ちょっと、ちょっと、8/17にNESARAって本当ですか? | キーンエリアニュース【Keen-Area】


ちょっと、ちょっと、8/17にNESARAって本当ですか?



当サイトではしばらくNESARAについて伝えていなかったが─それというのも「やるやる」と言ってばかりで、
かれこれ予定されていた時期より2年ぐらいは遅れているのじゃないかと、あきらめ気分であったため─
ここへきてまた「NESARAはもうすぐにでも」という情報が出始まっているので、
性懲りもなくまたまた希望的観測でのNESARA情報。

今回は「gflservice」様のZAP情報と「宇宙への旅立ち」様から引用しておこう。

面白いことに「ベンジャミン情報」でもよく話題に出てくる「ドラゴンファミリー」にどちら(ZAP情報も次の動画内の話も)も関係しているらしいことが見て取れる。
つまり、みな同じことを言っているのではないかと容易に推測できるのだ。

以下「gflservice」様より引用
ZAP週 央レポート  2015年6月11日

http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=19276

ZAP Mid-week Report
Date: Thu, 11 Jun 2015

ハイ、みんな、

もうすぐ、2週間か、それ以内に、私たちみんながクリスマスキャロルを歌う事になるだろう。これから起きる事のために必要な重要な事項の内の大多数は完了していて、大きいボタンが押されるまで僅かな詳細しか残されていない。

私たちのウエブサイトは公開寸前で、プロジェクト開始のための最初の資金が到来すれば直ちに稼働を始める。この速度では、6月24日が私たちの仕事始めの大まかな日取りになっているので、2週間が改革プロセスと同調する期間であるように思われる。

赤竜(筆者:レッドドラゴン)と資金投入 の順番に関する別のことだが、大使あるいはデーブ・シュミットから、日曜日に赤竜(筆者:レッドドラゴン)のプロジェクトへの資金投入方法について私が送ったメッセージに対する応 答が得られていない。本質的には私はプロジェクト資金投入の立場にたって支援をするが、その方法には賛同しない。

次の日に、長老たちからの次のような公式見解が得られた。:

”ファミリーメンバーは彼らの助けにお金は払わない。”

これ以上のコメントはしないことにする。

次は「宇宙への旅立ち」様から引用

このビデオではNESARAという言葉は出てこないが、このビデオにある情報は、今までのシェルダン・ナイドルの情報をバックアップしていると考えている。


上のビデオの要約をすると以下の様になる。

龍のシャツを着ている男(右側の男)が人々の借金がチャラになり、毎月、人々に生活費が配られるという世界的計画について、世界のロイヤル・ファミリーを代表する人物から話を聞いてきたという。

世界各国の128王族(ロイヤル・ファミリー、もちろん日本の天皇家も含まれている)を代表するM1と呼ばれる人物にラオスで会った。M1によると、既に世界の128王族から財産をかき集め、世界中の国の借金、そして人々の借金をチャラにし、人々と豊かさをシェアするシステムと準備はできているという。すべての借金がチャラになるという。それはクレジットカードや、家や車のローン、その他の借金もすべてチャラになるという計画である。

もともと、現在皆さんが使っているお金(お札やコイン)は仮想のものであり、ただ単なる数字である。あなたの借金が膨らむと心配している数字も、実際には現実のものではなく、仮想(ヴァーチュアル・リアリティ)みたいなものである。そう、今、あなたのお財布に入っているお札やコインは、オモチャのものと変わりは無いのである。この今使っているオモチャのお金を、金や銀などの裏づけのついたお金と変えて、世界中の人々に毎月配られるという。

ちなみに現在では、世界の王族貴族が、オモチャのお金を印刷する事は、既にできなくなっているという。そうオモチャの金で回ってきた経済は崩壊したという。

この繁栄資金が配られるのは、今年の8月17だという。8月17日までに繁栄資金の受け取りに同意しなければならないという。もちろん受け取りを拒否する事もできるらしい。しかし拒否する人はいないだろう。その受け取りに同意した後に、繁栄資金が配られるという。

M1と呼ばれている128カ国の王族を代表する男が、王族からかき集めた財宝、金銀、宝石などは想像を絶する額だという。これらの王族の財産は、彼等が何千年間もの間、集めた(人々から盗んだ)ものだった。もとを遡ると、古代ソロモン王の時代、集められたゴールドはインドネシアとスイスに送られた。繁栄資金には、それらのゴールドも含まれるという。

人々が借金から開放されるだけでなく、毎月、必要なお金が配られるので、人々は自由になる。つまり借金のために、生活のために働かなくてよくなるのだ。そして、人々はやりたい事ができるようになる。

その上に、奴隷的状態から開放された人々がクリエイティブになり、誰もが億万長者になるチャンスを得る事ができる様になるという。そう、好きな事に打ち込む事ができる様になり、今まで活かせなかった能力や創造力を発揮する事ができる様になり、億万長者になれる道へと進んでいけるという事だ。

やっと王族達は、地球の富は世界のトップの数人だけのものではなく、地球に住んでいる人々のものであり、富を人々に戻さなければならない事を悟った模様だ。その富は、大人だけでなく、子供一人、一人にも配られるという。地球上のすべての人々が受け取る事ができ、誰一人受け取れないという人は存在しない。

地球には豊富に水や食料がある。しかし容易に手に入れる事ができないのは、独占企業が牛耳って少なく供給しているからであり、そして人々がお金を持っていないためなのだ。これからは借金そして貧困ベースの奴隷制度ではなく、豊かさを強調した世界に変わる。都市も緑のスペースの中に存在する様になる。テクノロジーも目まぐるしく変わる。

この事は、まだニュースにはなっていないが、情報は発信されている。特別の秘密情報というわけではない。多くの人々に知ってほしいという。ただ単に、マスコミが報道していないだけ。証拠となる書類もある。

2015/06/13 / 1862PV

関連記事

コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
キーンエリアニュース新着順リスト
Youtubeのキーンエリアニュースもよろしく キーンエリアニュース人気順リスト