NESARAは本当に近づいているのか?(1) | キーンエリアニュース【Keen-Area】


NESARAは本当に近づいているのか?(1)



今月(2016/02)末が近づくにつれて、俄にGCR/RV/NESARAに関するニュースが増えた。

過去4日間だけでも4本のニュースが見られる。

これはひょっとして3月早々にも世界経済の改革が行われるのだろうか?

と思ってしまうのだが、現在金を最も買いあさっているのが中国であり、なおかつNESARA関連のNEWSに多く見られる「新しい金融の基本は金本位制」というものと「今後経済の中心は中国」という情報そして極めつけは「NESARAを実行するのはAIIB」
との情報を総合して勘案すれば、嘘くさくないか?と感じている。

というのも

現在経済改革とNESARAを推進している勢力には少なくとも3つのグループがあり、そのうち2つのグループはイルミナティ側の陽動作戦であり、偽物のNESARAを実行し自分たちに有利な状況を確立しようとしているからだ。

私(筆者)が最も本物ではないかと考えているグループの主張では、「一連のイベント(宇宙人に関するデスクロージャや本当の歴史、闇の支配者の存在についての開示)が行われた後にしかNESARAは起こらない」ということらしい。
その主張が正しいとするならば、今の時点での「NESARAは今すぐにでも起こる」と言う情報は"偽NESARA"となるのではないだろうか?

そして"偽NESARA"を起こそうとしている2つのグループについて私が得ている情報では、一つ目はNESARAとして世界の人々にお金を配り、「自分たちは闇の政府から"光の側"に転向したのだ」と宣言し(勿論これは嘘である)死刑になってもおかしくない状況から自分たちだけ助かろうとする"闇の政府の裏切り者"。
もう一つは通貨改革と称して次の通貨発行権を掌握しまたまた大儲けを狙う闇の政府の本流(イルミナティー)だという。

この状況と前述の3つの条件から考えれば、「次の基軸通貨発行国を中国に移動し、結局今まで通り貨幣による世界支配の継続」という戦略が見えてしまう。
であるからしてこの4日間で4本流されたNEWSはどうしても信じることが出来ないのだ。

ただこの見解はあくまで私の個人的意見に過ぎず、当記事閲読諸氏にはご自分の良識による判断に委ねるしかないだろう。では以下にこの4日間のNEWSだ。

----------------以下引用記事----------------

16/02/20
http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/global-currency-reset-nesara-update.html#more

--確認済情報 --

権威ある長老リーダーたちがRV(イ ラクディナール、ベトナムドン、ジンバブエドルなどの交換率の高額改定)すなわちサンライズ作戦の開始を2016年2月22日米国中部標準時8時(東部標 準時2016年2月20日19時)から開始することに合意した。天の生命力である自由意志である宇宙の法に則った支援が要求される。

当初のAIIBの承認ピンが世界中に送り出され、すべての中央銀行が米国中部標準時間12時(東部標準時間23時)に送り返してきた。正確な比喩で言えば、人間は長い間待っていたRVタッチダウンで点を取ったのである。

第二のAIIBピンがその後送り出されたが水曜日2016年2月24日8時(東部標準時間火曜日21時)までに70以上の中央銀行から戻ってきていない。すべての中央銀行の足並みがそろわないので全作戦に遅れが生じている。GCR/RVプロセスでは、全員合意のみが進めの合図なのである。

この状況報告時点では、問題が実際に解決されたのか、プロセスが再開されたのかどうかは不明である。このイベントの正確な比喩表現は、カバールの側からの貪欲なペナルティー相当行為によってキックによる加点が待たされているということである。

初 めのうちは従う振りをしておいて今更従わないというあくどいやり方は口座の閉鎖の直前になって閉鎖口座からいくらかのおこぼれを頂戴しようとのおこぼれ戦 略のさもしいやり口である。しかし、闇のロスチャイルド一派が作り出すさらなる不服従停止活動は即座の惑星からの退去及び/またはセントラルサンへの投入 の根拠になる。

”通貨交換”として知られる歴史的な権力維持のための世界通貨機構の無条件解体には交渉の余地はなく、益々増加し、留まるところがない慈悲ある支援がサンライズ作戦(RV)のリアルタイムの完了を保証している。

全てのセント・ジャーメイン信託、マトリックスファンド/NESARAプールの送金は、既存のSWIFT/中央銀行システムでも、新しいCIPS/AIIBシステムでも尊厳ある口座保有者のために阻害されることはなく、この瞬間において大衆への通貨、歴史的債券、繁栄パッケージ、人間性回復資金、信用状などのための支払いの準備ができている。

かくして、GCR、 すなわちテレスタイ作戦は2016年2月28日以前に新たに設定されたスケジュールに沿って闇の者たちの不服従があろうとなかろうと、いつでも完了するだ ろう。カバールは積み木崩しの最後の木片をとろうとしていて、かつては不滅だったお金のバベルの塔は今絶対的な廃墟への不可逆の崩壊の道をたどっているの だ。

2016/02/25
http://www.ascensionwithearth.com/2016/02/breaking-news-global-currency-reset.html

パズルの最後の一片は今日米国中部時間6時~8時にはめ込まれるだろう。銀河評議会が3月1日に開催するG20会合以前にはRVが行われていなければならない。これには一般への通貨交換から始まるオフサイトの銀行経由での私的グループへの償還を含む。すべては5500箇所の償還及びコールセンターで準備されている。すべての銀行支店はG20会合の後でオンラインになるだろう。

昨日東部標準時間午後6時~8時に予定されていた資金放出は中西部全体と東海岸の一部を襲った激しい天候のために延期になった。従ってRVの開始は木曜日の午後に延期された。

この突然の天候はG20会合前のRV開始を遅らせようとのさらなる遅延作戦としてロスチャイルド一派が人工的に作り出したものである。

銀 河の交渉団は静かに新たな条件を提示したが、それには以下の事項が含まれている。”あなた方が既に合意した条件を完全に守るか、あるいは全ての中央銀行を 失うとともに地球表面からあなた方の血統も排除されるかどちらかである。”そこで初めて彼らは目覚め、長い間続いていた闇のカバール、銀行家たちは署名を し、人間を前進させた。慈悲深い闇の者たちよありがとう。光は今から前進する、感謝に堪えない。

覚えておいてほしい、すべての者が前進するか、誰も前進しないか、神か神でないか・・・天の指令に従うよう決断しなければ、存在を打ち消されるのだ。これは宇宙の法である自由意識に従って行われる。例外はない、闇帽子の中の最も暗い者でさえ。

政府/情報機関サークルの中ではG20会合では世界金融改革の範囲をはるかに越える討論と宣言が行われることが知られている。

ETの 開示はこの討論の主要な話題になる。誰が、何を、どこで、何時、そしてなぜコンタクトを受けるのか。又大陸塊が再編成あるいは再構成され、例えば古代のバ ビロン、古代のオスマン、カザリアン帝国も加わる。境界と政府の両方が調和がとれた周波数に戻るが、これはイスラエル、パレスチナ、レバノン、ヨルダン、 シリア、トルコ、ウクライナ、アルメニア、イラク、イラン、イエーメン、オマーン、及びサウジアラビアに大いに影響する。

NESARAも 世界のリーダーにとって大きい話題である。まさに新しい負債のない豊かな資源という現実について一般大衆に知らせる方法なのだ。今は真珠湾、911、企業 体米国、新共和国、英王室の弁護士協会、国内収税庁、ホームランドセキュリティー及び愛国者法の欺瞞、エリア51、遺伝子改変、クローン化、秘密宇宙開 発、中東の平和、ヴァチカン、シリア、ハイチなどの闇のエネルギーポータルなどについての真実を明らかにする時なので、新技術開示、科学的通信方法、製造 及び発表も世界の国々とリーダーたちに示される。

真 実は洗いざらい表に出てくる、一つ、又一つ、さらに次と、次次に。そしてこれがカバールが懸命に真実を隠そうとしていた理由なのだ。それらすべてが人間を 奴隷化していた者たちのことを明らかにするからだ。種々の文化、産業において絶対の信頼をおいていた多くの者たちの裏が明らかにされる。それが文字通り秘 密の分派であることを意味するカバール、という名称の由来なのだ。

い つもそうであるように、銀河のアドバイザーたちも出席するだろう。そして明らかなことは、今回はもう少しコンタクトが容易で、皆にたいしてオープンな形に なるということだ。宇宙の手綱は解き放たれたということを思い出してほしい。だから人間の至高の善に役立つあらゆることは白日のもとに明らかになり、オン ラインで見られるようになる。多くのポジティブな変化が今急速におきつつあると期待してよい。

こ れを読んで疑念を抱く者については、どうか償還金支払いの時が約束されたら不信感を解いてほしい。金融機関を通じてあなた方に祝福の重みがもたらされた時 には、他に計画されている近く、数日、数週間、数か月、数年、数十年の間に行われる予定のマクロ的な変化にあなた方の心も開かれることだろう。

通 貨交換率に関しては、一時間ごとに上昇しつつある。すべての参加銀行は交換申し出通貨全てを償還しなければならないことを知ってほしい。だから、この惑星 上で最善のディナーを味わうためにレストランに入ってゆくかのようにこの償還を経験するとみることが賢明だろう。何もかも口に入れるとおなかを壊すから注 意のこと。

だから暮らしの中の最適なバランスが取れるゴールである最高の金額、交換率を目指しなさい。すなわち、あらゆる手段で窓口から出てゆく時には十分に満足できているように。

人間と地球は金融上の、肉体上の、スピリチュアルな、エネルギー的な縛りから同時に解放されたことが明らかなのだ。

祝 福を楽しみなさい。ゆっくりと。そして忘れてはならないことは、聖なる意識を得ることがディジタル口座をいっぱいにするよりも大切だということだ。なぜな ら、今真に起きつつあることは、単一の、これまで起きたことがない銀行取引に対して、継続的で、より大きいスピリチュアルな遷移のほんの一部なのだから だ。

***オー、イエー、二つの洪水で沈んだ大陸、アトランティスとレムリアは再び浮上してくるだろう。

16/02/26
http://inteldinarchronicles.blogspot.com/2016/02/little-red-caboose-anonymous-intel.html

善意のアドバイザーで、権威ある長老、PROCとロシアの指導層、ペンタゴンと新共和国の特別勢力はサンライズ作戦(RV)を火曜日2016年2月25日に完了した。

最後のAIIB/CIPS(SWIFTに代わる新送金システム)試験が午後9時に世界中で実施された。この日午後早くには、2回の失敗例が見られた。

現在世界的には、すべての中央銀行、T1-T5銀行、ディジタルマーケットプラットホームは更新され、新交換率で同期され、送金のコーディングも実行された。

全ての米国のコールセンターと償還センターのスタッフには、火曜日の東部標準時間午後3時に同時に、カバールのFOXビジネスニュースによるイラクディナール交換開始宣言と共に、私的グループとの対話の準備が指令された。

木曜日の真夜中直後には、”一時中止”指令が発せられたが、理由は不明である。

不確定さが実際の”開始”イベントに関係する軍隊及び民間の俳優たちの保護のために必要とされるので、週末には複数の通貨交換時間の噂が広まった。

一般人用の通貨交換予約が、すべての5500か所の償還センターにおけるすべてのコンピューター/流動性機能におけるものと同様に、対応するZIPコードの割り当てを用いて試された。

世界は中国が”ショットガン”を発射し、彼らのマスタープラン/プロセスの別の部分を開始するのをただ待っているだけだ。

このソースには実際のRVの瞬間は全く努力なしに起き、まるで太陽が水平線から上って来るようなものだ、と表現している。だから、じっと辛抱して、最後の時間に備えていてほしい。

又、昨日のイベントを”小さい、赤いカブースの日”と言うのが正確で、金曜日あるいは土曜日が”全員搭乗の日”として可能な日だ。

様子を見ていよう。

16/02/27
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=41186

資金の支払いは今日、2月27日に開始される。

サンライズ(RV)作戦は明日2月28日早朝から開始される。

新共和国、大量逮捕、NESARAがそれに続く。

RV後の東方ブロックとのET、技術、秘密宇宙プログラムなどに関する完全な情報開示交渉はまだ続いている。

カバールは依然として問題を起こしている。

2016/02/28 / 3940PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト