6万7000年前に私たちは6本指から5本指にDNA改変された!!【コズミック・ディスクロージャ】 | キーンエリアニュース【Keen-Area】


6万7000年前に私たちは6本指から5本指にDNA改変された!!【コズミック・ディスクロージャ】


原文:Cosmic Disclosure: UFOs under Antarctica and the Five-Fingered Mystery
Season 7, Episode 30
翻訳:AKsystem
※最近無許可で当サイトのURLも訳者名:AK systemも記載なしでコピペされているサイトが散見されます。使うなとは言いませんが、自己のオリジナル記事の体で掲載するのは固くお断りいたします

2億5000年前に銀河を航行する人類が、この地球上に存在していた!!
そしてそれらの末裔は単なるブームで私たち地球人のDNAを改変し、
6本指(または3本)を5本にした!!

David Wilcock:
「Cosmic Disclosure」へようこそ。
この番組のホスト、デビット・ウィルコックです。

そしてもう一人、ピート・ピーターソンです。
ピートお帰りなさい!

Pete Peterson:
サンキュー。

David:
前回では、地球へやってきた
巨大な地球外生命体に関する
エピソードを話しました。
そして、私たちはクリフハンガーで
(物語のフライマックス)
終わってしまいました。

あなたが知っている限り、
南極ではクラッシュがありました。

衝突があって最も低くなった土地は
まるで熱帯の気候でした。



何が起こったのか少し教えてください。
そして、37フィート(11.27m)の
高さの人について
何か言うことがありますか。

Pete:
それは私の理解では、
その中の人々(地球に降り立ったエイリアン)
の一部です…
その場所は氷の下で最も深い場所なので
我々はそれを「最低のクラッシュ」と呼びます。

その時に何が起こったのか…
宇宙船の墜落事故です。
ハイテク技術を持っている人々は
クラッシュすることなど少ないだろうと
思われています。

しかし、銀河を横断するような旅行では、
その様な事態になる事実もあります…

彼らは多分タイムワープはしていません。
恐らく長期間にわたって
問題なく人を眠らす技術は
持っていませんでした。

David:フム。



Pete:
ご存知のように、
起こるべきことは起こります。
そして、人間、現代人、古代人、
あるいは私たちよりはるかに知的な人間
完璧を目指して物事を構築します。
それでも彼らはまだ問題を抱えています。

良いものを作るための
電子部品があります。
私たちは宇宙のために
たくさんの素晴らしい物を作ってきました。

我々はそれらを構築して、
マイクロメートル隕石などに
当たらないようにしました。

私たちはいくつかの理由で
それらを構築しましたが、
私たちはまだ
完全を手に入れていません。

彼らがクラッシュするのも当前です。
UFOのクラッシュはたくさんありました。

David:
彼らは戦争に巻き込まれた
可能性があると思いますか?

Pete:
まあ、今はいつもあります…
常に戦争があります。
しかし、地上のような
オペレーションシステムがありました。
言い換えれば、
これら初期のクラフトの多くは、
惑星近くでの航行は、
磁気線に基づいて操縦されていました。

さて、あなたが極の近くに近づくと、
磁力線は平行になるのではなく、
曲がりくねって極に向かいます。
表面に平行して進むことが出来ません。

David:はい。

Pete:
そして、電磁気または地磁気の極に入る。
地磁気の上で安定するクラフトがあります。
そして突然、それは横に吸い込まれて
下に入ります。

南極と北極地方では、
かなり多くの衝突があったのです。

David:
磁場にこのような問題があっても、
なぜそこに着陸しようとしたのか、
その地域では望ましいことが
あったと思いますか?

Pete:
さて、なぜそこに行きたいのか?
なぜそこに巨大な氷のステーションが
あるのだろうか?
そこにはさまざまな環境で起こる
あらゆる種類のものがあります。

有機化学物質、有機生化学物質が
多く生成されています。
そこで起こる可能性のある生成は、
内向きの重力ではなく
下向きの重力がある場所では
起こり得ないものです。

ミネラルや金属の処理、
半導体の処理作業は
重力が異なる場合や
電磁場が異なる場所で
可能になることが多くあります。

David:
あなたの知識では
この船のおおよその大きさは何でしたか
-最も古いものはどの位ですか?

Pete:
私の考えるところでは、
最も古いものはおそらく直径約300、
おそらく直径約300フィートでした。

David:
現代どのように発見されたのですか?

Pete:
発見したのはスパイ衛星でです。

David:
私たち(現代人)は何時そこに降りて
この船を探検しようとしたのですか?

Pete:なんと、
そのころ私は16歳だったから
知らないんだ。

David:フム。

Pete:私は77歳

David:今?

Pete:60年も前。

David:
60年前?今2017年、我々の話は…
私たちは1950年代後半の話しを
していますか?

Pete:そう、そう。

David:
この種の発見に関する興奮のレベルは
どの位でしたか?
つまり、それはロズウェルよりも
面白いと思います。

Pete:
まあ、それが何だったのか
正確にはわかりませんでした。
最初は塊だった。知っていますか?
それは塊であるが、
自然によって作られたような塊ではない。
それは人工的な塊でした。

David:はい。

Pete:
言い換えれば、それらの幾何学的構造は、
人が作ったであろうものでした。
それが私たちを興奮させたのです。

しかし、ご存知の通り、
それらは氷の下3マイルです…
適切な服がなければ、
人は30秒で凍死します。

そして、そこを探検するには、
特別な道具を持たなければなりません。
深さ3マイルです。
どうやってそこに行くの?

それは谷底にありました。
周囲は山で2? か 3マイルの高さです。
つまり3マイルの深さに埋まっているのです。

David:はい。

Pete:
そこにあることは解っています。
そこにある事が事実ですから、
その上に氷のステーションを作りました。
そして最終的には…

そこへ至る穴を掘るか
下へ降りる道を探すのです。

さらに、今のところ、その地域から
明らかに人工物が見つかっている
層があります…
氷の厚さは、3マイルプラスマイナスです。

David:
誰かがハッチやドア、
または最終的に船に入れる場所を
見つけましたか?

David:No.

David:OK.

Pete:
それはまるで…
それはまるで…植生の様でした
沢山の植物に覆われているため、
炭素が電波を吸収してしまい、
私たちが持っていたレーダーでは
ぼやけています。

その為(直接)見なければ
ならなかったものです。

しかし技術の進歩により、
同じ画像を見るのにも、
より良い方法を見つけました。

David:さて、最終的に我々が
船体に到達できたのなら、
船体の様子を見ていただけますか?

Pete:
おお!私たちは作りました全部氷です。
氷の穴を作りました。
─ピートはデビットが船体でなく
穴の状態は?と言ったと勘違いした─

David:OK。

Pete:
だから我々はそれを掘り出している。

David:
最終的に船体に着いたときに
何を見ましたか?
船体はどのように見えましたか?

Pete:
そう、それは金属的だった。
そして長くて管状だった。

David:
そこに行った…
それには何らかの構造物はありましたか、
それとも完全に滑らかでしたか?

Pete:
リベットが付いていましたが、
面取りされたリベットで、
頭は飛び出していません。

…表面からオフされています
(つまり平面仕上げ)

David:
船体の材質に
変わったところはありませんか?

Pete:
ああ、はい、非常に珍しい、
非常に珍しい特性です。
─私たちが今までに見たことがない-

これは普通のことだと思います。
私たちは通常の素材とは異なるものを
今まで見たことがありませんから。

つまり、核と非常に多くの陽子、
非常に多くの中性子があります。
そして電子リングがあります。
その周りにさまざまな輪があるとしましょう。

David:
はい。周期表があります。
それがすべてです。

Pete:うん。
しかし、私たちはそれができることを
いくつか発見しました…
…放射線で変化させることができる
ものがあります。

例えば、水分子のように使用されています…
水は私たちの歴史と同じくらい長く
癒しのために使われてきました。

そして彼らが治癒のために
水を使用する方法は、
彼らが手をかざしてそれを
違う物性にすることです。

David:
つまりあなたは、
船体に物質科学の
ブレークスルーがあったと
言っていますか?
教えていただけますか?

Pete:
ああ、絶対に。
それが何だったのかは分かりません。
それは私のものではなかった…
なぜ私は当時関わったのでだろう。

David:
しかし、船体について何が奇妙でしたか?
私たちが観察できる物理的なものは
何でしたか?

Pete:
ああ、船体には奇妙なことがあった、
それは以前からそこにあった。
歴史と同じくらい古いものでした。
人間に先駆けてずっと前に、
人間が存在するよりずっと前に、
類人猿が存在するずっと前に
人々がここを訪れたことを知りました。

私たちは数多くの
「完全な変更」を行ってきました。

David:
あなたは以前に、
船体から一片を切り取って
サンプルをとろうとした時に、
何か奇妙なことが起こったと言ってました。

Pete: うん。

David:何が起こったんです?

Pete:
切り取れなかった、
それは引き離されなかった。
ハ、ハー。元に戻ったんだよ。

David:元に戻った?

Pete:
何かの一部であるかのように曲がった。

David:
重力の影響で
奇妙なアトラクションがありましたか?

Pete:
いいや、それは周りに
インフォメーションフィールドを持っている…
15年の研究で判ったのだが、
一連の科学があるんだ。
…情報を扱う。

David:
船体は自己修復性を持っていると
言っていますか?

Pete:
そうセルフ…
それは自己保護の性質を持っていた。

David:
もし私がパーツを切り取ろうとしたら、
そのパーツを船から
引き離そうとすればどするだろう?

Pete:
まあ、おそらく、
ダイヤモンドの鋸で始めるでしょう。
今日、ダイヤモンドより4倍硬い
立方晶の亜硝酸鉛もあります。
ダイヤモンドをバターのように切れます。

それは何らかの鋸で始まりました。
あなたはトーチで始めたかもしれません。
私たちはトーチを試しました。

トーチで金属を溶かして、
その部分を引きはがそうとしても
元に戻るのです。
まさにそれがもとの金属になります。

David:ワオ!

Pete:
そして、動かすことが出来ない。
卵白のようにプルプルする。

David:
それはナノロボットではないですか、
材料の中にナノが存在していた
可能性があると推測はしましたか?

Pete:NO。

David:はあ~。

Pete:
わたしが思うのは…
当時その場所で
それは使われていないでしょう。

David:
船に大きな亀裂があったら
どうなるでしょう?
それが特定の地域で壊れたとしましょう、
水が入って、それが氷に変わり、
氷が広がるでしょうか?

Pete:
その様にはなりませんでした。

David:どうなりました?

Pete:自己治癒です。

David:ふ~む。

Pete:
つまり、亀裂でなく曲がるんです。
まるででそう…
靴のソールは平らにできていても、
歩くときは90度以上曲がります。
それでもダメージは受けません。

その金属は非常に、非常に、
非常に柔軟でした。

David:
では、氷が溶けて水に変わったとき、
船殻に亀裂があれば、
亀裂はどうなりましたか?

Pete:OK,
私たちが話していることは、
氷が凍ったときに膨張する
クラフト内部の氷です。

David:はい。

Pete:
それは特定のエリアに圧をかけます。
共にフィットする6面のタイルで
デザインされたかのように見えました。

そして、それは磁石を使って
遊ぶのと同じように、
磁気的に一緒にくっついたものの、
融合でした。

David:ワオ!

Pete:
そして、
あなたがその物を裂くことを試みたとき、
レンガの様に、レゴブロックのように、
レゴブロックと同じ技術的ではないですが、

David: OK。

Pete:
すぐにフィットします。
だからそれは明らかにそれを止めます。

それはまた、元の時間、その時に現れます…
覚えておいてください、
当時は半熱帯ではなく、熱帯地域。
熱帯地域だったのです。

それはそこに移動されたかも
しれないように見えます。
それが起こった(墜落)の後の
凍結のように見えるので、
その一部がそこに移動した
可能性があります。

このクラフトは完全に防水で
あったからです。
内部に水が入ってから凍結が始まり、
圧力がかかり始めると、

これらのブロックが離れ始めます。
彼らは信じられないほどの
磁石を持っていたので、
それは磁気的に繋がっていたかも。

しかし、とにかく、
これらが分かれたように見え、
水が中に入った後、
それが凍ってしまい膨張により、
いくつかのものが離れてしまった。

そして、それのいくつかに熱が発生して、
─熱が発生すれば、その中に
どんな機械があるのか、
どんなコントロールパネルがあるのか
知ることが出来ます─
離れたパーツが戻ってきました。

David:ワオ!

Pete:
そしてそこには何も問題がなかった…
解りますね。なにも起こってない。
…恒久的に曲がったようなパーツは
ありませんでした。

David:
乗員のためのリビングはありましたか?
シップの1/4位のリビングです。

Pete:
再度、それを見たのは、
私の調査の時じゃなかった。
それはずっと、ずっと後だった。

David:OK。

Pete:
彼らは長い間そのことをしていました。
私たちは小さな穴を手に入れた…
ルナ・ランダー(月着陸船)の中ぐらいです。
判ります?3?マイルそこを降りるんですよ。
ハ、ハ。

David:ハ、ハ。

Pete:
コントリショニスト(曲芸師)だった人を
何人か雇って、
「(穴の)中のスタッフ」として
挑戦してみようかと思いました。

David:
それで、
あなたは二番目の層にあったものと、
もっと接触していると言いましたね?

Pete:そう。

David:
では、それを少し話しましょう。
まず、最初に教えてください。
下の層の船と二階の船との間には
何らかの関係がありますか?
彼ら(同じ人種)でしたか?…

Pete:
彼らは地球外生命体だった。

David:OK。

Pete:
それは共通の最大の問題です。
おそらく、少なくともその1つは、
動力を与えられていました
…反重力です。

David:
もう一つは?どういう意味ですか?

Pete:
2つめは。
それは同じ回転質量と電磁を持った、
反転するローター、カウンターローター。
電磁反回転、電磁場を持ってたんだ。

今日の私たちがほとんど何も知らない、
別の原理だと思います。

David:
「今日の」とはどういう意味ですか?

Pete:
まあ、3つの層があります。

David:OK。

Pete:
3つのクラッシュがあった。
そして不思議なことに、
1回目の墜落は約1マイル、
2回目の墜落は約2マイル、
そして3つめは約3マイルです。

David:
フム。それで、2番目のクラフトで
何が発見されたのか少し教えてください。
それはもっと新しいものでしたか?
…私が思うには…

Pete:
オオ、ずいぶん違う。
それはまったく別の宇宙から来た、
私は確信しています。

David:OK。

Pete:
似たような部分もあり、
それらの社会の間に商業的な
交通/通信があると私には解った。

David: フム。OK。

Pete:
そして全く異なるコントロール。
それらの人は3本の指を持っていて、
コントロールパネルのくぼみに
手が収まる場所がありました。

そしてそう…
2つの親指、両側に1つずつ親指、
そしてメインの指を持っていました。

David: フム

Pete:
そして私たちは後にバベルの塔の上で
(訳注:人類の歴史や文化という意味)
私がどのように動いて、
どのように混乱しているのかを知ります。
私たちは現在5本の指を持っています。

5本の指があるので
私たちは十進数を持っています。

David:
これらの人々が3本の指を持っていた場合、
計算で基数6を使用したと言っていますか?

Pete:
私は多くの、長年の友人がいます、
ここ30年~40年についての本を
出版しようとしています。
そして私達は数学のすべての99%が
絶対に間違っていると証明できる
基数6の数学を発表します。

David:
私たちは彼らから
このシステムを継承しましたか?
このベース6のシステム。
あなたはどう思いますか?

Pete:それは、私の友人が
今までの約13年間に
ベース6システムを調べている理由の
主な理由だったと思います。

David:OK。

Pete:
私は彼らとは思わない…
彼らは私たちに
教えてくれなかっただけでなく、
彼らがしたことは3本の指を5本にしたか、
6本を5本の指にしました。

私が書いた言葉ですが、
これは6万7000年前に戻ります。
(訳注:つまりそのころ人類のDNAが
改変された)
私が書いたことは、
それが3からか6からなのかは解りません。

David:
そして1分に60秒、1時間に60分、
1日に24時間という興味深い
タイムカウントシステムがあります。

このようなものの多くは、
性差別型のシステムと呼ばれます。
タイムシステムには6つのものが
たくさんあります。

私は、これが相続した財産なのでは?
と疑問に思っています。

Pete:
それはすべてにある。
私は、宇宙は6面のタイルで
タイル張張りで出来ていると
言ったことを覚えていますか?

David:うん。
それは神聖な幾何学と関係しています。

Pete:身体、精神、精神の
3つの宇宙があります。
父、息子、聖霊。
それはどこにでもあります。

そして、6に基づいた
数学的なシステムを使うと、
すべてが変わります。
Pi(パイ)は長い、長い、10億の
長い乱数になるのではなく、
単に3つのグループの
単純なシリーズになります。

David:
私たちがpiのようなものを見ると、
今のところ、繰り返される3.14159が、
基数6でそれを行うと
整数のようになりますと言うことですか?

Pete:完全に。

David:
なるほど。それでも小数点は使えますか?

Pete:
無限というものはありません。

David:うーん、本当?

Pete:
そこに行く必要がないんだ。

David:
あなたが言っているこの特別な数学で、
ベース6でそれをやったら、
piには何が起こるでしょうか?

Pete:
実用的な見地から、
3.1415のようなpiを使って
どこで利用するんだ…ええ~と?

David:はい。

Pete:
ある時点を過ぎた小数点が実用的?
ご存知のように、10億分の1インチです。

機械加工や物事のために
物を作っている原子の次元よりも
小さい値で。

その点は、知ってますね、でもOK。
とってもナイスです。
それが天文学的な次元や形や距離で
私たちをどこに導くのかという点では
非常に重要です。

つまり、700光年以上進むときには、
10億分の1度の違いで、
50億マイルずれてしまう。
(訳注:一般的には
そんな機会はないという比喩)

David:
確かに。さあ、本題に戻ります。
あなたはこの存在に3本の指があると言った。
あなたは2本の親指で、
彼らは(パネルに)押し込んだと言いました。

Pete:はい。

David:
それで船を実際にコントロールする
方法についての情報を
もっと教えてください。

Pete:
まあ、それは私の仕事でした、
指でどうやってコントロールするんだ?
そしてそれはシートではなくて、
手を埋め込むタイプのパネル…
彼らは私たちと幾分似ていました。
だから腑に落ちた。

そして、手がちょうどそれに収まる感じで、
肘にフィットするようなクランプがあった。
前腕に丁度合う長さで、
それを下に降ろして使う。

そして軽くストレスを与えて使う。
(訳注:フライバイワイヤのような使い方)
もしくは持たなくても使えただろう。
何故なら軽いクランプだから。

David:
本当にリアルですね。
指は私たちよりも長かったのですか?

Pete:
イエス。はるかに大きい。かなり大きい!

David:本当?

Pete:
おそらくそれはこの位。
[ピートは指と指を広げて
約8インチの距離を表示します。]

David:ワオ!OK。

Pete:
そして両側の短い指。

David:
私は彼らが船をどのように操縦したかを
理解できないんです。

Pete:
まあ、彼らは指を動かしました。

David:
それでどうなります?

Pete:
船を制御するすべてのもの、すべて。

David:OK。ワオ!

Pete:
うん。
手を収めるユニットは、
片面の手袋のようなものでした。
実際のユニットは指だけでなく
全体が移動したので、
より多くの制御パラメータがありました。

一つは安定を、一つは仰角を、
そして一つはスピードを制御しました。

David:
指にはどれくらいの関節が
あったのでしょうか?

Pete:
私が見たところでは、
彼らが似ているのは…
関節ではなく、ワームやヘビのように
できています。
しかし、私の理解では、
彼らには彼らの関節があったということです。

David:
もしこれらの存在に3本の指があり、
私たちが5本の指を持っている。
という理論があるとすれば、
何らかの形で私たちのDNAを
意図的に改変しましたか?

Pete:
それがバベルの塔のすべてです。
私は、私と一緒に働いていた
数学者/哲学者を見てきました
…私が見たのは…

過去に見た事から、
過去にバベルの塔とその言語を
混乱させることは、
私達にとっては意味がありませんでした。

沢山の事が起こりました、
言語を変えることよりも
はるかに多くの事が発生しました。

David:
はい。馬鹿な事を言わせてもらえば、
誰でも、子供でも理解するでしょう。
8歳の子供がいるとして、

─私は彼らがばかだと言っている
わけではありませんが─

彼らはバベルの塔について
聞いたことがないかもしれません。

ある時には皆が同じ言語を話し、
お互いに話すことができた
という考えがあります。
そして、何かが起こって、
私たちは別々の言語を持ち、
離れて広がったのですか?

Pete:いいや。

David:OK。

Pete:そうじゃない。

David:
バベルの塔は何だったのか
説明できますか?

Pete:
それはまったく別のやり方だった。

David:オウ!

Pete:
誰もが、すべての異なる人種は、
光年、または何百万光年先から来ました。
彼らはすべて全く異なる言語を
持っていました。

私たちは地球上で
共通の言語を持っていました。
地球上には数多くの宇宙人がいました。
そして、私たちは話すことを学ぶように…
アフリカには共通言語があります。
スワヒリ語は共通の言語です。

David:
では、あなたは、地球上に居る
地球外の移民すべてのための
共通の言葉を作る試みがあったと
言っているのですか?

Pete:
考えればそれが自然な事。

David:
では、それは5本の指と
どのように関連していましたか?

Pete:
そうそれが私の考える事。

David:OK。

Pete:
そこに行きつきます。

David:OK。

Pete:
そう。だから私は私たちの言語を
混乱させるはずだった
バベルの塔を見ている。
それは私にとって科学的・数学的には
全く意味を持たなかった。

だから私はどこで学ぶつもりか?
まあ、私は、バチカン図書館には
タワーというタワーの80%が
含まれていることを知っています
…またはアレクサンドリアの大図書館、
燃えなかった部分。

しかし、
私たちは地球上に住んでいて、
地球上を走り周り、
住んでいる数多くの人々を経験しました。
そして私は言いました、
それが意味をなさなかったので、
私がする必要があるのは、
バベルの塔で起こったことを見ることです。

そして私が見つけたのは、
彼らがしなかったものでした…
彼らは言語の一部を変更しました。
そう、彼らはそれらのいくつかを
混乱させました。しかし、彼らも…
彼らがした主な事柄は、
カウントベースを変更したことです。

あなたは0から5の数学で
事を行うことができるので、
それは世界のすべての意味になりました。
あなたはそれを使って何かをできます。
それなしでできることとは全く異なります。
そしてそれは非常に微妙ですが、
非常に重要です。
それはあらゆるものを科学的に変えます。

David:
そういう意味で5本の指の発達が理由で
理想的な数学を
捨て去ったと言っていますか?

Pete:
3を使うことができるか、
6を使うことができるかで、
私たちは完全に投げ捨てました。
それはちょうど2つの3です。

David:はい。

Pete:
2つの5なら10になる。

David:
これだった…
あなたはこれを考えていますか?
…この決定で
私たちに5本の指を与えたならば、
それは自発的に行われたと思いますか?

Pete:
いいえ、自発的ではありませんでした。
彼らは単に私たちを変えました
-ブームで!

David:
OK。なぜ彼らは地球上の人々を
混乱させたいのですか?
目標は何でしょうか?

Pete:
人間、または知的な存在の哲学は
ほとんど同じですから。
私たちは生き残ろうとし始めました。

そして私たちは生存の仕組みを
持つ必要がありました。
そして数学を思いついた。
そして、私たちがやったことなど、
工学や物事を行うためには
数学が必要でした。

ベースの数字は
任意のベースで行うことができます。

David:はい。

Pete:
私たちのデジタル世界のすべてが基本2
0と1のようにです。

David:
数字3について何が特別なのですか?
この番号体系に本質的なもの
3とは何ですか?

Pete:
OK。わたしは知っている限り、
情報の世界については何も知らない。
情報の世界とは私たちが住んでいる
世界の構造です。

3は宇宙全体の構造です。
宇宙のすべてが3のように見えます。

David:
いくつかの例は何ですか?



Pete:
サイズ、形、重力、旅行、光の速度、
光、エレクトロニクス、
あなたが知っている、すべて。
宇宙の物理的なものはすべて
3に基づいています。

それはすべてのポイントです、
どれくらいの数であっても意味があります…
例えばあなたが…
私は海兵隊で10年を過ごしました。
そして、あなたは1人が3人を
コントロールできることを学びます。

David:フ~ム。

Pete:
あなたは小隊司令官を1人持っており、
彼は3つの分隊を持っています。
各チームには3つのファイアチームがいます。
各消防チームには3人の人がいます。

そして歴史の中で、
ほとんどすべての教会の構造を見て、
法王を持っていることが解ります。
そして、あなたが知っていることを
繰り返し知ります。
そして、彼らは副司教を持っています。
それはどこにでもあります。

そして、宇宙の情報のタイリングは、
6面のタイル上にあります。
サッカーボールのようなものです…

David:はい。

Pete:
…これは6面のデバイスを作るための
3つの三角形です。
だから3、6、12を使うことができます。

見てください…最後の番号を取る。
それは10ではない、それは9。
1,2,3,4,5,6,7,8,9である。

David:なるほど。

Pete:
あなたは9を見ます。
9の1は9、2の3倍は6。
9の2倍は6の3倍です。
6+3は何を意味する?9。

3の二乗は?9。
5を見れば45。5+4も9だ。

David:はい。

Pete:
9×7を取れば63。6+3は9。

だから、ネットに織り込まれているように、
それがベースネットとして
どのように広がるのかはとても面白い。
ネット全体は3に基づいています。
どこでも、あなたは6面でジャンクションに…
それは6面のタイルです。

それらのタイルの並んでいるところでは、
3つの接合点を持っています。
(訳注:つまり6面体の接合点は3)
すべての交差点には3つのものが
集まっています。

David:
これがフラクタル数学と
関係があるのかどうか不思議ですね。
そのマンデルブロ集合を拡大すると、
同じ構造が何度も何度も現れるのを
見続けるからです。

Pete:
はい、それが基本なら、
それはすべて6面であることがわかります。

David:
ああ!あなたはテスラが3について
何を言ったのか考えていますか?

Pete:
私の祖父はコロラドスプリングスの
テスラの右腕だった男です。
私はそのすべての情報を持っていて、
私が子供のころから教えられました。
そして、はい、テスラは知っていました。

テスラはエンジニアの一人でしたが、
明らかに訪問しました。

David:なるほど。

Pete:
彼はそれを理解しました。
しかし、それは彼ら(カバール側)にとって
不幸なことでした。そうです…ハ、ハ。
(訳注:これは苦笑い)

彼は私たちの地獄を怖がっていたので、
そして彼は一生上手くいかなかった。

David:
うーん。オーライ。
そろそろ時間が無くなりました。
南極に関する話や、3の魅力的な話、
そして生理学に組み込まれ、
自然にそうした方法を
数えた人たちについては、
さらに多くの話があります。

今後「コズミック・ディスクロージャ」で
すべて取り上げる予定です。

ピート・ピーターソンとお送りしました
ご視聴ありがとうございました。

この記事はページ上部に記載のサイトに掲載されている「コズミックディスクロージャ」を転載したものです。
翻訳:AK system

2017-08-16 / 1306PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト