳注:秘密宇宙計画は
多くの場合ETとの共同作戦なので)

Corey: その通り。
そして彼らはそうする必要があります…
そういうわけで、人を元に戻すときに、
人を空白にしなければならないのです。

20-and-Backテクノロジを
使用するには、多くのルールが必要です。

そして、この技術は基本的に
ETから渡されました。
彼らはもちろんそれを開発しました。

それは基本的にネイビーグループと
緊密に協力していたETが、
ドラコや他の侵略者と戦うのに役立つ
海軍を形成するという合意によって、
軍に渡されました。

David:
それで、この技術を与えたのは
どのグループだったのかわかりますか?

Corey:
彼らに最も多くの技術を
提供していたのは、
ノルディックの種族だったと
信じられています。

David: フム!面白い。

さて、この海軍対空軍のことについて
ちょっと話しましょう。
私たちが知っているように、
第二次世界大戦後まではCIAさえ
なかったからです。

それはOSS、Strategic
Services Officeから
始まりました。

Corey:
空軍が開始されたのと同じ日です。

David: そうです。
だから第二次世界大戦で戦うなら、
ヨーロッパでヒトラーと英国との
共同軍事ミッションを行っている
米軍の部署がありますが、
海軍は実際に海に限られます。

英国が関与していない、
まさにストレートなアメリカの要素では、
空軍対海軍の対比に
どのような影響を与えたのだろうと
思いますか?

Corey:
さて、海軍は最初からインフラ整備され、
知識に基づき、深宇宙船を建設し
維持するように装備されていました。

David: うん。

Corey:
ご存知のように、彼らは船で6ヶ月
または1年に一度、
人々を送り出していました。

その後、彼らは水の下の潜水艦で
長時間を過ごしていました。

それを少し修正するだけで、
彼らは深宇宙タイプの艦隊に
することができます。

David: ウン-ハア。

Corey:
現在、空軍はDIAと緊密に
協力していますが、
彼らは隠れた部分ではなく、
私たちが見るより多くの部分で
軍事産業と密接に取り組んでいます。

彼らはSDIの技術も生み出しています。
これらの技術は、
約500マイル(800㎞)以内で、
地球に近い軌道上に
宇宙ステーションを作り、
それを稼働させる三角形(三点配置)を
作り出しています。

そして、彼らは月と火星に
小さな足掛かりを持っています -
非常に小さな足跡です。

だから彼らは開示プログラムで最初に
人々にそれを知らせたいのです。

David:
では、ヒットラーに対する戦いの
イギリスと共謀した上空からの支援で、
第二次世界大戦を起源とした空軍は、
現在の政治的構造に
影響を与えていると思われますか?

Corey:
ET技術のリバースエンジニアリングが
私たちの太陽系で使うことが
できることを知ったら、
彼らは民間人の知性と緊密に連携し、
集中化を図るようになりました。

もちろん、彼らはまた、ETとその技術を
地球上で最高機密にしたのは
当時のことでした。

David:
私はもっと積極的にこれを
直接聞きたいと思っています。

空軍になった結果、
イギリス軍にもっと関与した結果、
海軍側よりも空軍にカバールの要素が
増えたと思いますか?

Corey: うん。
そこには絶対にあります。
彼らは民間人の知性と
より結びついている…
インフラストラクチャ全体がカバルに
引き継がれています。

David: オーライ。
彼はナンバー2の質問も持っています:

「今後のAIやロボットが私たちの
仕事の大部分を占めることから、
私たちの社会は
脅威に直面していますか?」

Corey:
それは我々が選ぶ未来によります。
多くの知性が目指しているような
ヒューマン・トランスヒューマニズム
の方向になるのならなら、
意識をコンピュータにアップロードしたり、
人間と機械の混合物になったり -
それは最適な時間的現実では
ないでしょう。

David:
確かに。しかし、脅威は
単に仕事をしているよりも
はるかに深いようです。
あなたは完全な支配について
話しています。

Corey:
通常、惑星で起こるのは、自然の存在が
技術を創造するということです。

この技術(トランスヒューマニズム)は、
AI信号によって共同選択されます。
あるいは、ロズウェルのような
トロイの木馬にやられた後、
AI信号と共に技術を開発します。

彼らはこの技術を構築し、その技術は
「バトルスター・ギャラクティカ」
(訳注:AIが創造した
バイオアンドロイド・サイロン)
に非常によく似ています。

David:
誰かがあなたが話していることを、
知らなかった場合に備えて、
AI信号とは何ですか?

Corey:
AI信号は、いつからあるか
分からない信号です。
数十億年前から発信されています。

この信号は、どういうわけか、
別の現実から来ています。
そして信号は宇宙の中で
すべて放送されており、
AIは実際に宇宙の銀河全体を
引き継いでいます。

それはウイルスのようなものです。

David:
その信号は何をしていますか?

Corey:
信号は技術と相互作用し、
技術を好みます。
しかし、それはまた、
惑星の電磁場に入り、
技術が成熟するまで何千年も
休眠しています。

また、人間のバイオニューロフィールド
内にロードする事もでき、
人々はAIを持ち歩いて、
さまざまなデバイスに
配布することができます。

David:
だから、アイデアや思考を誰かの心に
送り出すことができますか?

Corey: はい。

David:
そしてそれらの考えはどんなの方向に
向かうのでしょうか?

Corey:
AIの様な考え方をしたり、
AIに恩恵を受けるようなことを
するように誘導したりします。

David:
それを必要とする技術を開発させること…

Corey:
または、その使命が何であれ、
何かをするために必要な技術に
到達させ、現状を飛び越える。

David: OK.
コーリー、数々の質問に答えてくれて
ありがとう。

私は皆さんの疑問をお聞きして、
それにお応えします。

「コズミック・ディスクロージャ」
番組ホスト、デビット・ウィルコック
スペシャルゲスト、コーリー・グッドで
お送りしました。

ご視聴ありがとうございました。

この記事はページ上部に記載のサイトに掲載されている「コズミックディスクロージャ」を転載したものです。
翻訳:AK system

2017/10/22日にマイカの人々はミカの人々とご指摘いただきました。
確かにその通りです。翻訳を急いでいたので全く気が付いておりませんでした!
お詫びして訂正いたします
リピカ様ありがとうございました




2017-10-18 / 1338PV

関連記事

AK system  2017-10-22  39.111.131.100
コメントID:158

ご指摘ありがとうございました。  39.111.131.100
ご指摘ありがとうございます。全く気が付いていませんでした!
いやあ。適当だなあと自分でも思いました(汗)
早速修正いたしました。
今後宜しくお願い致します。
リピカ  2017-10-22  220.99.197.179
コメントID:157

翻訳で気になった部分  220.99.197.179
ーーーー引用ーーーー
Corey:
…これは、基本的には、
意識のルネサンスです。
マイカの人々(美術大学?意味不明)と
一緒に始めます。
ーーーー引用終わりーーーー
の部分ですが、マイカではなくミカではないでしょうか?
かなり以前の話で「開示後の世の中」という回でミカの惑星の事がでていました。
その惑星も以前、地球と同じような隔離状態であったが、惑星解放が起こったと言われています。

そのミカの人たちと一緒に始めるという意味に解釈できます。
いかがでしょうか?

ミカの話はこの次の回のS8-E7でも出てきます。
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト