【コズミック・ディスクロージャ】「映画アバター」は事実のレポートだった!! | キーンエリアニュース【Keen-Area】
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト


【コズミック・ディスクロージャ】「映画アバター」は事実のレポートだった!!


原文:Cosmic Disclosure: Viewer Questions8:Protocols and Loopholes
Season7,Episode26

Season7,Episode26


DavidWilcock:
「CosmicDisclosure」へようこそ。
この番組のホスト、デビット・ウィルコックです。

コーレイ・グッドが視聴者の質問に答えます
そしてコーレイ、プログラムにようこそ。

CoreyGoode:
サンキュー。

David:
オーケイ最初の質問はこれです

「あなたがこのショーで、『信頼できるインサイダー』と
人々に認められるよう、ガイアは導いてくれましたか?」



Corey:
そうですね、私はこのショーのチームによって
信頼に足る者かどうか、「査定」を受けたうえで
出演することになりましたが、
当時の私は彼らが誰であるかすら知りませんでした。

私の最初の出会いは質問からでした。
-当時私は質問されるとは思っていませんでした-
部屋に2,3人、確か3人でしたが、
テーブルの周りに座って質問を投げかけられました。

そして私は約20時間にも及ぶ
質問に答えることよって、
このショーの一員になりました。

David:
それであなたが尋ねられた
質問の性質は何でしたか?

Corey:
非常に深く、非常に複雑な質問で、
同じ質問が後で別の方法で戻ってくる。
そうでした…。
彼らは非常に徹底的で、やりにくい質問でした。

最初、テーブルの周りに座っている人々は、
懐疑的なようでした。
[コーリーは疑惑と懐疑的な表情を表現する。]

私たちがその過程を経ていくうちに、
私のエピソードを始めるように誘われ、
彼らの表情が明らかに変わりました。

David:
コーレイ、私の番組の「査定」のプロセスを
話してもらいました。
これは重要なポイントだと思います。
このショーを見て、多くの人々が気づいていないことは、
ヘンリー・ディーコンのように、
公に何も言わなかった人が
前に出て来るようになったという事です。

もう1人は、いわゆるモントークプロジェクトに
携わっていたこの男ダニエル。
そしてもう一人の男ヤコブです、
私は新しい本で全面的に取り上げています。

一番重要なのは、
私が秘密の宇宙プログラムに関する
非常に興味深い、ストーリーを知ったことにより、
現実がいかに進行しているか
知ることが出来るようになった事です。
文字通り何千もの公開されていない
情報が解るようになりました。

そしてあなたと私が話し始め、
あなたの情報公開はどのくらいで
全て出来るのかと言った時に、
2,3ヶ月と答えましたね。

Corey:その通り。

David:
私は人からいろいろ聞いていて、
すでに多くを知っていると感じていたにもかかわらず、
まるでそれは懐中電灯で
ドアのカギ穴から照らしてみている程度の、
知識でしかありませんでした。

そして、あなたと話したとき、
明らかにドアが開いたようでした。

そして番組前のブリーフィングで、
視聴者の多くは目覚めて、
新たな一歩を踏み出すことになるだろう
とあなたは言っていました。

Corey:
うん。それは1つの…

David:
それが何であるかをもう少し説明できますか?

Corey:そう。
それは私が前に出た理由のひとつです
-元々匿名でやりたかったです-
私はたくさんの人を見ていましたが、
彼らが言っていることを聞いて、
彼らは一線を超えることはなかったのです。
彼らは決してラインを越えなかった。

David:
ラインを越えるものは何でしたか?

Corey:
まあ、火星に行っていた人たちの中には、
もっと詳細を伝えられるものもあります。
彼らは、火星の基地について、
彼らが行ったこと、奴隷労働について、
多くのことを話していたかもしれません…
しかし彼らはもっと簡単に分かち合うことができる、
多くの発言とは異なった細部があります。

David:
なぜそんなに発言を保留する人が
いると思いますか?

Corey:
そうですね、彼らはその一線を超えると、
彼らに影響がでます。
そこで、彼らはできることを分かち合い、
自分ができると感じたことを行うことで、
安全を保ちました。

David:
ウィリアム・トンプキンスの事件が、
あなたがこのショーで話したことに
どのような影響を与えたと思いますか?
あなたは彼と個人的な議論をしていますか、
彼はあなたが知っていることについて
どれだけ知っていますか?

Corey:
はい、私たちは最近一緒に働いており、
私は彼と数多く話し合いました。
そして、私がスマートガラスパッドで見ていた情報は、
ドイツのダブルエージェントと話していたときの
彼のブリーフィングの情報でした。

そして私たちがお互いに行き来して
話していた細部はほとんどありませんでした。
私はいくつかの項目で何度か
彼の視点により判ったことがありました。

David:
私たちはまた、ピート・ピーターソンが話した、
米国政府の結論によって、
あなたが経験した接触が
実際に本物であるということを
確認できました。
あなたは本当の地球外生命と
接触していたということです。

それは重要です。
なぜならあなたの情報が
本物であるということを言った、
本当のインサイダーだからです。

Corey:
うん。まあ、彼らは十分に私を見ている、
彼らは知っている必要があります。

David:その通り。
さて、別の質問に行きましょう。
これは面白くて堂々とした言葉です。
これを取りあげましょう。

「カバールはなぜあなたに
情報を伝えるのですか?」

Corey:
彼らが私に許しているわけでは
ありません。
同盟とカバールの間には
膠着状態があります。
同盟にはそのリソースがあり、
カバールもそうです。

ここで起こっているように見えるのは、
おそらくトンプキンスを通じて
始まっているこの海軍の情報開示で、
私が巻き込まれているということです。

彼は、私が共有してきたものと
ほぼ同じ情報で、
開示するための「青信号」を与えられました。
だから、何らかの種類の「刃」が
残っているかもしれない、
私のすぐ玄関先にそのパワーは
あっただろうと思います。

彼らは彼らの存在を知らせるために、
ヘリコプターでやってきました。
息子と裏庭に出た時に、
私は胸に緑色のレーザードットを
中てられました。

David:
あなたは、いわゆる
「ビッグ・ブラザー」が全てを握っていて、
様々なハリウッド映画を通して
「即座に殴られることなく」何かを言うことが、
決してできないと考えていますか?
それは彼らが私たちに与えた
社会的条件だと思いますか?

Corey:
そうです。そして、この分野には
カバールを破壊することは
不可能だと信じている人が
たくさんいます。

David:
映画「アイアンマン3」や
「キャプテンアメリカ:冬の兵士」のような映画では、
100万ドルの軍事援助予算を受けていますが、
映画はカバールをはっきりと公開していますか?
誰も予算の事実を否定する可能性はありません。

Corey:
ハリウッドには最近、
カバールのさまざまな側面を明らかにするために、
アライアンスの資金と議題が明白にあります。
ハリウッドは創業以来、
私たちがカバールと呼んでいる
勢力によって完全に制御されているので、
それは良い兆候です。

David:
私はここで別の一撃を食らわすつもりです。

Corey:その通り。

David:
誰の質問かな!
「フル・ディスクロージャーと引き換えに
カバール/アライアンスに
一種の許しを提供できる方法はありますか?」

Corey:うん。
そのような意見が出ていますが、
この100年間でカバールが行ったことの
影響を取り除くことに、
いったい何人が同意するだろうか?

David:その通り。

Corey:
人々は報復を望んでいます。
ご存知のように、彼らは天使じゃありません。
彼らは、発生した人道に対する
すべての犯罪に対する償いを望んでいます。

David:
あなたが「これらの人々」と言うとき、
あなたはアライアンスを意味しますか?

Corey:そう。同盟。イエス。

David:
うん。あなたが説明したことは、
非常に悲観的な多くの情報の
突然の露出であると思われます。
私たちのコミュニティでは、
カバールの規則に従っている人々が
真実について学ぶために、
多くの時間を費やしています。

あなたはどう思いますか?…
すべての情報が一度に出ると、何が起こるのか。
アライアンスの想定はどのような物ですか?

Corey:
ご存知のように、
私は公開後の世界がどうなるのか判りません。
これは私が他の人々と一緒に働いてきた
業務の一つです-心理分析-
人々の反応を予測することです。

私たちがフルディスクロージャーを経験したら、
前にも言ったように、(ショックで)ベッドから出ることや
食べることすらできない、
助けが必要な人がたくさん出るでしょう。

David:そう。

Corey:
私は公開後の世界の、
誰かの計画はまだ見ていません。

David:
忌まわしい秘密を維持しようとするために、
「情報漏えいや内部通報者に対処するための
プロトコル」がありますか?
嫌な情報や話題のカバーなどは
どれほど世界に広まっていますか?

Corey:
ええ、ええ、彼らはどこから情報が漏れているか
を見つけるために、多くの誤った指示を与えます。
それによって国民を区画化します。
これは通常、軍隊やプログラムで
すでに行われています。

次に、それらに若干異なるバージョンの
情報を与えて、特定の個人に
焦点を当てる前に焦点を合わせる
必要のある区画を見つけます。

David:なるほど。

Corey:
はい、多くの誤った指示が使用されます。
彼らは嘘をつきます。
彼らは騙して自分達の情報を
漏らすようにするのです。

漏れに対処するための「行動メソッド」は、
漏出者を攻撃したり、
人格破壊を使用したり、
過去から何か都合の悪いことを
掘りだしたりするのです。
そういう意味で、公共セクターの人たちを
後ろから見張っています。

もしあなたがプログラムに参加していて、
何かを漏らそうとした時に、
黙認されていない漏れがあれば、
あなたは非常に簡単に消されるかもしれません。

David:
「シークレット・スペース・プログラムや
他のカバールのグループが
アンチエイジングやヒーリング技術を
持っているとすれば、
なぜ彼らはジョージ・ブッシュ・シニア、
ヘンリー・キッシンジャーなどの
高齢者のカバールの人々
にこれを使わないのだろうか?」

Corey:
さて、私たちが高レベルだと思う多くの人々…
カバールの高級メンバーは、
本当はそうではありません。
最高レベルの人はただ「人」です…
我々は彼らの名前を知らない。
彼らは誰かわからない。
彼らは居場所もわからない。

そこで、彼らはこれらの技術のいくつかを
利用していますが、
これらの技術をカバールグループ内で使用して、
その下の人々を管理しています。
彼らはいつも行動する…
それは彼らの前にぶら下がる
ニンジンのようなものです。

「これを行えば、ある時点に達すると、
特定の年齢に戻し、豊かな社会に戻し、
あなたがしたいことをできる様になります」

David:
私はこれを聞いたことがあります。
私は、このレベルのこれらの人々の中には、
霊魂の移転に似た技術が提供されるかもしれないことを、
あなたのコメントに添えます。
完全に別個の存在に魂をダウンロードすることができます。

Corey:
これらのカバルグループのさまざまな側面があります。
その中にはAIの預言者もいます。
彼らは何らかのデータベースに
アップロードしたいと思っています。

電磁場を利用して人の魂を
身体から別の身体に移す
魂の伝達技術であるそれは、
その身体のエネルギーに適合するように
遺伝的に設計されています。

それから別のグループがあります…
彼らは特定の年齢に達すると、
死が偽造されます。
彼らは本当には死んでいません。
彼らはどこかに連れ去られ、姿を消します。
そして数年後、あなたは誰かを見て、
「うわー!28歳のヘンリー・キッシンジャーにそっくりだ!!」

David:なるほど。

Corey:
しかし、それ以外に、彼に何が起こったか
知る方法はありません。

David:クローン技術はありますか?
彼らは誰かをクローンにして、
彼らの若いバージョンを作ることができましたか?

Corey:完全に。
それは魂を別の身体に入れる場合に
必要なバージョンです。
クローンされた
遺伝的に改変された体でなければなりません…

David:
ああ!それは自分の体の
クローンでなければならないのですか?

Corey:
はい、そうすることができます…
彼らは他のアバター体を作成します…
DNAに合わせて遺伝的に
プログラムしなければなりません。

David:
うーん。他のインサイダーは、
典型的なクローンは
約2年以上生きないと伝えました。

Corey:
それは遺伝的でなければなりません…
完全に遺伝子操作されています。
長期的に生きるためには、
身体のデザインがあなたに
合っていなければなりません…
周波数です。

David:
「どんな形か…」
この質問は、私たちが今話していたことです。
「どのような形の人間の強化技術が
すでに存在していますか?
背が高くなり、筋肉が増え、
IQが増加し、覚える能力が
増すかもしれません。」

Corey:
遺伝的プログラミングと
人体の操作に関する
エイリアンからの技術を受け始めたら、
それはまるで子供の遊びになります。

人体は、特定の技術では
変更や操作が非常に簡単です。
彼らは、細胞の年齢を加速したり、
逆転させたりするために、
特定の時間的領域で
身体をトリックすることができます。
だから彼らはあらゆる種類のことができます。

David:
あなたがまだ繋がっていない、
別の宇宙計画へ接続を持っている
他のインサイダーから聞いた
ワイルドカードをあなたに質問します。
彼はちょっとランダムに
この話題を取り上げていました。

彼は数週間前に、
宇宙での特定の仕事のために
非常に大きなサイズに成長した、
人間のグループを知っていたと話していましたが、
彼らが成長しているスピードは速すぎました。
基本的には労働者ドローンのようです。

そして、彼らがいかに速く
成長しているかによって、
ケロイド型の傷跡で
顔が覆われたような形になってしまったのです。

そして、あまりにも速く成長させる
遺伝物質を使用したことと、
醜い姿は関係していると彼は言いました…

Corey:ホルモン物質。

David:
…異常が発生します。
これについて何かコメントはありますか?

Corey:
ええ、ええ。いくつかがあります…
彼らが持っていた
スーパーソルジャー・プログラムのようなもので、
ホルモンを膨大に使用する方法で、
この操作により非常に大きな骨格になります。

しかし、彼らの額は、
ソケットの様な目の周りに張り出し、
彼らの顎は洞窟人(原始人)のようで、
本当に奇妙な姿です。

David:うーん。

Corey:
うん、それを聞いたことがあります。

David:
興味深い、うん。OK。
では、この質問のもう一つを明確にしましょう。
彼らは誰かのIQを
向上させるような能力を持っていますか?

Corey:
はい、彼らはIQを高めることができます。
彼らは、遺伝子操作、遺伝子治療を通じて
あなたの直観能力を高めることができます。

David:
さて、興味深い。
私はこの質問が肯定的に答えられることを
願っていますが、
私たちは本当に知らないと思います。

「今後70年間で
太陽系を自由に旅することが
できる様になりますか?」

Corey:
私はこの技術がすぐに
誰もが利用できるとは思わない。
そうなるためにはプロセスが必要です。
大規模に開発しなければなりません。
また、人々はそれを使うことに
慣れなければならないでしょう。

普通の人が木星にクルーズをするまでには、
しばらく時間がかかると思う。

David:
そうですね。職場の一部として
地球との間で特定の場所への
仕事やポータルを手に入れることができる
「出張」ではなく、
観光旅行のための
何らかの承認されたプロトコルがあると思いますか?

Corey:
外交官やそのような人ではなく、
普通の人に対しては初めからではありません。
それはしばらく時間がかかるでしょう。

David:
OK。次の質問です。
「レプリケータがエネルギーを物質に変換する
原則に基づいている場合、
物質をエネルギーに戻すことによって
廃棄物を処分できるこの技術の
逆もありますか?」

Corey:もちろんあります。

David:ハ。ハ。

Corey:
勿論、勿論持ってますよ彼らは…
プロセスを逆転させる能力があります。

David:
OK。それの実用例は何ですか?
あなたはそれが使用されているのを
見たことがありますか?

Corey:
その現場を見ることはないけれど、
彼らは技術を持っていて、
それが使われていることを知っています。

David:
エネルギーは何らかの種類の
電池に貯蔵されるか、
またはどこで貯蔵されるか…
どこに行くの?

Corey:
まあ、彼らはまた、さまざまな材料や
材料のサイト間輸送のために
それを使用することができます。
でも、私は詳細については解りません。

David:OK。
「私たちがスカラー波や
他の種類のマインドコントロール技術から
身を守る方法はありますか?」

Corey:
それについては良い方法を知りません。
SCIF(情報隔離部屋)や
ファラデー・ケース(電磁防御ケース)に
住んでる訳でもないので、
残念ながら私は防御していません。

David:
オーライ。私からの質問です。
私はちょうど先日、これについてシールする話をする
インサイダーと会いました。
彼はいつも彼のバックパックの中に、
プラスチック製のボトルのような
空のボトルを持っています。

そして彼はスカラービームが
あなたに向かって使用されると、
突然それがちょっとクラックするのが
聞こえると主張しています。
それはポップするように。
気圧の変化が起こります。
あなたはそのことを聞いたことがあります?

Corey:
うん。特定の条件で発生する
可能性があります。
うん、それは起こるかもしれないが…

David:
そして、もしそうならば、
あなたは別の場所に移動するだけです。
なぜなら、この技術は明らかに、
あなたが一箇所にいることを
要求するからです。
少しでも動かすと、明らかに効果が低下します。

Corey:そう。その通り。

David:OK。
まあ、コーリー、私はピートと同様に
これについて多くの議論をしてきたので、
ちょっとこれを聞いてください、
彼は数年間、マインドコントロールの
スペシャリストであったと主張しています。

彼は特定の人々が宇宙人のDNAを
持っていると言いました。
そのDNAを持つ人は、
これらのタイプの技術に
はるかに耐性があります。
そんなこと聞いたことがありますか?

Corey:
それは外来DNAではありませんでしたが、
異なる個体は他のものよりも
多くの技術に抵抗する能力を持っています。

David:
さて、もう一つ興味深いことは、
フリッカー周波数発生器と呼ばれるものを
開発したということです。
そして、基本的な考え方は…
あなたの脳のクロックスピードは、
特定のフリッカー周波数です。
フリッカー周波数発生器は
脳のリフレッシュレートを上回っており、
人々のクロックスピードを刺激するので、
これらの技術はあまり効果がなくなります。

Corey:うん。

David:
より高い周波数が
良い対策である可能性について
何か聞いたことがありますか?

Corey:
まあ、あります…
プログラムでは、ええ、対策は取れます。
しかし、普通の市民は、この質問する人のような
対策を取らないでしょう。

このようなことに神経質にならないように、
身体に良い医薬品があります。

しかし、一般的な市民のために、
彼らの頭の周りに箔をかけて、
それが(防御が)うまくいくことを
望むことはできません。
つまり、実際には何もできません。

David:
さて、ピートと一緒に行った議論と、
自分の研究によれば、
瞑想的で平和にフォーカスすれば、
実際にフリッカーの周波数を上げて
攻撃への感受性を低くできます。

Corey:そうです。

David:それは可能だと思いますか?

Corey:うん。
より肯定的な人々、
間違いなくプラグが抜かれた人々
(つまり攻撃に対しフォーカスしていない人)は、
攻撃への感受性が低いです。

David:OK。
だから、人々が瞑想、許し、愛を練習すれば、
この種のものの影響を受けにくくなるでしょう。

Corey:ああ、軽減されるでしょう。

David:OK。結構。
「モハマド・コーズはETが人類の発達に
干渉することは許されないと述べています。
ドラコとブルー・エイビアンズは、
これらの合意を破ったのですか?」

Corey:まあ、まず、モハマド合意は、
モハマドとは関係がありません。
モハマドは、彼が地球上にいたころに起こった
こと以外には関係ありません。

David:そう。

Corey:レプタリアン(ドラコ)と
青い鳥類(ブルー・エイビアンズ)は、
この条約に違反していると言いましたか?
彼らはそうではありません…

David:人々は不干渉条項が
彼らのように現れることによって
侵害されていないかどうか
疑問に思っています。

Corey:まあ、彼らは大衆の前には
現れていません。

David:そう。

Corey:もし彼らが大衆や
少人数のグループの前に現れたら、
間違いなく侵害と言えるでしょう。

David:彼らがしている仕事は、
この条約のガイドラインに
どのように入っていますか?

Corey:肯定的な存在は、
これらの法律に非常に密接に固執します。
彼らは非常によく避ける方法を知っています。
そして、私は彼らが合意の外では
ほとんど動いていないと確信しています。

David:境界線上を歩かずに
できるだけ近くに寄ることを試みている
ドラコの例は何かありますか?

Corey:まあ、ドラコ、
彼らは召喚されたような小グループの前に
現れることが知られていましたが、
カメラやそのようなものを持つ大勢の人々や
一般の人々の前には現れません。
それは合意に反します。

David:
「地球外生命体と人間を交配させて
ハイブリッドを作るプログラムはありますか?
もしそうなら、なぜこれが存在し、
これらの子どもたちを見たことがありますか?」

Corey:私が前に述べたように、
遺伝的で精神的な22のプログラムがあります。
これらのプログラムの中には、
この大きな実験の一部として
他の存在とDNAを継ぎ合わせる
複数の異なるサブプログラムがあります。

そして、これらの存在がいくつかあります…
彼らはそれらを使用します。



10億年前に地球上に
あるエイリアングループが到着しました。
我々はこの奇妙なハイブリッド実験の結果
私たちになって、この惑星に運ばれたのです。

それが起こっていることはたくさんあります。
遺伝子組み換えがたくさん行われています。
それを固定しようとする…
どのプログラムがどのグループで進行しているかは、
複数のハイブリッドプログラムが
進行中であるため
特定は非常に困難です。

David:私が最近話している
インサイダーから出てくるもう一つの疑問は、
「地球の複雑な環境変化にもっと多くの種類が
生き残ることができるような、
遺伝的豊かさの実験ですか?
地球上の多くの他のタイプの人類が、
人類のような生活になるまで加速され、
様々な時点で銀河全体に入植する
将来のプログラムは存在するのだろうか?」

Corey:はい。22のプログラムがあります。

David:おお、リアルに?

Corey:はい。完全にそうです。

David:あなたは、
イカみたいな(種族の)存在、
イルカみたいな(種族の)存在、
虫のような(種族の)存在、
このらの存在を
説明できますか?

Corey:これらの異なる遺伝子プログラムは、
彼らの実験の領域で起こっていること、
エネルギー的に宇宙的なものと協調しています。
私たちは、これらのエネルギーの変動が起こって、
大規模な変化が起こるだろうと思っています。
彼らはそれと協調して働いています。
(訳注:つまり宇宙的大変動に備えている)

David:「すでに私たちと一体化した
地球外生命とのハイブリッドを
どのように識別できますか?」

Corey:彼らが人類との統合の
どの段階にあるかによって異なります。
何度も彼ら(人類を作ったエイリアン)は
これらの存在を下ろし、人間が慣れ親しんで
いくのを手伝っているでしょう。

David:あなたは彼らがこれらの
存在を落とすと言うときの、
彼らは誰ですか?

Corey:ハイブリッドを作った、
それらを設計した存在です。

David:OK。

Corey:彼らは彼ら(ハイブリッド)を下ろし、
彼らがアパートに住んで、
多分仕事をするような状況に置くでしょう。
そして、彼らはコンタクシーの人間を持っています。
そして彼ら(ハイブリッド)を助け、
人間の生活に順応させます。

David:しかし、あなたが今説明していることは、
地球上の他の人間と
ほとんど区別がつかない存在でなければ
ならないことは明らかです。

Corey:そうです。そうです。

David:OK。

Corey:あなたは周りを歩いている
ハイブリッドを見るつもりはありませんが…
異なって見えます。

David:一部の人々は、その情報
を非常に恐れているかもしれません。
だからこれについてもうちょっと話しましょう。

まず第一に、そのような存在が地球に居れば
彼らは地球上の一般的な人間を超えて、
私たちに異常な脅威をもたらしますか?

Corey:いいえ。彼らは、社交のしかた、
どのようにフィットするかを学んでいるだけです。

David:彼らには、兵器の能力や
人間の生活に非常に危険を与えるような
変わった特質は無いのですね?

Corey:私が知る限りその様な事はありません。

David:OK。
このタイプの移民プログラムは、
どのくらい普及していると思いますか?

Corey:それは継続しています。
私には数は解りませんが。

しかし、それは進行していたプログラムであり、
侵入や傍受、尋問プログラムなどで
私たちが知ったのです。

適切なクリアランスがないか、
適切なグループと連携していない人々を
招集しようとするグループが
時折存在することがあります。

David:
「地上の人間とETが異なった振動の
存在密度を持つならば、
彼らはどのように会って
互いにコミュニケーションをとることができますか?」

Corey:
これは密度と次元が混ざった
人としてやってきます。
私たちはどのような密度で
細菌を表現するのでしょうか?

David:
1つの方法としては、2次元の密度です。

Corey:
2次元の密度。ワームはどうですか?

David:
2次元の密度。

Corey:
2次元の密度。
あなたはワームに触れることができますか?

David:出来ます。

Corey:ウイルスがあなたとやり取りできますか?

David:うん。

Corey:うん。
だから、何かが4次元の密度のようなものではなく、
突然幽霊のようにやってくるのです。

David:なるほど。

Corey:
それは私の経験ではないですけど。

David:
高次元の人は
腐ってしまう死体を残していくだろうか?

Corey:うん。

David:OK。
「あなたは個人的にネコ人間の特性を持つ
エイリアンに会ったことがありますか?」

Corey:私は会ったことはないですが、
最近殺されたものを見ました。
このネコタイプの非陸生エイリアンで、
捕獲または殺処分命令が出されました。
彼らは自由に出現して消えます。

彼らはそれを電磁気的なネット、
または電気の通ったネットで
何とかこれを閉じ込めていました。

私がそれを見たとき、それはそうだった…
それが綺麗な形で横たわっていました。
それは楽しい死にかたではなかった。

David:わお!
密度について再びこの疑問に辿り着くと、
これは身体を後に残したが、
脱物質化する可能性のある存在だと。

Corey:うん。
しかし、どの技術を使っているかわかりません…
それが技術であるのか、
それが持っていた能力なのか。

David:
それは、ジェームスキャメロンの
映画「アバター」でピート・ピータソンが証言しているように、
すでにさまざまな宇宙プログラムで使用されている
正確なハードウェアの例が複数あり、
鉱山で使うのだそうです。
このネコの特徴を持つ「アバター」の人々はどうですか?

あなたはそれが真実だと思いますか?

Corey:私は彼らがその報告をベースに
映画化していたと思う…
猫の外見を持っている多くの生き物がありますが、
このコミュニティの人々はたくさん話す傾向があり、
捕まえられたり殺されたりするのです。

David:
肌の色は正確ですか?青ですか?

Corey:
ほとんど紫色ですね。

David:うん!本当に!

Corey:うん。ラベンダー、そうだね。

David:面白い。オーライ!

さて、そろそろ質問の時間が無くなりました。
デビット・ウィルコックとコーレイ・グッドが
「CosmicDisclosure」をおおくりしました。
ご視聴ありがとうとうございました。

この記事はページ上部に記載のサイトに掲載されている「コズミックディスクロージャ」を転載したものです。
翻訳:AKsystem

2017-07-29 / 1061PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)